「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

役食格付けならぬ…


あんな美味しそうな食事(前回のブログをご参照のこと)を見せられたら、
留守番隊筆頭の私としては、もう必殺技を出すしかありません。

というわけで、出ちゃいました。
役食ではなく、池袋の「ます家」にあるお母さんカレーでもなく、
正真正銘のお母さん手作りカレーです!!

d0061857_1262784.jpg


カレーライス 見ての通り 

価格:材料・手間代+愛情=priceless
    野菜とヨーグルト付。
    母の愛情を感じる副菜2品です。
          
ボリューム:好きなだけどうぞ
    お米とルーが尽きるまで・・・    
  
味:わたし好み
    カレーはやっぱり家庭の手作りの味が一番。
    ところが、具に特筆すべきものがある!
    それは、じゃがいもがないのである。
    どういうことか。
    おそらく切らしていたのであろう。ガクり。。
    しかし、じゃがいもが溶けたカレーがあまり好きではない私としては○
           
総合:valueless
     やはり、独自の製法に高いポイントがつく。
    また、食器も特徴的である。
    分かりづらいが、お米に麦が混ざっているのも家庭ならでは。
    「おかあさんいつもありがとう」の気持ちを込めて
    おいしくいただきました。



これが実は朝食だなんて・・・そんなこと言いませんよ。
金沢 貴恵
[PR]
by tukasa-rea | 2007-01-31 12:22 | 金沢 貴恵(宅建主任者) | Comments(8)

1月SUPER特大号! ~ みんなの近況報告

第一幕 ~ 篠原興一編 ~

北陸湯けむり殺人事件

・・・そんなバカな。

先週のことになるが、
仕事で北陸に行ってきた。
石川、福井2泊3日。
和倉温泉、芦原温泉と本場の温泉街。
泊まった所はもちろん温泉ホテル。

楽しかった・・・。

重ねて言う、仕事で行った北陸3日間。
温泉ホテルに泊まったのも、それなりの理由があるものでして。
ただ、仕事だからといっても
少しでも旅気分が味わいたいのがホントのところ。

ということで、3日目車で通りかかった、とある観光名所に立ち寄ってきた。
それは、火サス(※)で犯人が捕まるシーンとして何度となく使われてきた、「崖っぷち」東尋坊である。
※火サス・・・サスペンスの2時間ドラマの不動の定番、「火曜サスペンス劇場」。

d0061857_1893349.jpg

↑ごっつい岩場、確かに痛そうである。
それに1月の寒々とした冬、ここに雪が降れば
それなりの臨場感満載である。
自然が織り成す絶景。
DEAD OR ALIVEの世界だ。

次第に外が暗くなり、東京への帰りの時間が迫る。
引き揚げようと思ったとき、あるものを見つけた。

d0061857_1811021.jpg

↑う~ん、確かにDEAD OR ALIVE。
あまり笑ってはいかない。
サスペンスの女王片平なぎさの演技でも及ばない世界だ。

d0061857_18111336.jpg

↑そして、この電話でどれだけの命が救われただろうか。
この電話に課せられた責任は重い。
この電話が救いとなったのか、それとも最後の会話となったのか。
私みたいな者は、この電話ボックスに入ることができない。
たかが、緑の電話だけれども、応援せずには居られない。
絶景を前に、なんとなくシュンとしてしまった私だった。

さて、このブログではいつでも、何処でも、何人たりも
食べ物に触れなくてはならない。
ということで、ホテルで食べた食事公開。

d0061857_18114417.jpg

↑これは、和倉温泉での一枚。
なんとも品目の多いこと。
普段はこのうちの2品程度で晩飯にしている私にはあり得ない量である。
対ご飯許容量にして、おかわり6杯分といったところだろう。
さすが、冬の日本海だけあって、
カニ、エビが中心である。
だが、実はカニ、エビがあまり好きではない。

d0061857_18115611.jpg

↑次は、芦原温泉での一枚。
前日の食事に優るとも劣らない食事である。
やはり、普段の晩飯×4くらいのボリュームである。
越前といえば、越前ガニだ。
でかいハサミである。

それでも、カニはあまり好きではない。
これを読んで、「本場のカニを目の前にして何たることか」と憤っている皆さん、正論です。
(篠原興一 編・閉幕)



第二幕 ~ 千葉康広 編 ~

こん○○わぁ~。ここからは千葉が仕切らせていただきます。
さてさて、千葉は猪苗代湖~十和田湖という湖畔の雪中行軍(うれしくない)をしてきました。
年末に会津若松に行ったばかりなので、猪苗代はホイホイという感じ(伝わるかな?)。

d0061857_1821314.jpg

↑写真は途中トイレに寄った猪苗代のセブンイレブン駐車場で。
小さいですけど、靴が置いてあるのが分かるでしょうか?篠原君の話の後だと、ここで誰かがダイブしたような感じですけど。

