カテゴリ:佐藤 麗司朗(不動産鑑定士)( 212 )

活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんばんは。
体調不良のため週末から今日の午後まで、お休みさせて頂きました(^^;
皆さんも体調管理には十分に気をつけてくださいね。。。


今週の土曜日、11月12日は、足立区で無料相談会が開催されます。
d0061857_2117344.jpg
足立区にお住まい、お勤めの方と、事業者の方々が対象です。
様々な日常の問題について、7つ士業が一堂に会し、ご相談に応じます!


11月8日、現時点における予約状況は23件で、残り19件の相談枠がございます。
予約期日も延長して、前日の11月11日(金)のお昼まで受付致しますので、
弁護士法人 北千住パブリック法律事務所(03-5284-2101)までご連絡下さい。
地震・震災に関するご相談も受け付けていますよ!


相談会の開催場所は、足立区勤労福祉会館(綾瀬プルミエ内)です。
d0061857_2117531.jpg
事前予約制ではございますが、当日における飛び込み相談もOKです。
この機会に是非悩み事を解決しちゃいましょう。




不動産鑑定士 佐藤麗司朗


活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
by tukasa-rea | 2011-11-08 21:25 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)

一緒に頑張ろうよ。

活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんばんは。明日は板橋区の無料相談会です。
現時点での予約状況は56枠中48件。
まだ8件の相談枠がございます。
無料で9つの士業に、なんでも相談できる機会なんてそんなにないと思います。
当日飛び込みでも対応できますので、是非ともこの機会に悩みを解決して頂きたいと思います。


さて、本日は東京都不動産鑑定士協会の臨時総会、その後打ち合わせの後、東京都宅地建物取引業教会の支部理事会に参加いたしました。

臨時総会に関しては、公益法人移行後初の総会にも関わらず、一般出席者は僅か12名という異常事態。
これは何を意味しているのでしょうか。
独立して時間の作れる不動産鑑定士もいるでしょう?
無関心なの?
サラリーマンで拘束されているから出席できない若手は数多くいると思います。それはまだわかる。
東京士協会に所属する多くの会員は、自分の所属する業界に関して、
また事業に関して何の疑問も、意見も、希望も、失望もないのでしょうか。
本当にドッチラケでした。
いつまで先輩たちに任せておくつもりですか?
団塊の世代が抜けた後の、士協会運営について激しく不安を覚えました。

確かに、リーマンショック、3.11、いつまで続くの円高!と不測の事態に翻弄され、海外マネーも期待できず投資環境は劣悪な状態。不良債権処理をできるような状況でもない。
鑑定業界を含む不動産業界は壊滅的なダメージを負っています。
だからこそ、真剣に議論すべき時じゃないですか?
そんなに御飯を食べることに必死なんですか?
わずか2時間にも満たない総会に出席することが、生涯獲得賃金でどれだけの影響があるのですか?

無関心の方は不動産鑑定士を名乗ることをやめるべきだ。
僕はそう思います。
自分は何も考えない。
自分は何もしない。
そんな人間は、他業界にいたとしても、価値はないのではないですか?

評論家はいりません。
不景気の中で、不平不満なら誰でもいえます。
今、一番必要なことは「関心をもち、自ら行動する」こと。
不動産鑑定士を目指し、進み、資格を名刺に刻んで飯を食べているにも関わらず、
業界に関して責任を持とうとしない。
そんな人たちが大多数だとすれば、その業界に未来なんてあるわけがない。

僕のブログも延べ80,000人を超える人たちが読んでいます。
読んでいる層が受験生か、現職の方たちなのかわからない。
僕が伝えたいのは「未曾有の危機」にある。
それだけは真実だということです。

右肩上がりに土地価格が上昇する時代はとっくに終焉を迎えています。
土地基本法、地価公示法の思想も時代にそぐわなくなっています。
TPP参画しかり、すべてにおいて大手資本、声の大きい者の言いなりになるような資本主義のもと、
大部分が個人・中小零細である全士業が危機的状況にあります。
隣接士業間の壁についても日々煉瓦が積み上げられ、血で血を洗う既得権益の争奪戦が繰り広げられています。
同業者を見ても、ダンピングに次ぐダンピングで僅かな市場のシェアを奪い合っています。
それはなぜか。
新しいビジネスを構築できないでいるからです。
誰か新しいビジネスモデルをつくってくれないかな?なんて他力本願だからです。
自分だけは苦労したくないと考える人たちが、タイミングだけを計っているからです。

最近、ショックだったことがあります。
某家電量販店に買い物に行った時のことです。
名刺を出して領収証をもらおうとしたら「僕も不動産鑑定士の資格を持っています。」と店員に言われました。
そのことがショックなんじゃない。
「資格を取っても就職できませんでした。だから派遣社員をやっています。」
僕「・・・・・。」
返す言葉が見つかりませんでした。
本当にこのままで、宜しいのですか?

士協会や本会の運営に多くの優秀な若い方が参画し、自分達の時代を生き抜けるビジネスモデルを築きましょうよ。
愚痴や不平を言ったところで何もはじまらない。
やるしかないじゃないですか。
難病と戦いながら僕自身、あとどれだけ走れるかわかりません。
来月あたりには入院してるかもしれません。
同じ時代に生きている、同業者の方々より早く死んじゃうかもしれません。
そんな僕に頼るな。
陰に隠れてグチグチと世紀末思想を語ってるくらいなら、表に出てきて一緒に頑張ろうよ。


話は宅建協会の理事会に移します。
こちらも公益社団法人を目指しています。
しかし、僕にはいまだに、宅建業界が公益社団法人を目指す意義・目的がわかりません。
1,000万円を供託できず、本店に関して60万円、支店に関して30万円を供託し、中小零細企業が集まって業界団体として会員の相互利益をはかる、
その団体がなぜに公益社団法人を目指すのか。
不動産鑑定業界に関しては、公的業務の受け皿として、その意義・目的が理解できます。
宅建業者に関して、公益化のメリットってどのくらい経済効果があるのですか?
公益事業に半分を支出して、維持運営が図れなくなれば、会費を値上げする。
日々コツコツと努力して会費を納め、その会費は自分たちの意思とかけ離れた事業に投下される。
そんなことがまかり通るのでしょうか。
誰が喜ぶのでしょうか。大手ですよ。
政治連盟に至ってはいまだに不透明感がぬぐえません。
大先輩たちは口を揃えてこう言います。
「宅建業者の社会的身分が低い」「不動産屋は信用されない」
いつの時代のお話ですか?
真にその通りならば、大資本力を有する財閥系大手不動産業者、銀行系不動産業者しか生き残れない時代が来ます。
僕は違うと信じています。
なぜなら、不動産は人だからです。
人生だからです。
僕は、頼って頂ける方々の資産形成、自分の身近な人たちのお部屋探し、新規出店の応援が一番やりがいを感じます。
その人たちの人生を少しでも豊かにする。
「衣食を足りて礼節を知る」
その中には「住」は入っていません。
それは「昔の話」だからです。
僕に言われるまでもなく、住むことは暮らすこと。
日々暮らすことは人生です。
人生の応援をできる仕事が信用されないわけがない。

みんな、希望を抱いてください。
希望なくして、生きていて楽しいですか?
世界一安全で、いまだにGDP世界4位のこの日本で、僕達は生きています。
食べることに必死な国ではありません。
生きるのが、そんなに難しい国ではありません。
希望を持って、力を合わせて努力しましょうよ。
僕もできうる限り、「口だけではなく」頑張りますから。



一緒に頑張ろうよ。

佐藤 麗司朗


活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
by tukasa-rea | 2011-10-28 23:45 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)
活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ

こんばんは。
東京は今夜から明日、大雨のようですね。。。


最近、ずっと同じまんまだった看板が新しくなりました♪

その1
d0061857_22493397.jpg
季節を感じさせる1枚。
ちょっとフライング気味でしょうか(;´▽`A
書き換えることなく1ヶ月以上使えそうです。


その2
d0061857_22495687.jpg
通年使えそうな1枚( ・ω・)ノ


月曜日から飾りつけるのが楽しみです+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+♡


佐藤 麗司朗


活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
by tukasa-rea | 2011-10-22 22:53 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)
活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ

こんにちは。
池袋はいきなり雨が降ってきました。
明日の天気はどーなるのかな。。。

明日は豊島区の無料相談会なんです。
d0061857_21275120.jpg
本日4時の段階で予約状況は60件とのことです。
事前予約制ではございますが、当日における飛び込み相談も対応致します。
9つの士業が一堂に会するこの相談会で、悩みを解決しちゃいましょう!
日時:10月15日(土)午後1時から午後4時半
場所:豊島区立勤労福祉会館5階(豊島区西池袋2-37-4)
対応する9つの士業:弁護士、司法書士、税理士、社会保険労務士、土地家屋調査士、一級建築士、行政書士、中小企業診断士、そして我ら不動産鑑定士。


また、10月29日は板橋区でも9つの士業合同の無料相談会がございます。
d0061857_2128814.jpg

日時:10月29日(土)午後12時半から午後4時
場所:板橋区立グリーンホール(板橋区栄町36-1)
同じ9士業で対応いたします。
こちらの予約は来週17日の月曜日から受付致します。
東京パブリック法律事務所(03-5979-2920)までお電話ください。
予約受付時間は午前10時から16時まで。
お掛け間違いのないように。



それぞれの相談会は、東日本大震災に関する相談にも対応致します。

不動産鑑定士 佐藤麗司朗


活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
by tukasa-rea | 2011-10-14 21:38 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)
活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんにちは。ようやく残暑も落ち着き、秋めいた今日この頃。
みなさんお元気ですか?

昨日は、東京都の市区町村職員向け、都市復興模擬訓練(最終日)に参加してきました。
d0061857_16575478.jpg
迫りくる首都直下型地震に備えるため、約半年を通じて都市計画、建築制限、土地区画整理や再開発といった具体的な復興手法について真剣に議論し、形にするという訓練です。
ALL東京で構成された1~9班、ONLY豊島区で構成された10班。
それぞれが特徴的で、とてもよく考えられた計画でした。
地権者を想定した質問に、途中タジタジしてしまう局面も一部ありましたが、各班ともに素晴らしかったと思います。
一番いいのは震災なんか起こらず被災しないこと。
しかし、残念ながら刻一刻と迫りつつある直下型地震。
事後において混乱をいち早く終息するための力を、事前において被害を最小限にするための工夫を、こうした訓練を通じて培って頂けたなら、災害復興まちづくり支援機構の専門家としてお力添えできたことになるのでしょう。


今日は朝から病院でした。
僕は「潰瘍性大腸炎」という病気なんです。
原因のはっきりしない難病で、自らの組織を自らの免疫(白血球)が攻撃するというもの。
うん。今日の先生は笑顔もなくとても怖かった。
調子の良いときには数ヶ月に1度の通院でお許し頂いているのですが、いまのように活動期にあるとキッカリ来月の通院です。
そして新しい薬を処方して頂きました。
ちゃんと毎日使いますとも。。。


タイトルの話に行きましょう。
d0061857_1732340.jpg
この春に沖縄を訪れた際、購入したストラップの肝心要の玉の部分(ちゅら玉といい、浮きの形をしたもの)が吹っ飛んでしまうという悲しい出来事がありました。
友人・知人から「ちゅら玉は一生もの」と聞いたことがあって、以前から沖縄に訪れるたび、ストラップの小さな修理をお願いしていました。
また、4年前にストラップの紐が切れたときもココスアイランドさんに修理をお願いしたのでした。
その当時のブログ → http://tukasarea.exblog.jp/5748509/
いつ、どのようにしてなくなったのかわからず、さすがに本体ともいえる「玉」がなくなったのでは修理は無理だろうな。。。なんて思いながらダメもとでココスアイランドさんに電話しました。
なんと「無償で修理」して頂けるとのこと。
専用の封筒と用紙が送られてきて、無残な姿となったストラップと状況を記入した用紙を返送すると。

ジャーン!
d0061857_1795316.jpg
お手紙本文(原文のまま)

佐藤様
ちゅら玉をご愛顧頂き誠にありがとうございます。
このたびはお手数をおかけしまして大変申し訳ございませんでした。
佐藤様、ちゅら玉レギュラーストラップ(黒)を新しくお送り致します。
誠に申し訳ございません。気に入って頂けましたら幸いです。
又一緒に同封しましたシルバーストラップ(橙)ですが、
今年の夏ちゅら玉に新商品として加わりました。
佐藤様、もし宜しければお使い下さい。
又何かありましたらいつでもご連絡下さいませ。
今後ともちゅら玉をご愛顧頂けますよう宜しくお願い致します。
(株)ココスアイランド オキナワ
            古波蔵



感動しました!。゜゜(´□`。)°゜。
新品に交換してくれたうえ、新商品もいただけるとは!
クレームをつけたわけでもなく、これはさすがに修理の対象ではないですよね?って聞いただけなのに。
なんて神的な対応なんでしょう。
これぞ沖縄!琉球文化!大好きオキナワ!!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+
ココスアイランド最高であります!!
ココスアイランドオキナワのホームページ → http://www.cocos-island.co.jp/


今日はこの後、宅建協会教育研修委員会の会議です。
明日は東京都不動産鑑定協会の地価調査委員会の会議です。
今週の土曜日は豊島区の無料相談会です。
力の限り頑張ります。


でもほんの少しペースダウンして、ゆっくり紅葉でも眺めたい!

不動産鑑定士 佐藤麗司朗



活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
by tukasa-rea | 2011-10-12 17:28 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)
活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんばんは。
昨日は首都圏が台風に見舞われて大変な1日でしたね。
皆さんは無事に帰れましたか?
弊社では16:00の段階で強制的に帰宅を指示しました。
やっと落ち着いてきたかな?と思った夜には地震。。
ヒヤヒヤの1日でした。
一転、今日は台風一過で朝には「秋らしい晴れ!」と心躍らせましたが、夕立。
雨に濡れませんでした?


さて、明日からは待ちに待った三連休ですね。
三連休初日である明日、僕は池袋駅東口で行われる無料相談会に参加します。
d0061857_1752835.jpg
ハトマークの無料街頭相談会
9月23日(金)10:00~16:00
会場は池袋駅東口の駅前です。
主催は社団法人東京都宅地建物取引業協会本部及び城北ブロックの各支部(豊島区、板橋区、北区、練馬区)で、国土交通省、東京都、警視庁が後援です。
我々不動産鑑定士は、弁護士、税理士、司法書士、建築士とともに専門分野の相談に対応します。
賃貸・売買・建築。
不動産の疑問に専門家がお応えします。
お気軽にご利用下さいね。
同時に日本赤十字社も献血キャンペーンを展開しています。


さらに本年度は、豊島公会堂前の中池袋公園で
d0061857_178474.jpg
被災地産直販売会「食べて応援しよう!」が開催されます。
東日本大震災復興支援のため、以下の5つの県、8つの地域のお店がテントを連ねます。
(1)岩手県一関市:農産物・加工品(岩手県のリンゴジュース等)の販売
(2)岩手県一関市:東北の地酒、日本酒(南部美人等)の販売
(3)福島県郡山市:新鮮野菜・果物の販売
(4)福島県相馬市&南相馬市:農産物の加工品(漬物・味噌・うどん等)・地酒の販売
(5)福島県いわき市:震災前の福島の海産物・加工品の販売
(6)福島県喜多方市:味噌・醤油・味噌漬け・土産用喜多方ラーメンの販売
(7)茨城県かすみがうら市:野菜等の販売
(8)栃木県那須塩原市:農産物の加工品・精肉の加工品販売
(9)山形県遊佐町:農作物・果物の販売


無料街頭相談会は、駅前明治通りのグリーンベルト(東口を出た横断歩道のど真ん中)です。
食べて応援しよう!は、豊島公会堂の前の中池袋公園です。
お間違えのないように!


不動産鑑定士 佐藤麗司朗



活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
by tukasa-rea | 2011-09-22 17:39 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)
活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんばんは!
今日は豊島公会堂で(社)東京都宅地建物取引業協会の研修会でした。
猛暑で溶けてしまいそうな1日でしたが、豊島区、北区、板橋区支部の宅建業者の皆さん、多数参加頂けました。


今日は「イケニシブクロ」のその後と最近のアレやコレをお伝えしようと思います。
まずはイケニシブクロのその後から。
7月1日から7月18日まで、池袋西口のお店が協力してチャリティーイベントを開催しました。
イケニシブクロについてはコチラから。
http://tukasarea.exblog.jp/13953948/



d0061857_2037181.jpg
画像はうちの募金箱です。
20店舗の総合計は、244,873円!!
わずか半月、十分な周知ができなかったにもかかわらず、皆様のおかげで多額の寄付金が集まりました。


d0061857_20382871.jpg
無事に豊島区社会福祉協議会を通じて東日本大震災被災地への義捐金として寄付致しました。
各店舗にはこのように領収書が届いているはずです。


9月2日、ルミネ池袋店の1階自由通路で行われた「第29回 住まいの無料相談フェア」の様子です。
d0061857_20543749.jpg


例年、猛暑日とあって、今年度は氷柱を取り寄せて清涼感を演出しました。
d0061857_2042857.jpg


目玉となったブースはコチラ。
d0061857_20412767.jpg
東京消防庁が設置してくれた地震体験シミュレーターで、過去に日本を襲った震災を体験できるというもの。


僕も「阪神・淡路大震災」を体験してみました。
d0061857_20501465.jpg
シートベルトで固定され、専用の椅子に座っているからいいものの、とても立っていられません。
震災を考える上で大変貴重な体験でした。


9月4日、豊島区立文成小学校で行われた罹災証明発行システムの実証訓練。
d0061857_20573440.jpg
皆さんは「罹災証明書」ってご存知ですか?
被災者が様々な支援を受けるために必要となる大切な書類で、被災者生活再建支援法の適用、被災者自立支援金、義捐金や見舞金の給付を受ける場合に必要となるものです。
各種融資や生命保険、損害保険への申告と公的な支援以外にも幅広く必要とされます。
東京都では初の実証訓練であり、東京都総務局及び主税局、文部科学省、豊島区及び豊島消防署と合同で実施されました。
平成19年の新潟県中越沖地震が起きた際に、京都大学、新潟大学、事業者等による研究チームによって、柏崎市でこのシステムを実際に運用をしています。
豊島区では、首都直下型地震(M7.3)を想定した場合に、7,000棟を超える全壊・焼失の被害が予想されており、被災者救済(各種)のために震災発生後1ヶ月後には罹災証明の発行をしなければなりません。
このシステムを用いることにより、大幅な時間短縮が図ることができ、GIS情報を利用して被害調査結果と住民記録、課税台帳とのデータ照合を画一的・効率的に行うことができるのです。


9月10日、豊島区役所現庁舎跡地周辺まちづくりを考える会。
d0061857_21161723.jpg
今回で2回目を迎えますが、その間にも周辺地権者、商店街連合会代表、各種専門家(僕はここ)によって勉強会が複数回行われています。
今回は地元大学である立教大学と帝京平成大学の学生さんたちによる「街歩き」の結果報告を受けました。
斬新かつ辛辣な学生さん達の意見を伺った上で、池袋の街に何を残したいのか、何が課題なのか、どうあるべきなのかを検討しました。
この計画では、現庁舎地を定期借地権方式で民間事業者に貸付け、複数年度に亘る地代を一括で受取り、新庁舎本体、駐車場、駐輪場等の不足する床(保留床)の購入費用や、その他現庁舎地の解体工事費等の経費に充てなければならず、「まちづくり」そのものによって如何にに捻出するか。
非常に深刻かつナーバスな議論を内包していますが、学生さん達の明るい視点で和やかなムードの中、進行することができました。


そして先日お伝えした9月11日、東京の10士業(プラスアルファで12士業)のよろず相談会。
d0061857_2051624.jpg
おかげさまを持ちまして、386件(速報値)もの出動件数で成功裏に終えることができました。


こんな感じで毎週末はボランティア活動で追われています(;´▽`A
このほかにも東京都の市区町村職員向けの都市復興模擬訓練にも参加していましたね。。
日本のこと、東京都のこと、豊島区のこと。
僕は真剣に考えています。



不動産鑑定士 佐藤麗司朗


活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
by tukasa-rea | 2011-09-15 21:37 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)
活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんばんは!
今日(昨日)も1日暑かったですねぇ。
天候がころころして、僕自身も周りのスタッフも風邪引いちゃってます(+o+)
さて、東日本大震災発生からちょうど半年の9月11日、新宿駅西口広場イベントコーナーで東京の12の士業が一堂に会し、合同で無料相談会をやります!

d0061857_0393153.jpg
クリックで拡大できます。
通常考えられるような一般的な相談内容に加えて、東日本大震災の被災者の方、被災者ご家族の方をも少しでも救済できるような相談会となるように、3月24日から実行委員会に参加して努力してきました。
今年度幹事会である東京税理士会の野間口元広報部長をはじめ、小高実行委員長、石井先生のご協力の下、素晴らしいシステムの相談会が実施できそうです。
d0061857_0575326.jpg
(リハーサルの様子)


予約不要で通りすがりに相談できる形式です。
例年の10士業プラスアルファで12士業!
相談者が複雑な悩みをお持ちであっても、複数の専門家がそれぞれの「強み」を活かして、合同で相談に応じ、複雑な悩みを一緒に解決します。
そして完全無料。


相談に応じる専門家は延べ100人を超えます。
相談時間はお一人30分ですが、これだけの専門家に同時に相談できる相談会は他にありません。
この9.11の相談会は「どこからでも、どんな方でも無料で相談できる」というもので、日本最大規模です。
この機会を是非利用して、悩みを解決しちゃいましょう!!!
もちろん、各専門家には各法律に基づく厳格な守秘義務が課されていますから、かなりプライベートなご相談内容でも安心・安全にお話頂けます。


<暮らしと事業のよろず相談会・概要>
日時:平成23年9月11日(日)
時間:午前10時30分から午後4時30分(受付4時終了)
会場:新宿駅西口広場イベントコーナー(地下1階)
d0061857_0551093.jpg


参加専門士業:
(1)不動産鑑定士(公益社団法人東京都不動産鑑定士協会)
(2)税理士(東京税理士会)
(3)弁護士(東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会)
(4)社会保険労務士(東京都社会保険労務士会)
(5)土地家屋調査士(東京土地家屋調査士会)
(6)中小企業診断士(一般社団法人中小企業診断協会東京支部)
(7)行政書士(東京都行政書士会)
(8)弁理士(日本弁理士会関東支部)
(9)公認会計士(日本公認会計士協会東京会)
(10)司法書士(東京司法書士会)
(11)一級建築士(災害復興まちづくり支援機構)
(12)技術士(災害復興まちづくり支援機構)



公益社団法人東京都不動産鑑定士協会
相談事業副委員長

不動産鑑定士 佐藤麗司朗



活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
by tukasa-rea | 2011-09-09 01:00 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(2)
活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ

こんばんは。台風がいつ上陸するのか?とヒヤヒヤしておりましたが、今日も何とか免れました。
どうやら西へ逸れているようですね?
ちょっと間隔が開いておりますが、被災地における復興協議会第3日目のお話です。

(1日目)被災地における復興協議会(岩手)はコチラから
(2日目)被災地における復興協議会(福島)はコチラから


早朝より「やまびこ」にて現地入りします。
d0061857_21265484.jpg
協議会が午後ということもあり、首都大学東京の名誉教授、阪神・淡路まちづくり支援機構の代表委員を務めておられる高見沢先生の案内で、塩竈周辺を視察しました。
震災発生から5ヶ月を経過し、被災当初よりガレキ及び被災車両の撤去が済んでいました。
駅前の大資本店舗は被災の面影もないくらい、外壁等の修繕も済んでおり、通常の営業をしていました。


マリンゲート塩釜に行く途中では、仮設店舗が建造されていました。
d0061857_21274026.jpg
仮設店舗は20区画、延べ床面積約700㎡です。中小企業基盤整備機構が整備を行いました。
沿岸部はもともと平地が少なく、地震で地盤沈下した場所も多いことから用地の選定が難航し、着工が大幅に遅れていました。
中小機構が建物を建設し、市町村に貸し出す。入居する事業所の家賃は無料です。


マリンゲート塩釜です。出入り口付近には今も色濃く津波被害の爪痕が残ります。
d0061857_21281953.jpg
周辺地域も大きく津波被害を受けたことから、通常営業ができないでおりました。
5月1日から松島観光遊覧船は運航し、復興市を開催しています。


被災当初、ガレキ等が集積されていた公園です。
d0061857_2128386.jpg
撤去はなされたものの、トイレやフェンスの傾きは津波の恐ろしさ、地盤沈下の悲惨さを物語っています。


d0061857_21285475.jpg
津波によるヘドロの堆積によって水はけが悪くなった公園広場は、長引く雨と相まって完全に沼化していました。
ベンチまで水没しています。
復興・復旧の遅れを目の当たりにし、複雑な思いを抱きつつ協議会へと向かいます。


会議の様子です。
d0061857_212998.jpg



宮城県震災復興基本方針(素案)
d0061857_21292436.jpg
計画案及び現状に対して、会議での報告・課題・提言の主なものをまとめると
(1)日本赤十字社や中央共同募金会などに義援金が阪神淡路の三倍(3,000億円を超える)集まったのに、4割弱しか支給されていない=自治体が機能していない。
原因は県をまたいだ配分委員会が設置、国から県へ、県から市町村へという手順で、迅速性が足りない。
(2)農業・水産業に関する放射能対策が講じられていない。
(3)被災者の立場で政策が作られていない。平常時にできなかった宮城県の産業構造改革の意図がある。
水産特区は大資本企業の誘致を狙っているが、費用対効果がなければ彼等は憂いなく撤退する。
水産業の集約化と職住分離は地元コミュニティーを破壊する。
応急仮設住宅についても大手不動産メーカーが約9割を受注し、地元被災住民の雇用、労働の機会を喪失している。
(4)復興方針に高台移転が明記されていない。高台移転に伴う集団移転と区画整理に当たっては総額1兆円がかかると試算されており、被災市町の負担が7割では財政破綻が起きる。国の財政支援が必須である。
(5)GW時点で東京から学識経験者、実業家を呼び寄せて対策チームをつくった。どこよりも早く対応したけれど、地域に寄り添っていない復興(創造的・発展的なもの)はありえず、復旧(元の状態に)すら覚束ない。
(6)2重ローン問題に対応すべく検討・公表された「個人債務者の私的整理に関するガイドライン」について。弁護士、不動産鑑定士らの専門家による第三者機関を設置するスキームでは、被災不動産の客観的評価=不動産鑑定士の役割が重要である。
本ガイドラインを受けて今現在、不動産鑑定士の協会では、どのような対応をしているのか?被災者救済のためには評価額ゼロ、かつ早急な評価スキームが必要。



被災3県を連続して訪問、地元大学の教授等の学識経験者、他の専門士業との協議会を通じて僕が感じたことは、当然のことながら地域ごとに被災の態様は異なるということ。
それは物理的・地理的な側面(ハード)だけではなくて、人がいて、歴史的背景に基づく『県民性』がある。
そこを無視した一方的な復興方針は、独りよがりな復興になる。
国、県といった大きな枠組みの中で、予算措置等必要なことを迅速に対応することはもちろんのこと、直接的な被災住民の意見を吸い上げられる最小自治体での活動が必要であること。
住民主体の地域・街の復興を行うためには、我々専門家と有識者等が一体となった組織が住民の合意形成を支援し、不足する知識を補う形で機能することが重要。
そして、残念ながら我々不動産鑑定士の協会内部での取り組みが大きく遅れを取っているということ。


この時の焦燥感を東京都不動産鑑定士協会の会報原稿で以下のように綴りました(一部抜載)。
今回の震災では人命はもちろん、土地・建物が壊滅的なダメージを受けた。
不動産(土地・建物)の経済価値を判定することを独占業務とする不動産鑑定士がこのような有事の際に、国民に対して不動産に関連する何らかの形で貢献し、その存在意義を発揮しなければ、既存の法制度に基づく業務の維持ですら危ぶまれる。
今後不動産鑑定士が行おうとする新たな業務の拡充についても、国民の理解が得られてはじめて実現可能になる。
今こそ業界をあげて国民のために沢山の汗をかかなくてはならない。
最大の人員を要する東京会として、形だけに留まらない震災に関する特別委員会を立ち上げて「不動産鑑定士が復興のどの段階において日本に、社会に貢献できるのか」「被災地である県士協会に対して金銭的支援以外で何ができるのか」を十分に検討する必要がある。


今日は東京都の市区町村職員向けの都市復興模擬訓練に参加してきました。
d0061857_2130321.jpg
二次建築制限の範囲とその後指定される重点復興地区、復興促進地区、復興誘導地区の3区分の範囲、復興に当たって克服すべき課題と具体的な事業手法、復興にあたって目指すべき街のコンセプトが焦点でした。
迫りつつある首都直下型地震に備え、東京都の市区町村職員の方々も真剣です。
こうして今のうちに「できることをしておく」ことが重要ですね。
身が引き締まる思いです。


明日は、ルミネ池袋店の1階自由通路で行われる「第29回 住まいの無料相談フェア」に参加してきます。
予約不要、完全無料で午前10時から午後4時まで。
弁護士、不動産鑑定士、一級建築士等専門家による相談を受けられます。
どうか・・・どうか台風が直撃しませんよーに(;´д`)


不動産鑑定士 佐藤麗司朗

活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
by tukasa-rea | 2011-09-01 21:25 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(2)
活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんばんは。
盆休み明けの今週、皆さんもいつも以上にお疲れになられたのではないでしょうか。
東京は連日の猛暑から開放されましたが、朝から降り止まない雨と湿気で不快に感じる一日でしたね。
今夜は、予定を変更してゴールデンウィークに訪れた宮城県の被災状況のお話です。
当時、あまりにも衝撃的過ぎて、言葉を添えてブログを書くことに戸惑いがありました。
次回、(3日目)被災地における復興協議会(宮城)に掲載される一部の写真と比較してもらえればと思います。


2011年5月、災害復興まちづくり支援機構の代表団として、代表委員である菊池千春先生(東京都土地家屋調査士会副会長)、事務局長である中野明安先生(第二東京弁護士会元副会長)、事務局員藤田千晴先生(中小企業診断士)とともに現地入りした。


この被災地入りには3つのミッションがあった。
①県庁所在地である市街地においても甚大な被害が出た宮城県の視察
②士業連携のワンパックサービスが可能な災害復興まちづくり支援機構による行政支援の提案を宮城県庁危機対策課に対して行う。
③宮城県災害復興支援士業連絡会と阪神・淡路まちづくり支援機構と我ら災害復興まちづくり支援機構とで協議会を行う。


1日目、藤田先生の車に4人で乗り込み、一路東北道を走る。
周囲には自衛隊車両が多く目立つ。
d0061857_19595944.jpg
並走していたのは、三重県津市から派遣された車両だった。


夕刻に現地入りし、翌日早朝から被災地視察を行った。
<仙台市宮城野区蒲生周辺>
d0061857_2011986.jpg
蒲生周辺は七北川に隣接し、津波によって壊滅的な状態だった。


d0061857_20114084.jpg
家屋は甚大な被害。


d0061857_206786.jpg
発災から半月ほど経過しているにもかかわらず、水は全く引いていない。


<多賀城市・県道23 号線沿い>d0061857_20205330.jpg
沿道には被災車両が運び込まれ、ガレキの集積場所となっていた。


d0061857_20255084.jpg
片側3 車線あるような広幅員道路沿いでも、1 階部分は津波の被害が甚大。


d0061857_20272848.jpg
無人契約機は徹底的に破壊され、人的被害もあるのではないか?と思わせた。


d0061857_20282282.jpg
歩道は地盤沈下している。


d0061857_20284868.jpg
駐車場スペースには瓦礫、店舗内の一部商品が放置されたまま。


d0061857_20304588.jpg
被災車両が数多く見られた。このように並べられているものはまだいい方である。


d0061857_2026278.jpg
このように車は押し流され、信じられない状態で放置されている。


<宮城郡七ヶ浜町松ヶ浜>
d0061857_20331460.jpg
港に隣接しているため被害は甚大で、道路は大規模に陥没していた。


d0061857_20341222.jpg
トンネル付近では、大規模な崖崩れが発生していた。余震でも崩れそうな状態だった。


d0061857_20373627.jpg
家屋部分は押し流され、或いは押し潰され、重量のある瓦葺の屋根のみが残っている。


午前中視察できる範囲で概況を把握し、県庁へ。
上記②の提案を行った後、宮城県の士業連絡会および阪神・淡路まちづくり支援機構との協議を行うべく、仙台弁護士会館へと向かう。


d0061857_20414286.jpg
阪神・淡路まちづくり支援機構は、士業と学識経験者によるワンパック相談会を避難所を訪問して行っており、ゼッケンをつけたままだ。


d0061857_20501039.jpg
僕は東京で行われている士業合同の無料相談会については全て参画しており、避難所における相談会も視察していた。相談会の運営等についてはそれなりの自負があった。
今後の避難所・被災地における相談会について、平常時との比較において提案を行った。
特に「モンスターボランティア」にならないような工夫が必要である点を強調した。
一人の相談者に対して、多くの専門家が同時にヤンヤヤンヤとアドバイスしてはならない。
特に、関西のノリでは東北の方々は面食らってしまう。できれば地元専門家による相談が望ましい。
東北に親類を持ち、関西系企業でサラリーマンをしていた僕には状況がよくわかった。。。
東北の方は相談をするのにもそれなりの勇気が必要なのだ。
ただでさえ平常時とは異なるので、被災者の方達はナーバスになっている。


d0061857_21213672.jpg
協議会の後に行われた交流会では阪神・淡路まちづくり支援機構の面々から「東京から来た坂本龍馬」と持ち上げられ、親しくお話することができた。
その反面、阪神・淡路まちづくり支援機構のメンバーの迫力に気圧されそうになった。
やはり実体験として被災し、その復興過程の中でお互いの存在を認め合い、絆を深めている団体である。危機意識が東京の士業連絡会とは全く異なった。
また、大学教授等が多く在籍する附属研究会の存在が、士業とは異なる原動力となっていた。
また、近畿、福島、宮城の不動産鑑定士に囲まれ、東京が動かなくてどうする?!と叱咤激励を受けた。
東京という被災地に近い立地にも関わらず、支援態勢が整っていない事に悔しくて唇を噛んだ。
士協会の被災地支援に関する課題が浮き彫りになった気がした。


3日目の翌朝、東京へ帰る前にさらに深く被災地を視察することにした。
<石巻市日本製紙工場付近>
d0061857_2145548.jpg
コンテナが横倒しになり、線路も大きくゆがんでいる。


<石巻港付近>
d0061857_21464399.jpg
高低差1m以上の地盤沈下があった。


<石巻市大街道東>
d0061857_21371432.jpg
あまりの酷さに言葉を失う。


d0061857_21375668.jpg
街全体が瓦礫で埋め尽くされ、まるで空襲でも受けたかのようだった。


d0061857_2139761.jpg
何もなくなった街を黙々と歩いた。
周囲は臭気に満ちており、ハエが異常に発生していた。


d0061857_21401252.jpg
生活の足跡が当然にあった。子供用品を見て涙が出そうになった。


d0061857_21411913.jpg
僕ごときに何ができるというのか?
何度も心が折れそうになった。


d0061857_2203735.jpg

電柱には僕の身長をよりも高い位置に、肥料工場から流れ出た肥料の袋がそのまま突き刺さっていた。
津波の恐怖を改めて感じた。
見るもの全てが信じがたい光景だった。
「なぜ僕がここにいるのだろう?」
思わずそう思ってしまいながら、瓦礫の中を革靴で歩き回った。


帰途に付く頃、ようやく我に返る。
「もし、今、首都直下型地震がきたら。」
「僕達はどうなるのか。」
強くそう思った。
残念ながら、東日本大震災をなかったことには出来ない。
専門家、国民として出来うる支援を惜しむことがあってはならない。
そして、首都である東京にいる僕達は多くを学び、備えなければならない。
課題は山積している。
強い思いを胸に東京へと帰った。




次回は、震災から5ヶ月を経過した宮城県仙台での協議会の様子をお伝え致します。


不動産鑑定士  佐藤麗司朗


活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
by tukasa-rea | 2011-08-19 22:07 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea