「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

幸せな間取り

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ



ちょっと面白いアンケート調査があったのでご紹介。

ハイアス・アンド・カンパニーという会社が

「現在の間取り」と「今、幸せかどうか?」というアンケートを行い、

その割合でランキング化しています。⇒詳細はこちら


その調査では、


幸と感じている人の間取りは
1位「4LDK」
2位「2LDK」
3位「3LDK」

不幸と感じている人の間取りは
1位「2DK」
2位「1K」
3位「3DK」

という結果だったようです。

LDKがある間取りが幸せ率が高いようです。


さらに未婚、既婚の別では、

既婚者で
幸せな人の間取り  不幸な人の間取り
1位「1LDK」      1位「1R」
2位「4K」        2位「1K」
3位「4LDK」      3位「2K」

未婚者では、
幸せな人の間取り  不幸な人の間取り
1位「2LDK」      1位「4K」
2位「3LDK」      2位「2K」
3位「1R」        3位「3K」

となってました。

幸せの尺度は人によりけりですけど、必ずしも部屋数が多い方がいいわけではなさそうです。


しかし、

この調査でなにより気になったのは、

なかなか見たこと無い「4K」って間取りが上位に入ってることでした。


ちなみにうちの間取りは1K。

特段、不幸だとは感じてません。


つじ


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-08-29 23:18 | 辻 樹(鑑定士勉強中) | Comments(0)

家電量販店で家を買う時代来る?

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


家電販売の大手ヤマダ電機が住宅メーカーのエスバイエルを買収するそうです。


最近の家電量販店は家電製品だけに留まらず、

食品や日用品、化粧品なんかも売ってるとこありますが、

ついに家まで買えちゃうようになってしまうのでしょうか。



ヤマダ電機はTOBでエスバイエルの株式を取得し子会社化するとのことで、

最近話題になりつつあるスマートハウス事業の拡大が目的のようです。


どうせ太陽光発電やオール電化の設備を販売するなら、

もう家から丸ごと売っちゃえって感じですかね。


再生エネルギー法案も成立しそうですし、

今後はスマートハウス増えていきそうです。


しかし、太陽光発電や家電フル装備の建売住宅とかだと

配分法や再調達原価の把握どうなるんだろ?

とか、思ってしまったりもします。



さて、ヤマダ電機といえば、

こちらは先月オープンした、新宿西口の新店舗。
d0061857_19122979.jpg


私は、あまりヤマダ電機で買い物することは少ないですが、

家電量販店に行くのは好きなので、遅ればせながら行ってきました。


新宿はすでに東口でヨドバシ、ビック、ヤマダが揃ってるところに

西口にも3社が並んでさらに家電量販店激戦区になってますね。

しかも、来年には東口の三越アルコット閉店後にビックカメラが入るみたいですし、

家電量販店は相変わらず勢いありますね。


つじ


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-08-25 19:17 | 辻 樹(鑑定士勉強中) | Comments(0)

(ゴールデンウィーク)僕が見た被災地(宮城県)

活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんばんは。
盆休み明けの今週、皆さんもいつも以上にお疲れになられたのではないでしょうか。
東京は連日の猛暑から開放されましたが、朝から降り止まない雨と湿気で不快に感じる一日でしたね。
今夜は、予定を変更してゴールデンウィークに訪れた宮城県の被災状況のお話です。
当時、あまりにも衝撃的過ぎて、言葉を添えてブログを書くことに戸惑いがありました。
次回、(3日目)被災地における復興協議会(宮城)に掲載される一部の写真と比較してもらえればと思います。


2011年5月、災害復興まちづくり支援機構の代表団として、代表委員である菊池千春先生(東京都土地家屋調査士会副会長)、事務局長である中野明安先生(第二東京弁護士会元副会長)、事務局員藤田千晴先生(中小企業診断士)とともに現地入りした。


この被災地入りには3つのミッションがあった。
①県庁所在地である市街地においても甚大な被害が出た宮城県の視察
②士業連携のワンパックサービスが可能な災害復興まちづくり支援機構による行政支援の提案を宮城県庁危機対策課に対して行う。
③宮城県災害復興支援士業連絡会と阪神・淡路まちづくり支援機構と我ら災害復興まちづくり支援機構とで協議会を行う。


1日目、藤田先生の車に4人で乗り込み、一路東北道を走る。
周囲には自衛隊車両が多く目立つ。
d0061857_19595944.jpg
並走していたのは、三重県津市から派遣された車両だった。


