「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ドッグフードよ、お前もか!

どぉも、千葉です。
木枯らしが吹き荒れていますが、皆様いかがおすごしでしょうか?

今週はミシュランの東京版が話題になってますね。なんでもえらい売れ行きだそうで・・・。「若干」天の邪鬼が入っている自分は、近場で安くておいしいところを探すほうが大事なのでは、と思ってしまいます。

まぁ、それはさておき、私事になりますが毎週末には決まって近所のディスカウントセンターに通っております。
うちのワンコのため、ドッグフード類の買い出しというわけですな。ちなみに、ヘビーユーザーというほどではないのですが、買うのはゴン太ブランドが多いです。
d0061857_0561837.jpg

そんなわけで、先日もディスカウントセンターに行ったのですが!!!
なんと棚からゴン太が一掃されておりました。ガビィ~ン!
d0061857_0563420.jpg

石油価格の上昇でカップ麺が値上がりする云々といったニュースが流れているので、ついにドッグフードも値上がり・・・ゴン太ブランドも値上げして、逆にディスカウントセンターから追い出されたのかぁ、と頭の中でドミノがパタパタッと倒れていきました。

問題はうちのワンコが代わりのドッグフードで満足するかということです。
これまでも試しに買ってみたものの、食いつきもせずに庭に放り出されたままで、泣く泣く処分したものも多く(結構高いんですよね)、ようやくラインナップが揃ったと思ってたのですが。
かのイグノーベル賞を受賞したバウリンガルですら、「星みっつです!」とか「星ひとつ半です!」とかの翻訳はできないわけで、ドクター中松あたりがそのへんの発明をしてくれると、嗜好が偏ったワンコを飼う立場の人間としては大助かりなのですが。

とりあえず似たような商品を買って帰ると、すぐにネットを検索・・・
なんと!原材料に不当表示!!ビーフやササミが使われてないのに、原材料として書かれていたらしい。

家族の一員としては怒るべきところだけど、食べ慣れた商品が棚に並んでいないのは困った話です。
代わりのをあげて様子を見てますが、いまひとつ食い付きが悪い・・・。
ということは、うちのワンコはビーフやササミが入っていないのが好きなのか?別の意味で「違いがわかる」ワンコなのかもしれない。
d0061857_0574585.jpg

いつもカメラ目線の、うちのワンコ。
d0061857_058134.jpg

手前に青々としたカマキリがいたので、食べられるのではと心配しましたが、興味ないようでした。前のワンコは蜂にかみついて大騒ぎしてましたけど。

冷え込みが厳しくなってきたので、いい加減、食欲を出してくれないかなぁ。
皆様も健康にお気を付けください。でわでわ。

千葉 康広
[PR]
by tukasa-rea | 2007-11-30 01:07 | 千葉 康広(税理士) | Comments(8)

クリスマス


にはまだ早いんですが・・・
世間のイルミネーション点灯に合わせて、つかさも先日クリスマスモードに変身しました。

こちらがその様子↓
まずは去年のグッズから、窓に貼るサンタのゼリー。
d0061857_234851.jpg


そしてクリスマスツリー。
d0061857_24333.jpg


これに、新しいアイテムが加えられます。
今年は天井の装飾とガラス窓のライトアップが主役です。
天井に吊るすヒモを買ってきたようです。
d0061857_242664.jpg


こちらは天井とヒモを止めるホチキスのようなもの。
d0061857_243851.jpg


この辺りから総出で飾りつけ作業になりました。
d0061857_245220.jpg


そして、完成したのがこちら。
d0061857_251462.jpg


d0061857_252651.jpg


窓のライトアップはこんな感じです。ブレちゃってごめんなさい。
d0061857_254227.jpg

d0061857_255593.jpg




ちなみに、千葉さんはその頃・・・
なにやら定規で測っています。
d0061857_217195.jpg


作っていたのはこちら。
d0061857_2175583.jpg


クリスマスグッズかと思いきや、週の当番の目印でした。
これもクリスマスバージョンで金色なんでしょうか?
三角錐が千葉さんの几帳面さを物語っています。


どうも社内全体を写せないので分かりづらいですね。
そうそう、これを機に(?)全体的にご覧になりたい方はぜひ遊びに来て下さい。

金沢 貴恵
[PR]
by tukasa-rea | 2007-11-22 11:14 | 金沢 貴恵(宅建主任者) | Comments(0)

うちの田舎は地盤沈下

うちの会社は、不動産鑑定事務所。

評価対象は様々で、所在地も様々である。
先日、その評価対象が存する静岡に行ってきた。
静岡はわたしの田舎であるため、ちょっとした里帰りとなった。

その仕事上でのこと。

不動産の評価を行う中で、地域分析を行う。
評価対象が存する地域は、土地が値上がりしているのか、値下がりしているのか。
そんな時には、地価公示、都道府県地価調査を参考にする。
「今年一番高かったのは、銀座の鳩居堂前でした。」
などとニュースで流れるアレである。
毎年、同じ地点での価格がつく。
去年と今年を比較すると値上がりしているのか、値下がりしているのか、がわかる。

静岡県について調べる。
静岡県のホームページから調べる。
バブル崩壊以降、長い間下がり続けた地価もここ数年は持ち直し、
東京をはじめとした都市部では「バブルの再来か」なんてことが言われている。
その影響は、中途半端な都市部、いやお茶とミカンしかない静岡県にも波及しており、
軒並み下落幅は狭まり、値上がりしている地点さえある。
そんな、県内の住宅地変動率下位ランキングに目が留まる。
1位の地点を見る。
「芝川-3」
まさしく私の田舎そのものである。

下落率4.0%はさることながら、単価9,700円/㎡の激安さにため息が出る。
ご丁寧に変動率下位ランキング地点案内図までついている。
「芝川-3」は、私が通った小学校のすぐ南、国道沿いだった。
国道とは名ばかりで、車の行き違いが出来ない山道だ。
最寄の小学校なのに、私の家から約4km、小一時間歩く。
特に目印になるものがないのだろう。
両隣と向いの住宅の表札が表記されているが、3軒とも「佐野」である。

私はうちの田舎は相当の田舎だと思ってきていたが、
鉄道だって走っている、
携帯の電波だって入る、
テレビも12チャンネルを除く系列局は映る。
たいしたことないとは思っていたが、
静岡県内一の値下がりだとは・・・。

まあ、こうやって東京で仕事をしている私には言う資格がないのかもしれないが。
[PR]
by tukasa-rea | 2007-11-12 20:22 | 篠原 興一(行政書士) | Comments(0)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea
プロフィールを見る
画像一覧