4分で1万円、一日350万円の資産価値が減少

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


京都府精華町、木津川市に所在する「私のしごと館」をめぐって、京都府が面白いことをしています。
d0061857_20281456.jpg
日々刻々と価値が失われる 旧「私のしごと館」
京都府ホームページhttp://www.pref.kyoto.jp/watashi-s/


581億円もかけた不動産を放置できるなんて、やはり我々一般peopleとは「感覚が違う!」と言わざるを得ません。
本当に今更ですが、事業を行う前にその必要性、採算性についてちゃんと検討できなかったのでしょうか。
とはいえ、今現在もそこに「在る」わけですから、不動産の適切な有効活用を心掛けて頂きたいです。
我々国民も、国任せ、自治体任せにしていないで、関心を持ち続けなければなりません。
特殊法人も手をかえ、品をかえ、名称をかえ、計画された方針をかえていますから、本当に注意が必要です。


(京都新聞インターネットニュースより・原文)
厚生労働省所管の独立行政法人、雇用・能力開発機構が所有し、昨年3月に閉館したままの職業体験施設「私のしごと館」(京都府精華町、木津川市)をめぐり、京都府は1日、閉館後に失われた建物の資産価値などを表示するカウンターをホームページに掲載した。府は研究施設として無償貸し付けを求めているが、放置を続ける同省にプレッシャーをかける狙いもある。
■府、厚労省へ“圧力”
 総事業費581億円を投じた私のしごと館は2003年3月に開館したが、赤字運営が続き閉館。同機構は昨年9月と今年1月に入札で売却先を探したが申し込みがなく、「空き屋」状態が続いている。
 府は環境や新エネルギー、農業の研究拠点としての活用を提案し、無償貸し付けを求めたが、同省から返事がなく、資産価値も減る一方。「何にも使われないのに資産が減っていくことをアピールしたい」として、カウンター表示を始めた。
 6月30日時点の建物の評価額277億7147万円と閉館後からの資産損失額16億3876万円を表示。法人税法に基づく府の推計では4分で1万円、1日では約350万円が減っていく。今月中には1日か4分かどちらの単位で数値を更新していくという。





不動産鑑定士 佐藤麗司朗


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
by tukasa-rea | 2011-07-01 20:42 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea