仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


敷引き特約とは、
賃貸住宅等の契約で賃貸人が入居時に支払われた敷金の中から、
契約終了時に一定額を差し引くという特約をいいます。

東京の賃貸住宅ではあまり馴染みがないですが、
関西ではある程度慣行となっているようです。

その敷引き特約の有効性をめぐる訴訟で、先日、最高裁の判決が下されました。
平成23年03月24日 最高裁判所第一小法廷 判決

訴訟の内容は、
京都市で住宅を借りた賃借人が、退去時に保証金から敷引金が差し引かれて返還されたことに対して、通常損耗の補修費用は賃料に含まれるものであり、この費用を賃借人に負担させる敷引き特約は賃料に加えて二重の負担となり、消費者利益を一方的に害するものであるから、消費者契約法10条に照らして無効であるとして、返還されていない保証金の支払を訴えていたものです。

その契約内容は、
月額賃料9万6000円、保証金40万円、共益費1万円。
契約期間は2年で、更新時に更新料として家賃の1ヶ月分。
賃借人は1年8ヶ月入居し、
賃貸人は退去後に保証金から敷引き金21万円を控除した19万円を返還。
契約書には入居期間の長さに応じて、18万円から34万円までの敷引き額が明示されていました。


下級審では、1審、2審とも原告側が敗訴、敷引き特約の有効性を認めていました。

そして迎えた、最高裁の判決は、

上告を棄却、

敷引き特約の有効性を認め、

賃借人の敗訴が確定しました。


ここで改めまして、

消費者契約法10条とは、

「民法等の法律の公の秩序に関しない規定(任意規定)の適用による場合に比し、消費者の権利を制限し、又は消費者の義務を加重する消費者契約の条項であって、民法第一条第二項に規定する基本原則(信義則)に反して消費者の利益を一方的に害するものは、無効とする。」

というものです。


判決文では、

通常損耗の費用負担について、

賃借物件の損耗の発生は、賃貸借という契約の本質上当然に予定されているものであるから、賃借人は、特約のない限り、通常損耗等についての原状回復義務を負わず、その補修費用を負担する義務も負わない。  
としており、

賃料で回収するのが通常である通常損耗の補修費用を賃借人に負担させる特約は、

消費者契約法10条の
「消費者である賃借人の義務を加重するもの」であるとしています。

その一方、

消費者契約法10条の後半部分
「信義則に反して消費者の利益を一方的に害するもの」かどうかの判断については、

賃貸借契約に敷引特約が付され、賃貸人が取得することになる金員(いわゆる敷引金)の額について契約書に明示されている場合には、賃借人は賃料に加え、敷引き額についても明確に認識した上で、契約するのであって、賃借人の負担について明確に合意されている。

そして、

通常損耗等の補修費用は、賃料に含ませてその回収が図られているのが通常だとしても、

これに充てるべき金員を敷引金として授受する旨の合意が成立している場合には、その反面において、上記補修費用が含まれないものとして賃料の額が合意されているとみるのが相当であって、敷引き特約によって賃借人が通常損耗の補修費用を二重負担するということはできない。
とされました。

つまり、今回の件は、
敷引金の額及び敷引金を通常損耗の補修費用に充てることが契約書に明記されているので、賃借人は敷引き金を支払うこと、敷引金が通常損耗の補修費用に充当されることは認識して契約しているはずである。
ということは、
通常損耗の補修費用が賃料に含まれていることが通常であるけれど、
敷引金を通常損耗等の補修に充てることで合意が成立しているのだから、
当該契約の賃料には補修費用は含まれていないと解釈すべき。ということでしょう。


さらに、
補修内容にかかわらず敷引き額を一定額としていることは、通常損耗の補修費用がいくらかをめぐる紛争を防止する観点からあながち不合理な契約とは言えず、敷引特約が信義則に反して賃借人の利益を一方的に害するものであるとはいうことはできない。

その上で、今回の敷引き契約は、入居期間に応じて月額賃料の約2~3.5ヶ月分に留まっており、更新時に必要になる更新料1ヶ月分を除けば、礼金等の支払もないことから、敷引き額が高額に過ぎるとは言えないとして原告人の訴えを退けました。


家賃相場が分からないので、なんともいえないところはありますが、
礼金、敷金がそれぞれ2ヶ月程度と考えれば、高すぎるわけではない気がします。

でも、この契約では5年以上住むと敷引き額は34万円(月額賃料の約3.5ヶ月分)になってるので、
そうなると若干高く感じる気もしますが。。


今回の判決では、敷引き特約の有効性が認められましたが、

敷引き特約全般について、

消費者契約法に違反せず有効とするものではもちろんありません。

判決文には、

消費者契約である居住用建物の賃貸借契約に付された敷引特約は,当該建物に生ずる通常損耗等の補修費用として通常想定される額,賃料の額,礼金等他の一時金の授受の有無及びその額等に照らし,敷引金の額が高額に過ぎると評価すべきものである場合には,当該賃料が近傍同種の建物の賃料相場に比して大幅に低額であるなど特段の事情のない限り,信義則に反して消費者である賃借人の利益を一方的に害するものであって,消費者契約法10条により無効となると解するのが相当である。

とあり、
敷引き額が高額すぎると判断される場合は、無効になることもあるとクギがさされています。


それにしても、敷引きといい、更新料といい、この手の裁判はほとんど関西ですね。

ちなみに、東京都では賃貸住宅紛争防止条例が施行されていて、
退去時の原状回復や入居中の修繕の費用などについて、
宅建業者は説明及び書面の交付を義務付けられています。

そして、その基本的な考え方を示した賃貸住宅トラブル防止ガイドラインというものがあるのですが、

そのガイドラインでは、

経年変化、通常損耗の補修は貸主負担、借主の故意・過失などで生じた損耗は借主負担が原則としています。

また、
貸主と借主の合意により、原則と異なる特約を定めることができるとしていますが、
通常の原状回復義務を超えた負担を借主に課す特約は、内容によっては無効とされることがある。

としています。

結局のところ、敷引き特約に限らず、通常損耗の補修を借主負担とする特約について、
一概に有効か無効かを判断することはできず、契約条件によるということになります。


いずれにしても、敷金の精算や原状回復費用については、契約時にしっかり確認しておくことが重要です。





仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-04-20 18:25 | 辻 樹(鑑定士勉強中) | Comments(0)

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんばんは。気がつけば深夜。。。
震災以来、あっちゃこっちゃ飛び回っていますが、少し疲れが出てきました。
昨日は、東京の10士業「暮らしと事業のよろず相談会」の実行委員会へ出席してきました。
↓東京税理士会館です。
d0061857_2242278.jpg
立派です。代々木駅に程近く、新宿御苑の森に隣接してます。
「10士業よろず」は、専門職業家10団体(弁護士、司法書士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、土地家屋調査士、行政書士、中小企業診断士、弁理士、そして我らが不動産鑑定士)で構成され、暮らしや事業に関する相談に無料で応じるというもの。
例年は弁護士会館で、昨年度より新宿駅西口広場イベントコーナーで年に1度開催されます。


首都東京への避難者は今後も増え続ける可能性があり、また被災地に親族がいる東京都民は数多くおられることでしょう。
本年度は、未曾有の大災害の半年後である9月11日に開催予定ということもあり、被災者の方が現実を直視した後の、深刻な相談内容になることが想定されます。
そこで、同じ10士業を含む13士業18団体と学識経験者で構成された「災害復興まちづくり支援機構」とガッツリと手を結んで、強調して動こうという話にまで、ようやく漕ぎ着きました。
先日行われた「支援機構」の臨時運営委員会には、10士業よろずの実行委員長をお招きし、支援機構サイドでは全会一致で協調行動について承認を得ました。
(その時の様子はコチラ)
今回はその逆で「支援機構」の代表メンバーを「10士業よろず」の実行委員会にお招きしたのです。


ここまでは良かった。


会議の様子。
d0061857_2492025.jpg
昨日は災害復興まちづくり支援機構から菊池代表委員と中野事務局長のご両名に会議へ出席して頂きました。
僕は会務により、よろず相談事業と支援機構の活動を兼務し、その両方に多くの知人ができました。
この人たちを結び付ければ、とても大きく意義のあることができると思い立ったのです。
広報活動の一環としてできあがった「10士業よろず」の活動を、真に実のある相談会へと昇華させたいと考えています。
また、首都直下型地震を想定してできあがったものですが、日本最大規模の団体である「災害復興まちづくり支援機構」を、必要な政策を提言できるような実行力のある組織にしたいと考えています。
それは、現場にいない学者たちが「絵に描いた餅」ではなくて、各士業による無料相談会等を通じて、被災者の方から直接寄せられた疑問、制度上の矛盾、法律の穴を埋めるための具体的かつ実行力のある政策でなければなりません。
そのためには予算を圧縮し、相談会の開催頻度を高め、より多く方たちから生の声を聞く必要があります。
たった1回の相談会で数百万もかける必要などないのです。


しかし、前年度までの相談方法の踏襲であったり、担当幹事会の負担増等を理由に、頭で描いていた活動の半分もできそうにないのが現状です。。
会には会の事情がある。団体の設立趣旨が違う。
そう言われてしまえばそれまでなんです。
各士業は単体でも義捐金を集め、相談会を開催するなどしていますが、バラバラの支援ではなくて、大きな力となって支援するべきだと僕は考えています。
高度成長を経て、追い越せ追い抜けで先進国となった日本。
被災者の方たちはこれからの生活を前に底知れぬ不安と戦っています。今まで当たり前にできたことが、まったくできない状態なのです。
明日以降、何をどうすればいいのか、道筋も見えていません。
被災地の復興が長引けば、日本の経済も立ち行かなくなるのです。
おじいさん、お父さんたちが必死に創り上げた日本の豊かさ、国際競争力が、危機に瀕しています。日本の惨状も世界経済の中にあって、その余波は計り知れないのです。


未曾有の大災害を前にしたとき、被災者を前にしたとき、いわば各士業の枠組みを取っ払って大きく手を結び、本当に必要なことを政府に伝えていかなければならないのではないか?
どこに、これだけの専門家たちが集まっているというのか。
この団体がやらなくて、どこの団体が政府にモノを言えるのか。
熱苦しいのを承知の上で、会議では発言を繰り返し、夜の懇談会でも根回しに奔走するものの、思いのほか進まず、もどかしくてもどかしくて悔しいです。
具体的な活動について課題が山積しています。
やはり、大きな団体同士をくっつける。
いわば、専門士業の「薩長同盟」はまだまだ道のりが遠いと思いました。
「いや。佐藤君のおかげで大きな一歩を踏み出してるよ。」と言ってくれる人もいます。
でも、僕は納得していません。
次の実行委員会までにはある程度の形を。
支援機構の方でも発言を絶やさず、情熱の火を燃やし続けたいと思います。


今回の震災では人の命はもちろん、土地・建物が壊滅的なダメージを受けました。
そんな中にあって、不動産(土地・建物)の経済価値を判定することを独占業務とする不動産鑑定士も、国民のために沢山の汗をかかなくてはならないと思います。
その想いだけを胸に「何ができるのか?何をすべきなのか?」を考えながら情報収集し、目の前のできる事をこなしています。
多少の障害があったとしても日本人として、専門家として、乗り越えなければなりません。
もし、「支援機構」も「10士業よろず」も形だけの活動で、実のないものならば、僕はキッパリとこの活動から身を引きたいと思っています。
私ごとですが、母の故郷は福島県で、母方の親族も福島県におります。
母の墓も倒壊し、骨壷がむき出しになっているそうです。
いまだ余震が続く中、他の墓もすべて倒壊し、寺の損壊もあるので、単独での建て直しはできない状況でいます。
ビニールシートで骨壷を覆っているだけで、それ以上のことを何にもしてやれません。


明日は「豊島区」の無料相談会に出撃します。
d0061857_373140.jpg
これは地域版のよろず相談会で、各区の在住・在勤者を対象にした他士業合同相談会です。
豊島区のほかにも板橋区、北区、渋谷区、足立区でも開催しています。
本日は「板橋区」の相談会(10月開催予定)準備会に出席し、明日行われる「豊島区」相談会の63枠すべての予約が埋まったと伺いました。
予約簿を見てみると、やはり震災に絡んだ相談内容が多く見受けられました。
実は、明日の豊島区相談会に「東京の10士業よろず」の実行委員長たちをお招きしています。
僕の知る限り、最も効率的な他士業合同による相談会を視察して頂き、「東京版」でもその仕組みの一部でも取り入れて頂きたいと思っています。
明日(すでに今日)も全力で頑張ってきます。


不動産鑑定士 佐藤 麗司朗


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-04-16 03:55 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(6)

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


先日、味の素スタジアム(東京都指定避難所)の無料相談会に行ってきました。
d0061857_1936100.jpg
この日(4月5日時点)の受け入れ状況は54世帯、130名。
都営住宅等の抽選もはじまっており、200名ほどいた避難者の方も少しずつ減っているようでした。


掲示板の情報も、東京武道館同様に充実しています。
d0061857_112878.jpg
施設内にトレーニングスペース、リラクゼーションスペースが設けられ、ヨガ教室の受講や健康体操、マッサージが受けられます。


配給ブースはこんな感じです。
d0061857_1174244.jpg
当初から受け入れを表明したこともあって、避難されている方たちも施設に慣れており、リラックスできている印象を受けました。


相談ブースです。
d0061857_1184399.jpg
配給ブースと大画面テレビの近くに設置され、気軽に利用できる配慮がなされています。


会場を切り盛りされている多摩パブリック法律事務所の上條先生と。
d0061857_1214577.jpg
豊島区の無料相談会等でもご一緒させて頂いており、当日は担当日でないにも関わらず、施設内をご案内頂きました。
インターネット、電話を駆使して、相談者に対してきめ細やかな対応をなさっていました。
親しみやすい口調で敷居の高さも感じさせません。
相談に長けた素晴らしい対応でした。


相談ブースを設けても、避難者の方たちは遠慮がちです。
むしろ喫煙所でタバコを吸っている時などに、腕章等をみて相談をされるケースもあります。
僕が喫煙所で相談を乗った方は「あと10分出るのが遅れていたら、津波に飲み込まれていたかもしれない」と当時の様子を教えてくれました。
お話を伺っている時に、都営住宅の抽選が当たった知らせが届いて、一緒になって喜びました。


相談会終了後、南相馬市からこちらに避難されている弁護士と一緒に帰りました。
その週末には30km圏内に戻り、通常どおり執務すると言っていました。
ちなみに彼の実家は東京都練馬区。自ら司法過疎地に乗り込み、地域のために尽力しているという。
そんな彼の奥様は現在妊娠中。7月に出産予定とのこと。
「必ずまた逢いましょう。僕も出来ることを頑張ります!」
お別れする時、思わず握手してしまいました。
この震災の復興が一段落したら、是非お会いしたいです。


まだまだ余震も続き、放射能の問題も解決には時間がかかりそうです。
避難が長期化するにつれ、生活環境はもちろん、雇用や賃金等の労働問題も刻一刻と深刻になります。
ニュースによれば、30km圏付近の賃借重要が増えているようです。
職場への通勤を考えて、危険を承知でやむなく借りているとのこと。
原子力発電所の鎮静化はもとより、人類がかつて経験したことのない市街地における放射能との戦い。
「東京電力が悪い!」
「震災だから東京電力も被害者なのだ!」
「菅総理が悪い!」
「民主党が悪い!」
そんな議論はどーでも良ろしい!


嘆くだけ、弱音を吐くだけ、愚痴を吐く段階はおしまいです。
抱いてしまった不安を払拭する抜本的な問題の解決を、復興の道筋を、
日本として、政府として示さなければなりませんね。


不動産鑑定士 佐藤麗司朗



仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-04-14 01:58 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)

春来たる

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


東日本大震災から1ヶ月が経ちましたが、

未だ大きな余震が起きており、落ち着かない日々が続いております。

今日も福島でマグニチュード7を超す地震があり、

東京でもそこそこ揺れましたが、

7日の宮城沖の地震に至ってはM7.4で、

規模の大きさでは、阪神大震災のマグニチュード7.3を上回ってるんですね。

もはや余震ってレベルではないです。


そんな中でも、

d0061857_139252.jpg



春は来ます。


復興にはかなりの時間がかかると思いますが、


再建の日は来ます。


つじ


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-04-12 01:43 | 辻 樹(鑑定士勉強中) | Comments(0)

同窓会

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ





東日本大震災から1ヶ月近くが経ちました。
数日前にも大きな余震があり
原発問題も含め終わりが見えない状況です。

そんな中ではありますが、先日同窓会がありました。
仕事で日曜日がダメな人や
子供がいるので夜はダメな人、
私も休みがなかなか取れず
2ヵ月前くらいから日程調整してましたが
何とか開催となりました。

良く連絡を取っている人もいれば
10年以上会ってない人もおり
とても懐かしかったです。

話題はやはり東日本大震災。
直接的な被災を受けた人はいなかったですが
会社の営業所や倉庫、取引先が被災し
影響が出ているという話がありました。

暗い話題が多い中
震災から2日後に赤ちゃんが産まれた人がいました。
震災直後ということもあり、大変だったみたいでしたが
無事産まれて良かったです。

いろんな話を聞けて
私自身も良い刺激を受けました。

次は何年後になるかわかりませんが
次回も楽しみにしています。


肥田



仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-04-09 13:59 | 肥田 匡志(宅建主任者) | Comments(0)

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんにちは。
今日の東京もポカポカ日和ですね。
お昼に出てもついつい桜を観にフラフラ歩いちゃいます^^


先日、国土交通省の「地価公示制度に関するワーキンググループ」に出席してきました。
第一回については連絡調整がうまく行かず出席できなかったので、今回が初参戦です。
d0061857_1433302.jpg
このワーキンググループは、従来より国土交通省地価公示室と日本不動産鑑定協会地価調査委員会が連携して進めている事項について、総まとめ的な役割を担うものです。
地価公示室長より「内閣官房的な役割、一段高い立場から見ていって欲しい」とのお話がありました。


d0061857_1436769.jpg
都庁でのシンポジウム開催の折や、地価公示評価員として国土交通省とは関わらせて頂いておりましたが、特別会議室に通されての会議出席は初めて^^;
しかも第一回を出席していないこともあって、ワーキンググループの経緯的な質問も多数してしまいました。。。。
あとから大先輩に言われましたが「思っていても誰も質問したことはないことだった」「ドンドン発言せよ」とのこと。
ほっと一安心。


このワーキンググループは大きく分けて(1)統括チーム、(2)分科会活性化チーム、(3)新手法チーム、(4)企画チームの4つに分類され、日本全国の不動産鑑定士がそれぞれ担当しています。
このうち僕は(1)統括チームにいます。
(1)統括チームの役割としては、不動産鑑定士が公示作業において用いている業務実施の手引きの改正、地価公示の新たな開示方法について検討、公示作業を行っている評価員への改正内容の周知です。
また(2)~(4)の各チームにおいて検討されている具体的な内容について検証していく役目もあります。
僕が検証を担当するのは、(4)企画チームのうち通称「新スキーム」に関するものとなりました。
検証を行うためには、企画チームの会議のほか、各チームリーダーで行われる会議にも出席し、内容を十二分に理解する必要があります。


地価公示制度は、相続税路線価、固定資産税評価へも繋がる土地行政の根幹をなすものです。
すべての検討事項が重畳的に関連しているので難易度は非常に高く、検討された結果はすべての不動産鑑定士を通じて国民へと影響を与えます。
大任ですが、怯むことなく突き進むしかありません。
微力ながらこの佐藤麗司朗、不動産鑑定士として一生懸命頑張りたいと思います。
このワーキンググループへの就任をもって、日本不動産鑑定士協会の地価公示委員会専門部会にも所属することになるようです。
いま現在、心血を注いでいる東京都不動産鑑定士協会の諸活動、災害復興まちづくり支援機構における諸活動との兼任になりますが、全力で行きます!


ちなみに
d0061857_1451171.jpg
霞ヶ関もしっかり節電しています。
会議中も暖房はついておりませんでした。
よく「政府や公務員だけ電気使い放題なのか?!特別扱いなのか?!」だなんて囁かれていますが、政府関係者は自ら律して節約に励んでいます。
計画停電の対象となっていないエリアの方も、節電にしっかりご協力ください。




不動産鑑定士 佐藤麗司朗



仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-04-06 15:18 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんにちは!今日の東京はぽかぽか日和ですね♪
東京に漂う閉塞感をぶっとばせ!
自粛モードを打開して経済に活力を!
ってことで、明るいニュースをご紹介します♪


たとえば
d0061857_1335481.jpg
スカイツリー!
震災にもめげず3月18日には武蔵の国=634mまで高さを伸ばしました。
電波塔としては世界一!
人口建造物としては、ブルジュ・ハリファに次ぐ世界2位の高さです♪


おすすめは、浅草まで足を伸ばして
d0061857_1365858.jpg
浅草寺の五重塔とスカイツリーとのツーショット!


賑わいを絶やさない仲見世
d0061857_1375486.jpg
美味しいものを食べ歩くのもお忘れなく^^


しかーし、いま一番東京で熱いのは!
タイトル通り!!「力力(リーリー)」と「真真(シンシン)」でしょ!
d0061857_13125356.jpg
桜も開花して今週末あたりはとっても見頃のはずです♪
この日はあいにくの曇りでした^


この行列はすべてパンダ様を観るため!^^
d0061857_13134664.jpg
上野動物園でパンダを公開するのは、実に3年ぶりです。
1時間ほど並ぶと聞かされていましたが、実際は20分程度でした♪


パンダのリラックスぶりに癒されますょ!
d0061857_13163597.jpg



ひっくりかえっても寝てる!(笑)
d0061857_1318395.jpg



僕の位置からは、どちらがリーリーで、どちらがシンシンなのかわかりませんでしたwww
d0061857_13184373.jpg
東日本大震災の被災者の方は、4月10日まで上野動物園に無料で入園できます。
愛くるしいパンダを観ることで、少しでも心を癒してもらえたら。


ところでリーリーとシンシン、年間7,800万円で10年を期限として中国から借りています^^;
日本の笑顔のため、無償で譲って頂けないのでしょうかね。。。


そうそう!池袋の西口にも新しい顔がヽ(^。^)ノ
d0061857_1325324.jpg
池袋へいらした際は、美味しいものを食べながら、ふくろうを巡る散歩もお勧めですょ!


不動産鑑定士 佐藤 麗司朗


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-04-05 13:34 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(2)

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんにちは。今日も元気に?休日出勤しています。
最近、色んなことを考えながら走るような日々を送っています。。。


今日は先日行ってきた東京武道館の避難所について書きたいと思います。
d0061857_14293935.jpg



東京武道館の受け入れ状況は3月30日時点で125世帯、288人でした。
d0061857_14324034.jpg
やはり福島県の原発からの避難者の方が多かったです。東京ビッグサイト同様に4月中旬までしか受け入れていません。
東京都は赤坂プリンスホテルでの受け入れを公表しましたが、解体工事が始まる前の3ヶ月間(4月1日から6月30日まで)を利用期限としています。
約700室最大で1,600人ほど収容が可能とのこと。
いつ帰宅できるかわからない被災者の方を国策として安定的に受け入れる必要があります。
解体日を延期する等の措置を考えても良いのではないでしょうか。


掲示板は、東京ビッグサイト以上に支援がある様子を伺わせます。
d0061857_1440059.jpg
東京ビッグサイトは後発して開発された臨海エリアですので、オフィスビル、大規模商業施設はあるものの、近隣に住民は少ないです。
一方、東京武道館は周囲に住宅地、近隣商業地が併存する環境なので、地元住民と商店街による支援が手厚いです。
ママさんたちは一緒に遊ぼうとお誘いしてくれてます。カット無料でサービスを提供する美容室、食事会を企画する町内会もありました。


物資の配給ブースです。
d0061857_14433474.jpg
避難されている方が東京ビッグサイトに比べて多いので、衣服等についてやや不足している印象を受けました。
まず第一に食事、避難生活が長期的になるにつれ衣類、住まいといった総合的な支援が必要になります。


僕が訪問した当日、天皇皇后両陛下による行幸啓が行われました。
d0061857_14455889.jpg
入口でのセキュリティが慎重であったことに納得致しました。
この後、豊島区の現庁舎移転跡地を中心とした「まちづくりを考える会発足式」に出席しなければならず、お会いすることはできませんでした。


よろず相談の受付です。
d0061857_14484735.jpg

ボランティアで協力してくれている学生さんが子供たちと仲睦まじくしています。
いきなり「なんでも相談をうけます」とやったところでなかなか相談しにきづらいもの。
平常時と違ってこのような非常時では、被災者の方々も知りたいと思うことが今日、明日といった生活に直結することが中心です。
避難当初は個別具体的な相談というよりも、被災者の方々とコミュニケーションしながら悩んでいることを少しずつ聞き出すという段階を経ます。
情報が整理されてくると現実的な相談も少しずつ増えてきます。


当日担当をなさっていた弁護士の先生方と
d0061857_1455519.jpg
向かって一番左の先生が北千住パブリック法律事務所の竹内先生。
1月に開催された足立区の地域合同相談会でご一緒いたしました。
ここ東京武道館では北千住パブリック法律事務所の所属弁護士を中心に、弁護士会を通じて多くの弁護士が積極的に関与なさっています。
一番右の上柳先生は、東京大学大学院法学政治学研究科で客員教授をなさっています。


豊島区役所での会議を終えた後、参加した災害復興まちづくり支援機構の運営委員会の様子です。
d0061857_1459202.jpg
災害復興まちづくり支援機構は、首都直下型地震を想定して東京都と協定を結んだ14士業19団体に学識経験者を加えた日本最大の専門家集団です。
この未曾有の大災害に対して支援機構として何ができるか、何をしなければならないかを各士会と話し合いました。
この日は、東京都の10士業よろず相談会の本年度実行委員長である税理士の小高先生を交え、災害復興街づくり支援機構と10士業よろず相談会、東京都との共催による一大相談会についても了承されました。
現段階ではあくまで支援機構の最高議決会議で承認されたにすぎません。
次は支援機構のメンバーとともに、10士業よろず相談会に乗り込み、10士業よろずサイドでも同様の手順を踏んで、実のある活動として具体化していかなければなりません。
道程はまだまだ遠いですが、大きな一歩です。


d0061857_1575544.jpg
100年に1度、1,000年に1度といわれる未曾有の大災害を前に、過去の教訓を学び研究してきた団体と相談事業のエキスパートが手を結びます。
被災者のために、一日でも早い日本の復興のために、すべての有識者が手を携えて総合的な支援を行うべきです。
現実に起きていること、被災者の本当に必要なことを政策提言できる、有名無実でない素晴らしい活動ができるよう、所属している会を通じて自分にできることを毎日一生懸命頑張りたいと思います。


運営委員会にはテレビ朝日のスーパーJチャンネルの方が撮影しにきていたようです。
撮影されていることも忘れて、避難所の様子、熱苦しすぎる僕の思いを訴え続けていました。。。
放送されなければ全て僕のせいです。。
関係者各位に頭が上がりません。。
でもその後、中野事務局長、菊池代表とお話して肩をポーンと叩かれた時、
「わかってくれている!想いは伝わってくれてる!」と感じました。
とても嬉しかったです。



不動産鑑定士 佐藤麗司朗



仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-04-02 15:13 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)