夕刻に現地入りし、翌日早朝から被災地視察を行った。
<仙台市宮城野区蒲生周辺>
d0061857_2011986.jpg
蒲生周辺は七北川に隣接し、津波によって壊滅的な状態だった。


d0061857_20114084.jpg
家屋は甚大な被害。


d0061857_206786.jpg
発災から半月ほど経過しているにもかかわらず、水は全く引いていない。


<多賀城市・県道23 号線沿い>d0061857_20205330.jpg
沿道には被災車両が運び込まれ、ガレキの集積場所となっていた。


d0061857_20255084.jpg
片側3 車線あるような広幅員道路沿いでも、1 階部分は津波の被害が甚大。


d0061857_20272848.jpg
無人契約機は徹底的に破壊され、人的被害もあるのではないか?と思わせた。


d0061857_20282282.jpg
歩道は地盤沈下している。


d0061857_20284868.jpg
駐車場スペースには瓦礫、店舗内の一部商品が放置されたまま。


d0061857_20304588.jpg
被災車両が数多く見られた。このように並べられているものはまだいい方である。


d0061857_2026278.jpg
このように車は押し流され、信じられない状態で放置されている。


<宮城郡七ヶ浜町松ヶ浜>
d0061857_20331460.jpg
港に隣接しているため被害は甚大で、道路は大規模に陥没していた。


d0061857_20341222.jpg
トンネル付近では、大規模な崖崩れが発生していた。余震でも崩れそうな状態だった。


d0061857_20373627.jpg
家屋部分は押し流され、或いは押し潰され、重量のある瓦葺の屋根のみが残っている。


午前中視察できる範囲で概況を把握し、県庁へ。
上記②の提案を行った後、宮城県の士業連絡会および阪神・淡路まちづくり支援機構との協議を行うべく、仙台弁護士会館へと向かう。


d0061857_20414286.jpg
阪神・淡路まちづくり支援機構は、士業と学識経験者によるワンパック相談会を避難所を訪問して行っており、ゼッケンをつけたままだ。


d0061857_20501039.jpg
僕は東京で行われている士業合同の無料相談会については全て参画しており、避難所における相談会も視察していた。相談会の運営等についてはそれなりの自負があった。
今後の避難所・被災地における相談会について、平常時との比較において提案を行った。
特に「モンスターボランティア」にならないような工夫が必要である点を強調した。
一人の相談者に対して、多くの専門家が同時にヤンヤヤンヤとアドバイスしてはならない。
特に、関西のノリでは東北の方々は面食らってしまう。できれば地元専門家による相談が望ましい。
東北に親類を持ち、関西系企業でサラリーマンをしていた僕には状況がよくわかった。。。
東北の方は相談をするのにもそれなりの勇気が必要なのだ。
ただでさえ平常時とは異なるので、被災者の方達はナーバスになっている。


d0061857_21213672.jpg
協議会の後に行われた交流会では阪神・淡路まちづくり支援機構の面々から「東京から来た坂本龍馬」と持ち上げられ、親しくお話することができた。
その反面、阪神・淡路まちづくり支援機構のメンバーの迫力に気圧されそうになった。
やはり実体験として被災し、その復興過程の中でお互いの存在を認め合い、絆を深めている団体である。危機意識が東京の士業連絡会とは全く異なった。
また、大学教授等が多く在籍する附属研究会の存在が、士業とは異なる原動力となっていた。
また、近畿、福島、宮城の不動産鑑定士に囲まれ、東京が動かなくてどうする?!と叱咤激励を受けた。
東京という被災地に近い立地にも関わらず、支援態勢が整っていない事に悔しくて唇を噛んだ。
士協会の被災地支援に関する課題が浮き彫りになった気がした。


3日目の翌朝、東京へ帰る前にさらに深く被災地を視察することにした。
<石巻市日本製紙工場付近>
d0061857_2145548.jpg
コンテナが横倒しになり、線路も大きくゆがんでいる。


<石巻港付近>
d0061857_21464399.jpg
高低差1m以上の地盤沈下があった。


<石巻市大街道東>
d0061857_21371432.jpg
あまりの酷さに言葉を失う。


d0061857_21375668.jpg
街全体が瓦礫で埋め尽くされ、まるで空襲でも受けたかのようだった。


d0061857_2139761.jpg
何もなくなった街を黙々と歩いた。
周囲は臭気に満ちており、ハエが異常に発生していた。


d0061857_21401252.jpg
生活の足跡が当然にあった。子供用品を見て涙が出そうになった。


d0061857_21411913.jpg
僕ごときに何ができるというのか?
何度も心が折れそうになった。


d0061857_2203735.jpg

電柱には僕の身長をよりも高い位置に、肥料工場から流れ出た肥料の袋がそのまま突き刺さっていた。
津波の恐怖を改めて感じた。
見るもの全てが信じがたい光景だった。
「なぜ僕がここにいるのだろう?」
思わずそう思ってしまいながら、瓦礫の中を革靴で歩き回った。


帰途に付く頃、ようやく我に返る。
「もし、今、首都直下型地震がきたら。」
「僕達はどうなるのか。」
強くそう思った。
残念ながら、東日本大震災をなかったことには出来ない。
専門家、国民として出来うる支援を惜しむことがあってはならない。
そして、首都である東京にいる僕達は多くを学び、備えなければならない。
課題は山積している。
強い思いを胸に東京へと帰った。




次回は、震災から5ヶ月を経過した宮城県仙台での協議会の様子をお伝え致します。


不動産鑑定士  佐藤麗司朗


活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-08-19 22:07 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)

(2日目)被災地における復興協議会(福島)

活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんばんは。
昨日に引き続いて2日目の福島における協議会の様子をお伝えします。

早朝より「はやて」、「やまびこ」を乗り継ぎ現地入りします。
d0061857_1942103.jpg
この日も朝から暑かったです。


会議の様子です。
d0061857_19434320.jpg



福島県復興ビジョン(素案)
d0061857_19441466.jpg
会議に当たって冒頭「3.11以降、多くの専門家、学識経験者が宮城・岩手に支援へ向かったが、福島だけは素通りされた。ようやくやってきてくれた。よく来てくださった。」とお話がありました。
胸をえぐられる思いがしました。
確かに、放射能という目に見えない恐怖に対して情報が錯綜し、支援活動としては出遅れた感が否めません。


計画案及び現状に対して、会議での報告・課題・提言の主なものをまとめると
(1)福島県は地震・津波による被害に加え原発の問題がある。復興を考える上では如何に原子力問題を終息させるかに尽きる。福島県外に流出している県民の2%(40,000人)を超える流出がある。
三宅島のケースでは、離島して戻ってきたのは6割。多くても7割と言われている。
県外避難者(原発30km圏内)の人たちは帰る場所を失って漂流している。さらに30km圏外の人達は義捐金も東電の仮払金も受け取れずに深刻化している。
県外に避難している母子と県内で仕事している父という、二重生活も問題化しており、生活費の目途がつかない状態を作り出している。
(2)復興ビジョンについては英語版が作成されており、世界中に配布することで少しでも福島に対する正確な情報を発信していきたい。
(3)環境省としては汚染ガレキを県外に持っていくのは困難であるとして、最終処分場を福島県下につくりたいと考えている。まさに「泣きっ面に蜂」のような方針。
しかし、脱原発を目指すのであれば操業停止した54の施設の解体等を行うはずであるし、それは福島県だけの問題ではなく、日本全国の問題として考えるべきである。
(4)福島労働局によれば4.8万人の失業者がいるとのこと。
(5)7月目途に14,000戸の仮設住宅への入居がなされる。民間住宅借上げの家賃補助制度により、力のある働き盛り世代や子育て世代はこの制度を利用している。結果として仮設住居については高齢者のみが利用する構図が浮き彫りになっている。
(6)14,000戸の仮設住宅のうち4,000戸は、雇用確保の観点から県内建設業者へ発注している。
県は新たに2,000戸程度を発注する予定である。
プレハブは結露が酷いため、県内産の木材を使用したログハウスによる住宅が取り入れられている。
分解しやすく、木材による仮設住宅は役割を終えた後も2次利用が可能。
(7)東京のグランドプリンスホテル赤坂へ避難した者(いわき市からの避難者が約半数を占めており、いわき市の大半は30km範囲外で、いわゆる「自主避難者」が多い)を対象にした調査結果では60%が「帰りたい」と回答している。避難せずに福島のために留まっていた者たちは、県外へ避難した者たちを認めてあげる必要がある。避難したことは決して罪ではない。
(8)過疎地帯と原発誘致の関係。収入の65%を原発に依存しており、東京電力が雇用を支えていたという自治体もある。今後新たな雇用創出という大きな課題。
(9)会津地方、中通り、浜通りという3つに分かれ、福島県内でも県民意識が統一できていない。
(10)日本の内部被爆に対する安全基準が疑わしい。ドイツが公表している安全性の基準値と大きく異なる。
放射線で健康への影響が出るのは、内部被爆と外部被爆を合わせ生涯で100ミリシーベルト以上と発表されている。食品について500ベクレル以上は出荷停止となっており、満たない場合は市場に出回っている。
県に居住する者は、スーパーへ行っても値段の高い県外のものを購入しづらく、選択の余地がないのである。


福島県での議論は尽きることはありませんでした。
そんな中で、不動産鑑定士からも誇らしく、頼もしい報告がありました。
d0061857_20375583.jpg
福島県不動産鑑定士協会震災復興対策室事務局長の石田英之先生です。
福島大学放射計測チームと連携し、地価調査基準地の線量測定を実施したのです。
また、震災後の不動産市場動向についても独自のアンケートを実施し、調査結果を公表しています。

(社)福島県不動産鑑定士協会の公式ブログはこちら!!
http://ameblo.jp/fkantei/


ゴールデンウィークに被災地視察した折、仙台で福島県不動産鑑定士協会小橋会長とお会いして「不動産鑑定士の役割」について熱く語る機会がありました。本当に行動が早く、有言実行してくださいました。
福島県鑑定士協会の皆さん。震災後初めて、僕は不動産鑑定士について誇れる思いがしました。
ありがとうございました。


僕の母方の親類は福島におり、母の墓も須賀川市にあります。
震災後、墓石は倒壊し骨壷までむき出しの状態でした。
埋葬しているお寺も被災しました。
3.11をなかったことにはできません。
ようやく復興ビジョンもできあがりました。
共通する思いは「安心して戻ってこれる美しい福島に!」です。
All Japanで戦後初の危機に立ち向かいましょう。
僕も微力ながら活動していきます。


会議が終わって夜の街に出ると
d0061857_2104524.jpg
七夕の「わらじ祭り」が行われていました。


若者たちの熱気と子供たちの無邪気な笑顔に「復興の息吹」を感じました。
d0061857_2124085.jpg




共に乗り越えましょう!
真心こそ、すべてのすべて!


不動産鑑定士 佐藤麗司朗



活動範囲は全国!池袋で歯を食いしばる不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-08-12 21:03 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)

(1日目)被災地における復興協議会(岩手)

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんばんは!
連日のうだるような暑さにバテ気味です(;´д`)
先週の金曜日(8月5日)から今週の月曜日(8月8日)まで、被災3県における会議へ出席してきました。

目的は
(1)地元大学の教授等の学識経験者&専門士業
(2)東京の災害復興まちづくり支援機構の学識経験者&専門家(僕はココ)
(3)阪神・淡路大震災の折、活躍した学識経験者&専門家
が一同に集い、策定された各県の復興ビジョン、現在直面する課題や復興の具体的な道筋について協議するというものです。


まずは岩手県盛岡。
d0061857_20583312.jpg



到着後、協議会までに時間があったため、地元大船渡市出身の佐藤隆雄さん(技術士)に案内を頂き、盛岡市内を少し回りました。
d0061857_2112739.jpg
盛岡城址近くの桜山神社にある烏帽子岩。
「お守り岩」として今から400年以上前からこの地を守っています。


盛岡城址には石川啄木の歌碑がありました。
d0061857_2163628.jpg

「不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心」
学校サボって、この城址で寝転んで、空を見上げてたんですね(o^∇^o)
歌碑の書は金田一京介博士だそうです。


盛岡地裁にある天然記念物、石割桜。
d0061857_2124108.jpg
本当に割れてます((((゜д゜;))))
岩の割れ目から枝を伸ばし、360年以上もの間さくらの花を咲かせ続けている。
今の日本にはこの強さが必要ですね。


会議の様子です。
d0061857_2127498.jpg



岩手県東日本大震災津波復興計画復興基本計画(案)
d0061857_21321792.jpg
計画案に対して、会議では報告された課題の主なものをまとめると
(1)専門用語ではなく、できる限り県民にわかりやすい表現にすべきである。
(2)被災市町村、県、国のいずれの責任で行うべきか不明確であり、細かいところは市町村任せの計画。
(3)岩手県のPR文書のような美辞麗句が並べられているが、沿岸地域の震災前の概況を把握しているとは思えない。
(4)計画案の復興期間が概ね6年以内とされているが、6年間もの間、収入を得られる見込が立たなければ住宅を再建するどころではなく、生活にも困窮する。
(5)「山は海のパートナー」大規模開発で森林伐採が行われれば、土砂が川から海に流出し、養殖場として使用することが不可能となる。
そのほか「被災者台帳システム」の整備・運用について、行政のみが集積していて果たして活用できるのか、民間との分業が必要ではないかとの意見がありました。
この「被災者台帳システム」は被災者の情報を共有するための基盤システムで、生活再建のための支援を効率的に行うことが目的です。ただし民間に運用を委託して個人情報の管理ができるのかという疑問が残ります。
被災企業等の事業再開のため、既存の債務を買い取る1兆円ファンドについても再検討されました。


懇親会では、岩手県不動産鑑定士協会の大下会長ともお話させて頂きました。
岩手県の同志が抱える問題、現状について意見を伺うことができました。
東京の不動産鑑定士として、支援を惜しまないことを伝え、握手でお別れしました。


この日の宿泊は、つなぎ温泉南部湯守の宿『ホテル大観』でした。
d0061857_2143127.jpg

この翌朝早くから福島に入る予定であり、しばしの時間温泉に浸かって、移動と会議の疲れから開放されました。


次回は、福島での協議会の様子をお伝え致します。



行動する不動産鑑定士 佐藤麗司朗



仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-08-11 21:51 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)

第3次事務所南国化計画

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


マンゴーを頂きました。
d0061857_19234166.jpg



ということで、またしても南国化計画にチャレンジします。

一昨年、発芽の気配すらせず失敗。→第1次

去年は発芽には成功するも、大きくなるまでは至らず。→第2次

三度目の正直なるでしょうか。

乞うご期待。


なにより、

長嶺さん。おいしそうなマンゴー有難うございます。


つじ


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-08-08 19:27 | 辻 樹(鑑定士勉強中) | Comments(0)

宅建ホームページリニューアル

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ



宅建のホームページをリニューアル致しました。
新しいページはこちら!http://www.tukasa-rea.com/
d0061857_1911388.jpg

以前は住居、店舗、事務所、賃貸、売買、エリア問わず全て掲載しておりましたが
池袋、新宿エリアの店舗、事務所をメインに変更しました。
ホームページしか掲載しない物件も多数ありますので
池袋、新宿で店舗、事務所をお探しの方は是非ご覧いただければと思います。
宜しくお願い致します。

肥田 



仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-08-04 19:20 | 肥田 匡志(宅建主任者) | Comments(0)

冒険に出たくなるところ

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ



先日ついに行ってきました。

d0061857_2041487.jpg

冒険者の憧れ。「ルイーダの酒場」


「ルイーダの酒場」とは、ゲームのドラゴンクエストに出てくる
一緒に旅する仲間を集める場所です。

そこをモチーフにしたお店に行ってきました。
なので、ドラクエを全く知らない人はすみません。



場所はアリアハン。


まで行く必要はなく、


六本木駅から外苑東通りを少し歩いたところにありました。


中は思いのほか狭く、十数人入れば一杯になりそうなくらい。

d0061857_20431023.jpg


土日に行く場合は要予約な感じです。


壁には、

d0061857_20442585.jpg

天空の剣と


d0061857_20444334.jpg

ロトの剣。

これだけでテンション上がってしまいました。


店内は歴代ドラクエのゲーム中の音楽が流れ続け、懐かしさがこみ上げます。

メニューもゲームにちなんだもので、

価格は全てG(ゴールド)表記です。(1G=1円)。


d0061857_20451732.jpg

ギガンテスの棍棒とか、


d0061857_20455238.jpg

マドハンドカレーとか、


ドリンクは呪文や道具から

d0061857_20493112.jpg

マヒャドクーラーとパルプンテウォッカ

最後に、

d0061857_20535887.jpg

世界樹のしずくとエルフの飲み薬。

このレアアイテムがなんとそれぞれ500ゴールド。


メニューの数自体は少ないですが、いろいろ考えられてて楽しめました。


今回はお腹一杯になり食べれなかった
d0061857_21235.jpg

スライム達(肉まんとあんまん)。



帰る時、じゃなくて旅立つ時には、冒険の書(スタンプカード)をもらいました。


データが消える前にまた行かなければ!


つじ



仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-08-01 21:41 | 辻 樹(鑑定士勉強中) | Comments(2)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea
プロフィールを見る
画像一覧