「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

平成23年地価調査

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


9月21日、都道府県地価調査の価格が発表されました。

結果を見ると、

依然として全国的な地価下落が継続しています。


全国の平均変動率は、住宅地で△3.2%(前年△3.4%)、商業地で△4.0%(前年△4.6%)であり、

下落傾向は続いているものの、下落率は縮小しています。


圏域別に見ると
d0061857_16115793.jpg



地方圏のうち、とくに東北・北関東では下落率が拡大している地点が多く見られました。

また、平成22年7月~12月までの前半と平成23年1月~6月までの後半で半年間ごとの変動率でみた場合でも、
西日本では後半に下落率が縮小している地点が多いのに対し、東日本では後半に下落率が拡大した地点の方か多い結果になっています。

いずれも、東日本大震災と原発事故の影響がうかがえます。


続いて、

当社の所在地である豊島区に目を向けると
住宅地の平均変動率が△2.3%(前年△2.5%)の下落、
23区内では文京区、台東区、墨田区についで高い下落率になっています。
さらに商業地では△3.1%(前年△2.7%)の下落で、23区内で唯一下落率が拡大しています。

以下は東京23区の各区ごとの平均変動率を示した表です。
d0061857_1619370.jpg


住宅地、商業地ともに、前年は23区内での下落率は低い方でしたが、

今年は、他の区で下落率が大幅に改善しているところが多く、

相対的に高くなっていることが分かります。



つじ


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-09-25 16:33 | 辻 樹(鑑定士勉強中) | Comments(0)

明日は池袋東口!食べて応援しよう!被災地産直販売会!

活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんばんは。
昨日は首都圏が台風に見舞われて大変な1日でしたね。
皆さんは無事に帰れましたか?
弊社では16:00の段階で強制的に帰宅を指示しました。
やっと落ち着いてきたかな?と思った夜には地震。。
ヒヤヒヤの1日でした。
一転、今日は台風一過で朝には「秋らしい晴れ!」と心躍らせましたが、夕立。
雨に濡れませんでした?


さて、明日からは待ちに待った三連休ですね。
三連休初日である明日、僕は池袋駅東口で行われる無料相談会に参加します。
d0061857_1752835.jpg
ハトマークの無料街頭相談会
9月23日(金)10:00~16:00
会場は池袋駅東口の駅前です。
主催は社団法人東京都宅地建物取引業協会本部及び城北ブロックの各支部(豊島区、板橋区、北区、練馬区)で、国土交通省、東京都、警視庁が後援です。
我々不動産鑑定士は、弁護士、税理士、司法書士、建築士とともに専門分野の相談に対応します。
賃貸・売買・建築。
不動産の疑問に専門家がお応えします。
お気軽にご利用下さいね。
同時に日本赤十字社も献血キャンペーンを展開しています。


さらに本年度は、豊島公会堂前の中池袋公園で
d0061857_178474.jpg
被災地産直販売会「食べて応援しよう!」が開催されます。
東日本大震災復興支援のため、以下の5つの県、8つの地域のお店がテントを連ねます。
(1)岩手県一関市:農産物・加工品(岩手県のリンゴジュース等)の販売
(2)岩手県一関市:東北の地酒、日本酒(南部美人等)の販売
(3)福島県郡山市:新鮮野菜・果物の販売
(4)福島県相馬市&南相馬市:農産物の加工品(漬物・味噌・うどん等)・地酒の販売
(5)福島県いわき市:震災前の福島の海産物・加工品の販売
(6)福島県喜多方市:味噌・醤油・味噌漬け・土産用喜多方ラーメンの販売
(7)茨城県かすみがうら市:野菜等の販売
(8)栃木県那須塩原市:農産物の加工品・精肉の加工品販売
(9)山形県遊佐町:農作物・果物の販売


無料街頭相談会は、駅前明治通りのグリーンベルト(東口を出た横断歩道のど真ん中)です。
食べて応援しよう!は、豊島公会堂の前の中池袋公園です。
お間違えのないように!


不動産鑑定士 佐藤麗司朗



活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-09-22 17:39 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)

その後の「イケニシブクロ」とアレやコレ。近況報告特大号!

活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんばんは!
今日は豊島公会堂で(社)東京都宅地建物取引業協会の研修会でした。
猛暑で溶けてしまいそうな1日でしたが、豊島区、北区、板橋区支部の宅建業者の皆さん、多数参加頂けました。


今日は「イケニシブクロ」のその後と最近のアレやコレをお伝えしようと思います。
まずはイケニシブクロのその後から。
7月1日から7月18日まで、池袋西口のお店が協力してチャリティーイベントを開催しました。
イケニシブクロについてはコチラから。
http://tukasarea.exblog.jp/13953948/



d0061857_2037181.jpg
画像はうちの募金箱です。
20店舗の総合計は、244,873円!!
わずか半月、十分な周知ができなかったにもかかわらず、皆様のおかげで多額の寄付金が集まりました。


d0061857_20382871.jpg
無事に豊島区社会福祉協議会を通じて東日本大震災被災地への義捐金として寄付致しました。
各店舗にはこのように領収書が届いているはずです。


9月2日、ルミネ池袋店の1階自由通路で行われた「第29回 住まいの無料相談フェア」の様子です。
d0061857_20543749.jpg


例年、猛暑日とあって、今年度は氷柱を取り寄せて清涼感を演出しました。
d0061857_2042857.jpg


目玉となったブースはコチラ。
d0061857_20412767.jpg
東京消防庁が設置してくれた地震体験シミュレーターで、過去に日本を襲った震災を体験できるというもの。


僕も「阪神・淡路大震災」を体験してみました。
d0061857_20501465.jpg
シートベルトで固定され、専用の椅子に座っているからいいものの、とても立っていられません。
震災を考える上で大変貴重な体験でした。


9月4日、豊島区立文成小学校で行われた罹災証明発行システムの実証訓練。
d0061857_20573440.jpg
皆さんは「罹災証明書」ってご存知ですか?
被災者が様々な支援を受けるために必要となる大切な書類で、被災者生活再建支援法の適用、被災者自立支援金、義捐金や見舞金の給付を受ける場合に必要となるものです。
各種融資や生命保険、損害保険への申告と公的な支援以外にも幅広く必要とされます。
東京都では初の実証訓練であり、東京都総務局及び主税局、文部科学省、豊島区及び豊島消防署と合同で実施されました。
平成19年の新潟県中越沖地震が起きた際に、京都大学、新潟大学、事業者等による研究チームによって、柏崎市でこのシステムを実際に運用をしています。
豊島区では、首都直下型地震(M7.3)を想定した場合に、7,000棟を超える全壊・焼失の被害が予想されており、被災者救済(各種)のために震災発生後1ヶ月後には罹災証明の発行をしなければなりません。
このシステムを用いることにより、大幅な時間短縮が図ることができ、GIS情報を利用して被害調査結果と住民記録、課税台帳とのデータ照合を画一的・効率的に行うことができるのです。


9月10日、豊島区役所現庁舎跡地周辺まちづくりを考える会。
d0061857_21161723.jpg
今回で2回目を迎えますが、その間にも周辺地権者、商店街連合会代表、各種専門家(僕はここ)によって勉強会が複数回行われています。
今回は地元大学である立教大学と帝京平成大学の学生さんたちによる「街歩き」の結果報告を受けました。
斬新かつ辛辣な学生さん達の意見を伺った上で、池袋の街に何を残したいのか、何が課題なのか、どうあるべきなのかを検討しました。
この計画では、現庁舎地を定期借地権方式で民間事業者に貸付け、複数年度に亘る地代を一括で受取り、新庁舎本体、駐車場、駐輪場等の不足する床(保留床)の購入費用や、その他現庁舎地の解体工事費等の経費に充てなければならず、「まちづくり」そのものによって如何にに捻出するか。
非常に深刻かつナーバスな議論を内包していますが、学生さん達の明るい視点で和やかなムードの中、進行することができました。


そして先日お伝えした9月11日、東京の10士業(プラスアルファで12士業)のよろず相談会。
d0061857_2051624.jpg
おかげさまを持ちまして、386件(速報値)もの出動件数で成功裏に終えることができました。


こんな感じで毎週末はボランティア活動で追われています(;´▽`A
このほかにも東京都の市区町村職員向けの都市復興模擬訓練にも参加していましたね。。
日本のこと、東京都のこと、豊島区のこと。
僕は真剣に考えています。



不動産鑑定士 佐藤麗司朗


活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-09-15 21:37 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)

9.11、新宿駅に集う東京の12士業たち!

活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんばんは!
今日(昨日)も1日暑かったですねぇ。
天候がころころして、僕自身も周りのスタッフも風邪引いちゃってます(+o+)
さて、東日本大震災発生からちょうど半年の9月11日、新宿駅西口広場イベントコーナーで東京の12の士業が一堂に会し、合同で無料相談会をやります!

d0061857_0393153.jpg
クリックで拡大できます。
通常考えられるような一般的な相談内容に加えて、東日本大震災の被災者の方、被災者ご家族の方をも少しでも救済できるような相談会となるように、3月24日から実行委員会に参加して努力してきました。
今年度幹事会である東京税理士会の野間口元広報部長をはじめ、小高実行委員長、石井先生のご協力の下、素晴らしいシステムの相談会が実施できそうです。
d0061857_0575326.jpg
(リハーサルの様子)


予約不要で通りすがりに相談できる形式です。
例年の10士業プラスアルファで12士業!
相談者が複雑な悩みをお持ちであっても、複数の専門家がそれぞれの「強み」を活かして、合同で相談に応じ、複雑な悩みを一緒に解決します。
そして完全無料。


相談に応じる専門家は延べ100人を超えます。
相談時間はお一人30分ですが、これだけの専門家に同時に相談できる相談会は他にありません。
この9.11の相談会は「どこからでも、どんな方でも無料で相談できる」というもので、日本最大規模です。
この機会を是非利用して、悩みを解決しちゃいましょう!!!
もちろん、各専門家には各法律に基づく厳格な守秘義務が課されていますから、かなりプライベートなご相談内容でも安心・安全にお話頂けます。


<暮らしと事業のよろず相談会・概要>
日時:平成23年9月11日(日)
時間:午前10時30分から午後4時30分(受付4時終了)
会場:新宿駅西口広場イベントコーナー(地下1階)
d0061857_0551093.jpg


参加専門士業:
(1)不動産鑑定士(公益社団法人東京都不動産鑑定士協会)
(2)税理士(東京税理士会)
(3)弁護士(東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会)
(4)社会保険労務士(東京都社会保険労務士会)
(5)土地家屋調査士(東京土地家屋調査士会)
(6)中小企業診断士(一般社団法人中小企業診断協会東京支部)
(7)行政書士(東京都行政書士会)
(8)弁理士(日本弁理士会関東支部)
(9)公認会計士(日本公認会計士協会東京会)
(10)司法書士(東京司法書士会)
(11)一級建築士(災害復興まちづくり支援機構)
(12)技術士(災害復興まちづくり支援機構)



公益社団法人東京都不動産鑑定士協会
相談事業副委員長

不動産鑑定士 佐藤麗司朗



活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-09-09 01:00 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(2)

池袋に新たに誕生。

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


台風過ぎてもすっきりしない天気ですね。


たまには池袋の話題でも、


9月1日に家電販売のラオックスが東武百貨店内にオープンしました。

ラオックスは銀座松坂屋に店舗をオープンしており、百貨店内への出店は2店舗目になるそう。

店舗面積は100坪程で、

ビル丸ごと店舗のビックカメラやヤマダ電機と規模は比べようもないですが、

池袋に新たな家電量販店の進出です。

ということで、ちょっと見てきました。

d0061857_19265468.jpg


ほんとにデパートの一角にありました。


デパートの中だけあって、

店構えは普通の量販店よりごちゃごちゃしてなくてスタイリッシュな印象。


おしゃれ家電とかもっと多く揃えているのかと思いましたが、

品揃えは普通に感じました。


さらに同じ東武百貨店で、

9月16日にはユニクロがリニューアルオープン。

店舗面積は現在ある店舗の約5倍の約1,000坪。

都内で最大規模の店舗になるのだとか。


東武百貨店は、今後も専門店を誘致し、集客力を高めていく方針だそうです。


毎日、前を通ってる割に滅多に中に入ることがない東武百貨店。

今後は足を運ぶ機会が増えるでしょうか。


つじ



仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-09-05 19:37 | 辻 樹(鑑定士勉強中) | Comments(1)

(3日目)被災地における復興協議会(宮城)

活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ

こんばんは。台風がいつ上陸するのか?とヒヤヒヤしておりましたが、今日も何とか免れました。
どうやら西へ逸れているようですね?
ちょっと間隔が開いておりますが、被災地における復興協議会第3日目のお話です。

(1日目)被災地における復興協議会(岩手)はコチラから
(2日目)被災地における復興協議会(福島)はコチラから


早朝より「やまびこ」にて現地入りします。
d0061857_21265484.jpg
協議会が午後ということもあり、首都大学東京の名誉教授、阪神・淡路まちづくり支援機構の代表委員を務めておられる高見沢先生の案内で、塩竈周辺を視察しました。
震災発生から5ヶ月を経過し、被災当初よりガレキ及び被災車両の撤去が済んでいました。
駅前の大資本店舗は被災の面影もないくらい、外壁等の修繕も済んでおり、通常の営業をしていました。


マリンゲート塩釜に行く途中では、仮設店舗が建造されていました。
d0061857_21274026.jpg
仮設店舗は20区画、延べ床面積約700㎡です。中小企業基盤整備機構が整備を行いました。
沿岸部はもともと平地が少なく、地震で地盤沈下した場所も多いことから用地の選定が難航し、着工が大幅に遅れていました。
中小機構が建物を建設し、市町村に貸し出す。入居する事業所の家賃は無料です。


マリンゲート塩釜です。出入り口付近には今も色濃く津波被害の爪痕が残ります。
d0061857_21281953.jpg
周辺地域も大きく津波被害を受けたことから、通常営業ができないでおりました。
5月1日から松島観光遊覧船は運航し、復興市を開催しています。


被災当初、ガレキ等が集積されていた公園です。
d0061857_2128386.jpg
撤去はなされたものの、トイレやフェンスの傾きは津波の恐ろしさ、地盤沈下の悲惨さを物語っています。


d0061857_21285475.jpg
津波によるヘドロの堆積によって水はけが悪くなった公園広場は、長引く雨と相まって完全に沼化していました。
ベンチまで水没しています。
復興・復旧の遅れを目の当たりにし、複雑な思いを抱きつつ協議会へと向かいます。


会議の様子です。
d0061857_212998.jpg



宮城県震災復興基本方針(素案)
d0061857_21292436.jpg
計画案及び現状に対して、会議での報告・課題・提言の主なものをまとめると
(1)日本赤十字社や中央共同募金会などに義援金が阪神淡路の三倍(3,000億円を超える)集まったのに、4割弱しか支給されていない=自治体が機能していない。
原因は県をまたいだ配分委員会が設置、国から県へ、県から市町村へという手順で、迅速性が足りない。
(2)農業・水産業に関する放射能対策が講じられていない。
(3)被災者の立場で政策が作られていない。平常時にできなかった宮城県の産業構造改革の意図がある。
水産特区は大資本企業の誘致を狙っているが、費用対効果がなければ彼等は憂いなく撤退する。
水産業の集約化と職住分離は地元コミュニティーを破壊する。
応急仮設住宅についても大手不動産メーカーが約9割を受注し、地元被災住民の雇用、労働の機会を喪失している。
(4)復興方針に高台移転が明記されていない。高台移転に伴う集団移転と区画整理に当たっては総額1兆円がかかると試算されており、被災市町の負担が7割では財政破綻が起きる。国の財政支援が必須である。
(5)GW時点で東京から学識経験者、実業家を呼び寄せて対策チームをつくった。どこよりも早く対応したけれど、地域に寄り添っていない復興(創造的・発展的なもの)はありえず、復旧(元の状態に)すら覚束ない。
(6)2重ローン問題に対応すべく検討・公表された「個人債務者の私的整理に関するガイドライン」について。弁護士、不動産鑑定士らの専門家による第三者機関を設置するスキームでは、被災不動産の客観的評価=不動産鑑定士の役割が重要である。
本ガイドラインを受けて今現在、不動産鑑定士の協会では、どのような対応をしているのか?被災者救済のためには評価額ゼロ、かつ早急な評価スキームが必要。



被災3県を連続して訪問、地元大学の教授等の学識経験者、他の専門士業との協議会を通じて僕が感じたことは、当然のことながら地域ごとに被災の態様は異なるということ。
それは物理的・地理的な側面(ハード)だけではなくて、人がいて、歴史的背景に基づく『県民性』がある。
そこを無視した一方的な復興方針は、独りよがりな復興になる。
国、県といった大きな枠組みの中で、予算措置等必要なことを迅速に対応することはもちろんのこと、直接的な被災住民の意見を吸い上げられる最小自治体での活動が必要であること。
住民主体の地域・街の復興を行うためには、我々専門家と有識者等が一体となった組織が住民の合意形成を支援し、不足する知識を補う形で機能することが重要。
そして、残念ながら我々不動産鑑定士の協会内部での取り組みが大きく遅れを取っているということ。


この時の焦燥感を東京都不動産鑑定士協会の会報原稿で以下のように綴りました(一部抜載)。
今回の震災では人命はもちろん、土地・建物が壊滅的なダメージを受けた。
不動産(土地・建物)の経済価値を判定することを独占業務とする不動産鑑定士がこのような有事の際に、国民に対して不動産に関連する何らかの形で貢献し、その存在意義を発揮しなければ、既存の法制度に基づく業務の維持ですら危ぶまれる。
今後不動産鑑定士が行おうとする新たな業務の拡充についても、国民の理解が得られてはじめて実現可能になる。
今こそ業界をあげて国民のために沢山の汗をかかなくてはならない。
最大の人員を要する東京会として、形だけに留まらない震災に関する特別委員会を立ち上げて「不動産鑑定士が復興のどの段階において日本に、社会に貢献できるのか」「被災地である県士協会に対して金銭的支援以外で何ができるのか」を十分に検討する必要がある。


今日は東京都の市区町村職員向けの都市復興模擬訓練に参加してきました。
d0061857_2130321.jpg
二次建築制限の範囲とその後指定される重点復興地区、復興促進地区、復興誘導地区の3区分の範囲、復興に当たって克服すべき課題と具体的な事業手法、復興にあたって目指すべき街のコンセプトが焦点でした。
迫りつつある首都直下型地震に備え、東京都の市区町村職員の方々も真剣です。
こうして今のうちに「できることをしておく」ことが重要ですね。
身が引き締まる思いです。


明日は、ルミネ池袋店の1階自由通路で行われる「第29回 住まいの無料相談フェア」に参加してきます。
予約不要、完全無料で午前10時から午後4時まで。
弁護士、不動産鑑定士、一級建築士等専門家による相談を受けられます。
どうか・・・どうか台風が直撃しませんよーに(;´д`)


不動産鑑定士 佐藤麗司朗

活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-09-01 21:25 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(2)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea
プロフィールを見る
画像一覧