<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ごぶさたしております、千葉です。

今週もまた宮城県に行ってきました。

仙台の街は、まだコートを着ている人が多い・・・。
会社で「暖かいよ」という言葉を聞いたのですが、迂闊にも薄着だった。

それでも、都内では散った桜がチラホラと。
せっかくなので、市役所そばの勾当台公園をひと回り。
d0061857_11102060.jpg

さらに、近くの広場では物産展が。
フラフラと行くと、焼き牡蠣が2個100円!ゲット!!
簡単ながらも美味しい昼ご飯をいただきました。
d0061857_11105128.jpg

区役所を回っていると、寒空の下Tシャツ姿の青年が。
なんでも自転車で北海道まで行くそうな。
集めたスタンプを見せてもらいながら、国鉄のスタンプラリーの話などで盛り上がりました。
d0061857_1111582.jpg

一泊二日ながら、「あなどれない」という感想を胸に、帰路に。
恐るべし、仙台・・・。

(千葉 康広)
[PR]
by tukasa-rea | 2007-04-27 11:14 | 千葉 康広(税理士) | Comments(2)

役食格付け~藤沢市~

今日もなんとなく続く役食格付け。
今回は神奈川県、湘南・藤沢市である。

あらかじめことわっておくが、湘南だからといって、
もちろん役所のカレーには湘南らしさは微塵の欠片もない。
これは下関で食べたカレーに河豚が入っていないことと同じである。
だから過度な期待はしてはいけない。
(誰もしてないか、そんなもの)

だが、ここの役食には特筆すべきものがあった・・・。

d0061857_17371961.jpg



カレーライス 300円


価格:A
    そこそこ安い。
    でもA評価した理由は他にある。

    ここの会計はカフェテリア方式である。
    お盆を持って、カウンターに並べられたおかずを自由に取っていく。
    そして、最後にレジで会計を済ませる。
    
    でも藤沢市役所のカフェテリア方式は少し違う。
    最後の会計とはお盆に載せ終わった後ではなく、
    食事を終えた後なのである。
    レジのおばちゃんは空になった食器を見てレジを打つ。 
    これは、一部自己申告制だ。
    つまり、カレーを食べても、カツカレーを食べても食器は同じ数。
    レジで「カツカレー」と自己申告しなれば、「ただのカレー」扱いとなる。
    なんて、おおらかな役食だろう。
     
    もちろん、わたしはカレーマンシップに則り、そんなことはしなかったが。
    (単に気づいたのが遅かったとも言えるけど)


ボリューム:B
    別に多くはない。
    特に記憶に残っていないので、標準ということで。

味:B
    別に辛くはない。   
    特に記憶に残っていないので、標準ということで。
  
総合:B+
     驚愕の会計方式が全て。
    次に利用した時にはどうしようか。
    チャーシューメンを食べて、ラーメンと申告するのか、
    天ぷらそばを食べて、かけそばだと言い張るのか。
    人としての尺度が試される。
[PR]
by tukasa-rea | 2007-04-23 17:55 | 篠原 興一(行政書士) | Comments(6)

こんにちは。
久しぶりに、新聞記事を取り上げてみます。

~4月13日16時3分配信 産経新聞より~
マンションの賃貸契約を更新する際に更新料を課すのは消費者契約法に違反し無効だとして、京都市北区の男性会社員(52)が元家主の男性を相手取り、更新料など計61万5000円の返還を求める訴訟を13日、京都簡裁に起こした。男性の弁護団によると、消契法に基づいてマンション賃貸契約の更新料返還を求める訴訟は全国初めてという。

訴状によると、男性は平成12年8月から月額家賃4万5000円で賃貸契約を結び、京都市左京区のマンションに入居。契約には1年ごとに更新料10万円を支払う条項も含まれており、男性は18年11月に転居するまで、5回にわたり計50万円の更新料を支払った。

原告側は「更新料は賃貸人が地位や情報力、交渉力の格差を利用し、賃借人に一方的に押しつけてきた慣行で、更新料支払い条項には合理性がない」と主張。その上で「この条項は消費者の利益を一方的に害しており、消契法第10条により無効」として返還を求めている。

原告の男性はマンションの部屋ごとに更新料の金額が違うことを知り、家主に対し18年分の更新料の支払いを拒否。今年2月に京都弁護士会が開設した「更新料110番」に電話相談をして、今回の訴訟を起こしたという。

関係者によると、更新料は1~2年ごとの賃貸契約更新の都度、家賃の半月分から2月分を支払うもので、京都市周辺や東京を中心とした首都圏などだけで、慣例的に行われている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不動産屋や大家さんの立場からすると、少々心臓に悪い内容です。
確かに更新料というのは慣例的なものです。
けれど、貸主側は更新料などを修繕費に充てる場合もあるでしょうし、
貸主・借主両者の同意のもとに契約を行うという前提のもとでは、
契約を締結した以上払う義務はあるのではないかと思ったりするのですが....。
更新料については契約の際に口頭でも書面上でも説明があるものですから。
といっても、民法や借地借家法との絡みで無効になる契約内容というのも
中にはありますので、契約したら全て従わなければならないということもないのですが。
消費者契約法、勉強不足です。。。どうなんでしょうかね。
「この条項は消費者の利益を一方的に害しており、消契法第10条により無効」
という主張です。

ただ、この記事には気になる点があります。
家賃が4万5千円なのに、更新料が10万円と高額であること、
そして、1年ごとに更新するということです。
東京では通常の居住用賃貸借契約は2年契約で更新料も家賃の1-1.5ヶ月分程度。
10万円といえば家賃の2ヶ月分以上です。
(更新事務手数料を含めているのかな・・・)
そういう意味では借主に過度な支払いを課していると言われても仕方ない。
更新料を課すこと自体を無効とするのはちょっと難しい主張かもしれませんが。

この裁判の行方が気になります。


金沢 貴恵
[PR]
by tukasa-rea | 2007-04-13 19:22 | 金沢 貴恵(宅建主任者) | Comments(7)

花見



 桜も満開になりぽかぽか陽気のある日、昼休みを利用して近くの公園へ花見に行きました(千葉さんは地方に出張中で欠席)。
 普段は素通りしてしまう公園ですが、桜が満開の公園はいつもとは全く別の公園に見えました。
d0061857_17585118.jpg

 既に花見客が何組か陣取って昼間からお酒を飲んでいました。
 羨ましいな~と思いながら、勤務中ということでつかさメンバーはでジュースで乾杯!
d0061857_184387.jpg

 自分はジンジャーエール、篠原君は三ツ矢サイダー、社長と金沢さんは…??
 まぁとりあえず桜は綺麗ということで。
d0061857_18101967.jpg

 このブログを書いている今も既に桜が散り始めてます。
すぐに散ってしまうから、余計綺麗に思えるんでしょうね。

d0061857_135784.jpg
 
 最近デジカメを購入した金沢さんもマイデジカメで沢山写真を撮っていました。
その金沢さんを撮ってみました。  d0061857_135327.jpg




d0061857_18255248.jpg

 桜も堪能し、事務所に帰る途中、鋭い眼光の黒猫が!
 池袋の野良猫らしく逃げるどころか逆に睨み返してきました。
 何か不吉なことが…起きるわけありません!(笑)

 ということで2007年も無事花見をすることができました。
 ちなみに、去年もまったく同じ日にお花見をしていました!
 

 千葉さん・・・ごめんなさい。


 肥田 匡志
 
 
!!!その頃、わたくし千葉は、春間近な宮城県大河原にいました。それでは恒例の役食格付けを・・・。
d0061857_2255584.jpg

 カレーライス 350円

 価格:B-
   こんなものでしょう。何も付いていないし・・・。

 ボリューム:B-
   3分で食べ終わりました。

 味:B-
   薄かった・・・?辛いとか甘いとかの問題じゃないんですよ!

 総合:B-
   本当はCだろう。

 あぁぁ、花見をしないうちに桜が散っていく・・・。あぁぁぁぁ。

 千葉 康広
[PR]
by tukasa-rea | 2007-04-04 18:35 | 肥田 匡志(宅建主任者) | Comments(10)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea