この指とまれ!

こんばんは(*゚▽゚)ノ
本日、無事に法人税・法人事業税・消費税を済ませました。
経営者としては、何だか物寂しい日です(┳◇┳)

この指とまれ vol.3
d0061857_18345223.jpg
NHKふれあいホールギャラリーで開催されます。
春先にライブペインティングで出会った大西里美さんが展示されます。
大西さんはスペイン、中国、韓国でも活躍される現代アート作家で、
偶然にも同じ学年なんです。
12月8日(火)~12月13日(日)、10:00~18:00
入場料はなんと!無料です+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+♡

コンセプトは「地球と子供達の愛ある未来に」
「私達は愛と平和と青い地球と子ども達が大好きです」

d0061857_18435018.jpg
春先に行きつけのギャラリーcafeで行われたライブペインティングの様子です。
書き始めからは何が描かれるか、まったく予想できない。
ギターの生演奏と力強い歌声の中で、絵が即興で描かれていく。
音楽との融合が楽しめました。


d0061857_18442457.jpg
みんなで予想しながらワイワイ、ガヤガヤ。僕の予想は見事にハズれてしまいました。
何て予想してたっけなぁ?(;´▽`A


d0061857_18454287.jpg
左から大西里美さん、池袋の酔っ払い、うたうたい森田智子さん、ギタリスト内田芳伸さん。
大西さんは京都市でSitio Subsueloというギャラリーをなさっています。
詳細はコチラ
お近くの方は是非遊びに行ってみてください!
「カンテイシのサトーのブログみた」って言えば、美味しいラスクとケーキがでてきますよ!(たぶん)

7日は終日研修会なので、レセプションには参加できそうにありません。。。
なんとか8日にはお邪魔できると思います(;´▽`A
お手紙ありがとうございました。


佐藤 麗司朗



↓ ポチっと押して応援してください♪
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2009-11-30 19:11 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(10)

こんばんは(*゚▽゚)ノ
弊社は9月末決算で、明日が申告納税日。いま決算書の見直しをしています。。振り返れば今週も休みなしでしたねぇ(ノд-。)
昨日のブログが我ながら熱すぎて、読み返すと照れるので、函館の続編をどうぞ(笑)
目とアタマが疲れてきちゃったから、ブログを書きつつの作業にシフトして、リラックスモードでお送りします。


翌朝、あまり早起きともいえない時間に目覚めました。
夜遅くにガッツリ食べたこともあって、あまりお腹は減っていないものの、せっかくここまで来たのだから新鮮な魚介類を食い倒してやろうと身体が燃えています(笑)
街並みを見ながら歩いて朝市へ行きました。
d0061857_18422158.jpg
観光客がうじゃうじゃいます。至る所から「お兄さん、食べてってよ!」と声がかかる。

北海道はうめぇ~な~♪
d0061857_1844327.jpg
看板に心が弾みます。何を食べようか物色して徘徊しつづけ


地元っぽい人が入っていったどんぶり屋さんに追従しました。
d0061857_18464973.jpg
市場に程近い、狭い階段を登ったお店で・・・なんて店だったかなぁ(;´▽`A


活イカも注文+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+♡
d0061857_18484415.jpg
函館のイカは透明なのが特徴的。
港に水揚げされたばかりのイカは身が透明なんだそうです。
イカは死んでしまうとすぐに赤茶色になってしまい、さらにその後白く変色するとのこと。
東京辺りで普通食べてるイカってそう言われれば真っ白ですょね(^▽^;)


ピクピク動いてるんですょ( ̄▽ ̄;)!! 写真じゃ表現できないなぁ。
d0061857_18553793.jpg



さぁお腹はパンパンです。水槽で泳ぐイカに睨まれつつ、市場を後にします。
d0061857_18582485.jpg



腹ごなしを兼ねて近場をブラブラします。
d0061857_1902713.jpg
やたらと牛柄のタクシーが目に付きました。
よくみると「GLAYコース」のステッカーが貼ってあります。


さすが地元北海道。GLAYの人気は絶大なようです。
お店にもこんな感じ。
d0061857_193040.jpg
地元を活性化できるアーティストの存在は大きいですね。


かっこいい建物を発見。ん?飲み屋さんかな?
d0061857_195815.jpg
おっ?!


ビール鑑定士だって?!悲しいかな鑑定士の字ずらに反応。
d0061857_21402375.jpg
コーヒー鑑定士にビール鑑定士、世の中いろんな鑑定士がいるもんだ(笑)


金森赤レンガ倉庫に到着。ラビスタからかなり近かった気がする。
d0061857_21404048.jpg
食後にはやっぱりデザートでしょ?
ってことで、花畑牧場のソフトクリーム(^▽^;)
もぅ~しばらくは胃に何も入れたくないです。


ソフトクリームは飲み物ですから、一瞬で散策を続行(笑)
d0061857_19132597.jpg
横浜の赤レンガ倉庫みたいでしょ?安政元年(1854年)にペリー提督が来航して、それから5年ほど経った後、日本最初の貿易港として開港されました。日米修好通商条約によって長崎港、横浜港も同時に開港し、その後に新潟港、兵庫港(神戸港)が開港しました。


異国情緒のある綺麗な街並みです。ロープウェーで登った函館山も望めます。
d0061857_192733.jpg



昼間と夜の違いも楽しみました。上の写真とほぼ同じポイントですょ。
d0061857_20194556.jpg



この建物(BAYはこだて)も
d0061857_1929338.jpg



夜になるとこうなります。
d0061857_19302092.jpg
街全体がイルミネーションであふれています。クリスマスはどんな風になっちゃうんだろぅ?(*゚▽゚)


ペリー提督。すごく偉そうです。
d0061857_21434248.jpg



ちょっと離れるとすごく寂しそうです。
d0061857_19565780.jpg
観光客に「これだれー?マジで受けるんだけどー」と言われていました(´д`*)


イギリス領事館を足早に闊歩し、元町公園へ。d0061857_20164818.jpg
江戸時代には松前藩の藩所や箱舘奉行所が、明治維新後は開拓使函館出張所や函館県庁、函館区役所等が置かれ、常に行政の中心となっていたところです。


旧北海道庁函館市庁舎(有形文化財)の2階には写真歴史館がありました。
d0061857_2081559.jpg
北海道写真発祥の地として貴重な写真機器や資料が展示されています。カメラ女子の長嶺さんなら嬉々としそうですが、僕にはよくわからなかった・・・

二十間坂、大三坂、基坂…。函館には坂がとにかく多いです。
d0061857_20285031.jpg
「全力坂 in 函館」はさすがにトライしませんでしたが(^▽^;)
「チャチャ登り」なんて面白い名前の坂も。
「チャチャ」とはアイヌ語で「おじいさん」のことで、坂を登る時に前かがみに腰を曲げるので老人に似るらしいですょ(*^-^)


ハリストス正教会、函館聖ヨハネ教会、日本キリスト教団函館教会…函館には教会が多い。港町の特徴ですね。
d0061857_20345284.jpg



時期を問わずクリスマスの雰囲気がありますね。
d0061857_2043119.jpg



SWにもかかわらず早くもサンタさんが
d0061857_20433411.jpg
お願い。本当にお願いです。サンタさんのおなかをたたかないで下さい。


ちょっと暗くなってきたぞ。
前編コメントで関羽さんお奨めのカール・レイモン歴史展示館。
d0061857_20512393.jpg
すでにclosedでした(ノд-。)
胃袋の宣教師!ハムプリーズ!!(/TДT)/


もう空腹状態に。函館を喰らってやるぞ!
今度は閉店前に攻め込んでやる!=ε=ε=ε=ε=┏( >_<)┛
目をつけていた「ひかりの屋台・大門横丁」!!
d0061857_20552423.jpg
さぁ~て、まずは何からいこうか?(*⌒∇⌒*)


手始めにラーメン!(大泉洋さんご用達・ラーメンたつみ)
d0061857_20561757.jpg
観た目の割りにさっぱりしていました。連続無休営業5,000日を達成なんだそうです。因みにそれは本店のことで、大門横丁店のことではないらしぃ。。
しかし普通、最初にラーメン食べるかね(笑)


ジンギスカン!(モンゴリアンバーベキュー・ラムジン)
d0061857_2113333.jpg
最近は池袋にもたくさんあるんですけど、臭みが気になってあまり入らないんです。しかし、ここのラム肉は匂わない!やわらかくて美味しかったです。
函館美人の店員さんが優しかったぁ(///∇//)
東京の話をネホリハホリ。たくさんしてお話してあげました♪


まだ喰うか?!(;゚□゚)
北海道限定ビール(和食・桜)
d0061857_2191814.jpg
ぷはー。疲れた男への御褒美。最高であります。
でも、ラーメンの後に飲むなんて、あんまりない経験(笑)


お刺身盛り合わせ
d0061857_2142448.jpg
市場と変わらない!すごく新鮮でビックリ!恐るべし大門横丁。


新鮮な塩辛
d0061857_2113299.jpg
こんな旨い塩辛食べたことない。何が違うんだ?もぅちょっと食べたい。白い御飯プリーズ!


もうギブアップ!(>ε<)
d0061857_21185839.jpg
気がつくと入口付近の3店舗にノックアウトされていた。。
極めがたし大門横丁。。。


こうして夜は更けていきました。
次回は、激闘!!五稜郭!
函館の海を望む。
意図せざる三部作(ノ_ _)ノ
後編もお楽しみに♪


内藤防衛ならず。残念!
佐藤 麗司朗



↓ ポチっと押して応援してください♪
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2009-11-29 21:51 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(12)

こんばんは。
今日は弁護士会館で開催された災害復興まちづくり支援機構の総会と
その後に行われた専門士業全国交流シンポジウムに参加してきました。
函館の続編を楽しみにしておられた方、すみません。
ちょっと感動して熱い気持ちになったので、いまの僕が思うことを綴らせてください。

d0061857_21383791.jpg
左から仙台弁護士会・山谷澄雄先生、
第二東京弁護士会・中野明安先生、
東京都不動産鑑定士協会・佐藤麗司朗、
兵庫県弁護士会・津久井進先生。


阪神・淡路大震災から15年経とうとしています。
皆さんは震災というと身近に感じられるでしょうか?
僕もちょっと前まで「対岸の火事」、いつ起こるかわからないし、
たとえ何かが起きたとしても自分だけは罹災しないという
根拠のない意味不明な平和ボケでした。

大地震を避ける術は人間にはありません。
大地震が起きた折、どのように被害を最小化できるか、
また復興のプロセスを効率的に行うことで国民経済を維持するかということが重要なんです。

今日参加したシンポジウムでは、過去に被災してしまった都市の各専門家の方々が出席し、その時にどのような活動を行い、今に繋げているかという発表がありました。
阪神・淡路大震災、新潟県中越地震及び中越沖地震、岩手・宮城県内陸地震、静岡沖地震。
震災の発生は防ぐことはできず、数多くの方が犠牲になっておられます。
僕の住む東京でも首都直下を震源とする大地震が、今後30年以内に70%以上の確率で発生すると言われています。
過去における教訓・反省点をいま東京都もしっかりと受け継ぐべき時期が来ているんです。

地域や時刻によって被害の内容が異なります。
阪神・淡路大震災では6,434人もの方が犠牲になり、行政と地元住民との対立や孤独死という新たな問題が発生しました。液状化現象や耐震性についても多くの教訓が得られました。
中越では田畑、コイの養殖、関越自動車道、温泉旅館等の深刻な被害が、静岡では東名高速の崩落・亀裂が発生し、インフラ整備についても考えさせられました。
もしも大都市・東京において大地震が発生したらどうなるでしょうか。
高度利用された多くの商業施設、帰宅困難者の問題。
高層マンション群、中小零細企業の集合体、戸建住宅の集積度。
東京に限らず、どこで震災が起きようとも共通に当てはまる問題を教訓としていく。
それは誰のためでもなく、地域住民であり、行政を通じて法治国家日本のシステム全体の維持に繋がるのですよね。

にも関わらず、各専門家団体にも事情があります。
所属する多くの会員それぞれが、皆違う思想を持っているのです。
それを纏め上げて、1つの形にする作業はとてつもなく時間を要し、想像を絶する労力を伴います。
今後予想される大規模災害に備え、平常時より地域住民、専門家、諸研究者、国及び地方自治体が密接に連携をとっておく必要があるんです。
平和で問題のない今現在においてできないことが、いざ大規模災害が起きた時に機能するはずがありません。
行政や地域間の利害関係、各専門家の既得権益、そんなモノは全部まるごとズバッと取っ払わなきゃ前に進めないんです。

僕はこのシンポジウムに参加して、過去の教訓を少しでも将来に繋げようと努力する、災害復興まちづくり支援機構の活動に感動しました。
他の地域において浮き彫りとなった反省点を将来に活かそうという、強い意志が感じられました。
こういった活動が、東京都のようにまだ被災していない全ての都道府県に波及していくことを切に願います。
それは地域住民のためであるとともに、自分自身や大切な人たち、先進国日本のためでもあるからです。

何か起きた時にできること、しなければならないことの優先順位を平常時のうちにやっておく。
そんなことを心配するよりも明日が心配だ。
不景気で毎日生きるのが手一杯だ。
そんな方たちも現実として多いでしょう。
では、考えられる人間が考えればいいのです。
国や地方自治体、いわゆる行政は民間のことに関して主体的に関与することはできません。
あくまでもバックアップであり、側面支援を受けて出来る人間が前に進むしかないんです。
僕も微力ながら、今の自分に出来ることをコツコツと活動していきたいと思います。

豊島区が行っている震災復興まちづくり訓練d0061857_2154034.jpg
(後日詳細を書きますね)

まちコミュニケーションの田中保三さんの暖かく力強い言葉
d0061857_21544137.jpg
(神戸出張の折、再会することができました。これも後日詳細を書きますね。)


活動の一つ一つが、お会いした色んな方々の想いが、
僕の中で繋がった気がします。

不動産鑑定士・佐藤麗司朗



↓ ポチっと押して応援してください♪
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2009-11-28 22:02 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(6)

本日オープン

どうも辻です。

函館の続きではありませんが、タイムリーな話題で。

エチカ池袋のオープンから約半年。

d0061857_18534539.jpg

我らが池袋西口エリアにエソラ池袋オープンです。

「Esola池袋」は、地下1階~地上9階・約40店舗の商業ビルで、池袋初出店のファッションブランド、ライフスタイル雑貨をはじめ、個性豊かなレストラン、カフェ、ソシアルダイニング等が揃った高感度空間です。白と黒を基調としたモノトーンのビルで、池袋西口の新しいランドマークを目指します。
                       《東京メトロのニュースリリースより》


と言うことで、早速見に行ってきました。
d0061857_1854261.jpg


メトロポリタンプラザの向かいに立地していて、地下の入口は有楽町線の改札に直結。

d0061857_19103970.jpg

中に入ってみると、案の定と言いますか
女性向けのファッションテナントが多数。
芸能人御用達のブランドもいくつかあるようで、

安田美沙子様
d0061857_1923687.jpg

梨花様
d0061857_1925294.jpg

長谷川潤様
d0061857_1925891.jpg

香里奈様
d0061857_193445.jpg

などなど。。

6階から上は飲食店が軒を連ねます。
その中でも気になったのは、
d0061857_1992467.jpg

純粋で混じりけの無いコラーゲンスープだそうです。
気になります。

オープン初日のお昼時と言うことでかなりの混雑。
d0061857_1939198.jpg

その他、カフェや雑貨店なども入ってどこも賑わっていました。

ただ、通路が若干狭く、エスカレーターの配置のせいか、回遊性があまりよろしくない気がしました。


しかし、池袋東口の勢いに溝を空けられている西口に新しいスポットができるのは良いことです。


現在、豊島区では池袋駅西口駅前広場周辺整備計画を進めており、
d0061857_19214851.jpg

↑こんな感じから
こんな感じになるそうです。↓
d0061857_19273957.jpg



P.S.「エソラ」は「エチカ」と通路でつながっていますが、実は結構距離があったりします。
d0061857_19305797.jpg

池袋へお寄りの際は是非どうぞ。

つじ

↓ ポチっと押して応援してください♪
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2009-11-27 19:43 | 辻 樹(鑑定士勉強中) | Comments(2)

函館へ行く(前編)

こんばんは!(*゚▽゚)ノ
夜になると本当に寒いですね。
南国宮古島育ちの亜佑美ちゃんでなくとも、最近の寒さは堪えます(´⌒`)
リクエストにお答えして、函館のお話を書きたいと思います。
9月のシルバーウィークのあたりまでタイムスリップしちゃいますょ(;´▽`A

35歳になった僕は、どうしてもこの年齢で行きたい場所がありました。
それは「函館」です。
なぜかというと。。。

8月には社員旅行で宮古島へ行きましたが、
真逆の北海道に行きたかったとか、そういうことではないんですょ(; ̄▽ ̄)ノ
それでははじまりぃ、はじまりぃ~♪


仕事じゃなくてこうして旅行するのは最高ですね。
朝から時間が自由です。
空港を下りて、まず立ち寄ったのがトラピスヌス修道院です。
d0061857_20274460.jpg

修道女が目当てか?!っとか言わない。
修道院は明治31(1898)年にフランスの修道院から8名の修道女が来たのが始まりです。大部分は大正14年(1925)年の火災後に、昭和2(1927)年に再建されました。
ここでは実際に修道女の方が、伝統的な生活をなさっています。
どんな生活かというと。。

午前3:30に起床
   ↓
午前3:50から夜間の祈り
30分間の黙祷(僕なら確実に寝ちゃいますね。ここで。)
   ↓
レクチオ・ディヴィナ(聖なる読書らしいです)
   ↓
午前6:00から朝の祈り
ミサを行い、朝食をとります。
   ↓
午前8:30から午前11:15まで掃除等の仕事をし、昼食。
   ↓
午前11:30からお告げをしたりします。
   ↓
午後1:30から午後4:30まで畑仕事等をなさいます。
   ↓
午後5:00から晩の祈り
15分間の黙祷を行い、夕食をとります。
   ↓
午後7:05から寝る前の祈りを行い、
サルヴェ・レジナ(聖母讃歌)
   ↓
午後7:45にようやく就寝なさいます。
修道女の方もかなりハードな一日なんですねぇ(;゚∇゚)
おどろきました。


これはルルドです。
d0061857_20314435.jpg
ピレネー山脈の麓にある洞窟をモチーフに造られたものなんですが、14歳の少女の前に18回にわたって聖母マリア様が現れたというエピソードを表現しています。
少女が聖母に言われたとおりに地面を掘ると、泉が湧き出して多くの病人が癒されたそうです。


聖母マリア様
d0061857_2047130.jpg
長崎大浦天主堂のマリア様とも、東京カテドラルのマリア様とも違う穏やかな表情ですね(///∇//)
↑それぞれをクリックすると比較できますょ。


あんまりマリア様にデレデレすると大天使・聖ミカエルに刺されます(笑)
d0061857_2051063.jpg

実はミカエル様、皆さんがよくご存知のフランシスコ・ザビエル(教科書でイタズラ書きをよくされてしまう。。)
によって「日本の保護者」と定められた天使なんですょ。


海岸沿いに車を走らせて市街地へと向かいます。
啄木小公園には石川啄木も鎮座していました。
d0061857_20573099.jpg
潮かをる北の浜辺の 砂山のかの浜薔薇よ 今年も咲けるや
なぁ~んて浸っていると、砂浜では北海道の悪餓鬼たちがパンツ一枚で大暴れしていましたL(゚□゚)」
肌寒いのにパンツの脱がし合いをしています。。
「コンニャロー!写真撮ってやろうか!」と思ったけど( ´^ิ益^ิ`)、大人の微笑みを湛えながらその場を立ち去ります。


啄木小公園のそばにはこんな建物が!
d0061857_214591.jpg
土方歳三函館記念館


そうです。
d0061857_2155213.jpg
僕が会いたかったのは、マリア様でも石川啄木でもありません。
土方歳三です。
新撰組副長として京都の街に勇名をはせた土方歳三は、鳥羽伏見の戦いの後に北上していきます。
仙台で旧幕府軍副総裁の榎本武揚の艦隊と合流し、明治元(1868)年10月に北海道に上陸しました。
わずか1週間足らずで函館(当時は箱館)を占領して独立国家をつくります。
しかし翌年5月には新政府軍の総攻撃を受け、土方の守る二股口だけは最後まで落ちないものの大惨敗を喫します。
箱館奪回を目指して50名の兵を率いて突撃。波乱に満ちた生涯を35歳の若さで閉じます。
そう。35歳なんです。
僕は土方歳三が好きです(一番は曹操孟徳ですが)。
不器用な生き方でしたが、一本軸が通っていてブレない強さを持っている。
人はみんな迷いながら生きています。僕なんかも毎日グラついちゃいますが、土方歳三は死ぬまでブレなかった。そんな生き様が大好きです。

まさかこんな所で遭遇するとは思ってもみませんでしたが、幕末における思想や背景が復習できました。
二階には石川啄木の等身大の人形がいて、教室で小学生に交じって授業を受けることができます(笑)
あまりのリアルさに顔が引きつりましたが、とっても素敵な先生でした(^▽^;)

土方歳三最期の地
d0061857_21465380.jpg
石碑が建っており、線香をあげられるようになっていました。
クッ。線香なんて持っていない!
綺麗に掃除がなされていましたが、献花がしおれていました。
NHKでドラマが放送されていた頃は日本全国からやってきたのでしょうね。


一本木関門
d0061857_21493284.jpg
僅か50の手勢とともにこの一本木関門をくぐり抜けて箱館市中へと向かいますが、多くの銃弾を浴びて35年の波乱に満ちた生涯に幕を閉じてしまいます。゜゜(´□`。)°゜。
たとひ身は 蝦夷の島根に 朽ちるとも 魂は東の君や守らむ
よしや身は 蝦夷の島辺に 朽ちぬとも 魂は吾妻の君や守らむ


陽もだいぶ落ちてきました。函館山へと向かいます。
d0061857_21581287.jpg
坂道が多い港町で、路面電車が走っているあたりは長崎を思い出させます。
でも、坂道が細い階段状でないから、ちょっと違うかなぁ。


函館山ロープウェーです。
d0061857_2221756.jpg
夕暮れ時が最高だと聞いて、時間通りに乗ることができました( '∇^*)


頂上のレストランで函館市中を見渡せる素晴らしい席につけました。
d0061857_2241313.jpg
夕暮れとともに刻々と変化していく様はもはや芸術+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+

d0061857_225314.jpg
素晴らしい夜景を前にいくつかオーダーしたんですけど写真を撮り忘れました。
こういう所って、大した量はないのにお高くつくんですょねぇ。。。


さて、ゆっくりとホテルへと向かいます。
宿泊先はラビスタ函館ベイでした。
d0061857_22801.jpg
(写真は翌日のもの)
ここまできて函館らしいモノを食べていないことに気付きます(;´▽`A
しかし、ナビをホテルに設定してしまったし、何かあるよね?
なんて気軽な気持ちでホテルへと向かう。


あった。あった。
d0061857_2212168.jpg
ホテルの周りにはカレーやら寿司屋やら、ジンギスカン屋さんが軒を連ねている。
「どうしよう?」なんていってる場合じゃありませんでした。。
寿司屋に入るなりラストオーダーの時間です(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||
ちょっとゆっくりしすぎたか?
いや、カロリー的にはレストランでマンゾクしておくべきだった。。


とりあえず、目に付いたものを片っ端からオーダー。
d0061857_22132040.jpg



ふと気がつけば普通に2人前ですょ(ΘoΘ)ノ
d0061857_22141717.jpg
こうして夜は更けていきました。



次回、朝から食べ放題!!
さまよえる胃袋!
乞うご期待!



佐藤 麗司朗


↓ ポチっと押して応援してください♪
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2009-11-25 22:25 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(14)

神戸三国志伽哩

最近寒さで命の危機を感じています。
どうも長嶺です。
今回も前回に引き続き、社長からいただいた神戸土産の紹介です。

一枚目
d0061857_1929392.jpg

三国志好きの社長ならではのチョイスですね!
パッケージ捨てるのはもったいないので切り取って保存しました。

二枚目
d0061857_19385649.jpg

レトルトとは思えないほど具がゴロっとしていました!
ではいただきます。
ぱくっもぐもぐ・・・うまっ!
一人分でご飯を四回もおかわりしてしまうほどおいしかったです。
お肉は味がしっかり染み込んだ豚の角煮のようでした。

パッケージの赤さに反して意外と甘めでした。
これはおススメですよ!

長嶺


↓ ポチっと押して応援してください♪
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2009-11-21 19:48 | 複数スタッフによるブログ | Comments(6)



はじめましてつかさのピンチヒッター長嶺です。
最近寒くて朝起きるのがつらいです
そろそろクリスマスですね
つかさの事務所もクリスマス色に染まりました

一枚目
d0061857_2054939.jpg

良く行くカフェの美人スタッフさんがつかさの看板を書いてくださいました!
まずは看板からクリスマス風に

二枚目
d0061857_20443017.jpg

私が辻さんにお仕事を教えてもらっている様子です。戦力になれるでしょうか・・・
社長いつの間に撮ったのですか!

三枚目
d0061857_20455418.jpg

辻さんと一緒にクリスマスの飾り付けをしている様子です。
コンセントの数が足りない!

四枚目
d0061857_20461838.jpg

ツリーの飾りつけに必死です
辻さんはぬいぐるみの飾り付けに悩み中

五枚目
d0061857_2047141.jpg

外からの様子です。
見かけたらお気軽にお立ち寄り下さい。

六枚目
d0061857_2047192.jpg

ニモがそりをひっぱってます
ぬいぐるみの飾りつけも完成しました

七枚目
d0061857_20473882.jpg

ツリー完成

八枚目
d0061857_20475790.jpg

社長からの神戸土産です

九枚目
d0061857_20481666.jpg

カラメルが!プリンのなめらかさが!最高です!!ごちそうさまでした


長嶺


↓ ポチっと押して応援してください♪
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2009-11-18 21:25 | 複数スタッフによるブログ | Comments(2)

板橋区に集う9士業!

こんにちは!(*゚▽゚)ノ
無料相談会のお知らせです
第7回板橋の9つの士業合同!
事業と暮らしの無料相談会!


クリックで拡大できます!
d0061857_14253773.jpg

皆さんの不安を取り除き、諸問題を解決すべく
板橋区のサムライたちが一同に集結します。
僕も東京都不動産鑑定士協会の相談事業委員として
参加しますょ!( ^ー゚)


相談会日時:
平成21年11月14日(土)午後12時30~午後4時


板橋区に集う9つのサムライたち ~ 主催

不動産鑑定士   ~ 社団法人東京都不動産鑑定士協会
弁護士        ~ 板橋法曹会
司法書士      ~ 東京司法書士会板橋支部
税理士        ~ 東京税理士会板橋支部 
社会保険労務士  ~ 東京都社会保険労務士会板橋支部
中小企業診断士  ~ 社団法人中小企業診断協会東京支部城北支会
行政書士      ~ 東京都行政書士会板橋支部
土地家屋調査士  ~ 東京土地家屋調査士会板橋支部
建築士        ~ 社団法人東京都建築士事務所協会板橋支部

共催:板橋区、弁護士法人東京パブリック法律事務所

複雑な相談内容にも9つの専門家が協力して
ワンストップかつ多角的なアドバイスを提供いたします。
しかも無料ですよ!!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+♡



昨日行われた準備会で報告された予約状況は、
全56件中49件と、残り7件の相談枠がございます。
板橋区にお住まい、お勤めの方と事業者の方々が対象で、事前予約制になっております。
予約受付電話:03-5979-2920(東京パブリック法律事務所)
予約受付期間:11月13日(金)まで 午前10時~午後4時まで。


あとちょっと予約できますから、この機会に是非無料でご相談ください!
開催場所は例年通り板橋区立グリーンホール2Fです。



11月14日は板橋区立グリーンホールでお会いしましょう!( '∇^*)
次回こそ函館の話を書きますm(;∇;)m

佐藤 麗司朗



↓ ポチっと押して応援してください♪
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2009-11-12 14:37 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(4)

更新料は有効?無効?

今年もあっという間に11月となり残すところ2ヵ月となりました。
自分の周りでは新型インフルエンザの人が増えており、マスクが手放せなくなっております。

最近、借家の更新料についての話を良く聞くようになりました。
不動産業に勤めていない人でも目にすると思いますが、先日更新料について高裁にて判決がでました。
今回は更新料は「有効」との判決でした。
今年の夏には別の裁判で「無効」との判決でした。
裁判では判決が割れる結果が出ておりますが、単純に更新料は無効、有効とは判断できないと思われます。

「無効」判決が出た件では
・1年更新
・更新料は月額家賃の2倍以上
45,000円の家賃で毎年10万円を更新料として払っていたそうです。

先日の「有効」判決が出た件では
・2年更新
・更新料は月額家賃の2ヵ月分
裁判所の判断としては
・更新料の金額が過大ではない
・借地借家法が更新料の授受を禁止していない
とのことでした。

これを見ると
更新料の金額が過大でなければ妥当とも受け取れますが…

弊社で扱っている物件はほとんどが
・2年更新
・更新料は新賃料の1ヶ月分
ですが貸主様によっては更新料無の物件もあります。
また、入居希望者様が条件交渉を希望される場合、家賃値下げや敷金礼金の値下げを希望されることが多いのですが、貸主様のご意向でどうしても家賃、敷金、礼金が下げれない場合は更新料無を交渉材料にすることもあります。

仮に更新料が今後全て無効となった場合、その分家賃に上乗せされることも予想されます。
また最近は礼金0敷金0物件が増えてきましたが、それが礼1敷1になることも考えられます。
無効、有効どちらが正しいのか一概にいえませんが、貸主、借主、不動産仲介業者の全てが内容を理解し納得して契約締結することが大事だと思います。

ただ不動産の契約書類等は専門用語が多く、一般の方では聞き流して契約してしまうことがあると思います。
自分もこの業界に入る前に部屋を借りたとき、契約時話は聞いていましたが後で振り返ると完全には理解できていませんでした。
物件にもよりますが契約時には数十万円のお金が動くものですので、聞く側も真剣に聞く必要があり、説明する側は相手が理解できるように説明する必要があります。

結局、どちらとも言えない感じになってしまいましたが、仲介手数料は「賃料の1ヶ月分が上限」と決まってますが、更新料については「禁止されていない」とだけで、いくらだと妥当でいくらだと過大かは明確にされておりません。
今後も更新料については裁判があると思うので注意深く見ていきたいと思います。

肥田
[PR]
by tukasa-rea | 2009-11-02 18:51 | 肥田 匡志(宅建主任者) | Comments(2)