さぁ、気分をかえて晩御飯です。
いただいてきたお品書きによりますと、「するめ寒干松前漬け」「海老と慈姑のサクサク揚げ・プチ柚子豆乳チーズ流し・椎茸のピクルス・鶏肉の松風」「福島牛ビーフシチュー」「烏賊の焼き霜降り・サーモンたたき柚子風味」「ミートパイトライアングル トマトソース添え」「彩り膾隼人瓜ピクルス添え」「ノルウェーサーモン プチヴェールのエチュペ」「大根と白河高原豚の林檎ジャム寄せ」「ヤーコンうどん」「大熊町の梨」「ほんのりピーチ・聖護院蕪」「赤だし」「猪苗代産ひとめぼれ」とあります。その数、13品目。

d0061857_18334199.jpg

↑写真はスタート時点のもので、食べてる間にドンドン出てきたわけですね。それにしても並べ方が上品。お品書きを見ながら食べたのですが、途中でどれがどれか分からなくなり、味を堪能することに集中しました。

続いて雪の十和田湖です。
岩手県側の八幡平には何度か行ったことがあるのですが、これが青森県デビューです。路面が凍結していて、60kmだとスリップしてカーブが曲がれませんでした。アブナイ、アブナイ。

d0061857_18235585.jpg

↑写真は安全祈願した十和田神社です。雪の深さは足首ぐらいですか。
そのまま十和田湖へまっしぐらに進もうと思ったのですが、雪が深くなってヒザまで埋まりそうだったので断念。白鳥の声を頼りに遠回り。

d0061857_18243983.jpg

↑エサを売っていましたが、鳥インフルエンザがタイムリーな話題だったので近づきませんでした(だって君子なんだもん)。

さぁ、晩御飯。
この日は部屋食です(バンザイ!)。お品書きがないので説明できないのが残念。
d0061857_18252215.jpg

↑秋田県との県境なのできりたんぽも並んでいます。体が温まり嬉しいこと、この上なし。数えてみると14品目。この勝負、青森の勝ち(シンプルに数の勝負にしました)。

d0061857_1826254.jpg

↑最後は愛車のヴィッツ。底に貼りついた雪が痛々しい。
出かけるたびにヴィッツをレンタルしているので、これしか運転できない体になってしまいました。

今度は暖かい所に行きたいぞ!
(千葉康広 編・閉幕)



第三幕 ~ 肥田匡志 編 ~

みなさん、そろそろ飽きてきたと思いますが肥田も行ってきました。鳥取県。
去年の冬にも行きましたが、とにかく凄い雪が印象的でした。

しかし今年はどこにも雪がない。。。

d0061857_20183799.jpg

↑今頃、二人は雪と格闘しているんだろな~と思いながらレンタカーを走らせていました。

仕事を順調にこなして18時30分を過ぎ、携帯に電話がかかってきました。
「今日は来られますか?お食事19時からですが…。」今日泊まる旅館からでした。

今回の出張の一番の楽しみの夕食をすっぽかす訳にはいきません。
30分車を飛ばして、ようやく到着。
温泉にも入らず、浴衣にも着替えずそのまま食堂へ。
d0061857_20322234.jpg

↑大好物の蟹がいらっしゃいました。ちなみに大好物は海老と蟹です。
d0061857_20323623.jpg

社長や金沢さんには申し訳ないと思いながら、モリモリ食べてしまいました。
肉もサイコー!!

その後は温泉につかり、今日の仕事のまとめをして0時就寝。

翌朝は早く起きてまず朝風呂。
そして朝食。
d0061857_20364572.jpg

↑朝から凄い種類!
いつもは食欲のない朝ですが今回は朝からモリモリ食べました。

ふ~~
今回も良く食べた。
(肥田匡志 編・閉幕)



最終幕 ~ 佐藤麗司朗 編 ~

ううむ。。こんなことがあっていいのか。。
スタッフみんなが夢のような旅(仕事ではある)に出ている間、
僕は都内の仕事に追われていた。
そこには、観光名所もなければ、越前ガニも!きりたんぽも!
とろけるような霜降り牛肉でさえも!当然にない(▼皿▼#)

無論、鳥インフルエンザになど罹ろうはずもない。
都会の閑静な住宅地だ。
ここは杉並区。篠原くんのホームグラウンド。

こうなったらヤッテやるしかないだろう?ε=(>ε<)
大人気ないと言われてもヤッテやる。。
拗ねた32歳。


役食格付番外編~杉並区~


d0061857_1855411.jpg


カレーライス たぶん400円くらいL(゚□゚)」

価格:B-
    みんなに比べれば格安だけれど、心はブルー。
    これ以外のメニューに目が向かないくらいブルー。
    仕事の振り分けに後悔する。
    
ボリューム:B-
    僕の口だと4口くらいで流し込める。 
    同じ料金で大盛りにできると言われて、期待していたのに。
    コンソメスープがささくれ立った気持ちをナダメテくれました。

味:C 少なくとも、僕がこよなく愛するバルチックカレーにはほど遠い。
    味は海の家か、スキー場にあるカレーを思わせる。
    せめて、14品目くらいあれば誤魔化されるかもしれないのに。
   
総合:B-
    これは専門職業家の良心に従った公正な判断とはいえない。
    次回、しのはら君の鋭いカレー裁きに注目したい。
       

えっ、楽しいかって?  
すごく楽しいですとも、一人でカレー食うの(ノд-。)
(佐藤麗司朗 編・閉幕)

(金沢貴恵)
やっぱりオチはこうでなくっちゃ・・・笑。
[PR]
by tukasa-rea | 2007-01-29 18:14 | 複数スタッフによるブログ | Comments(8)

うまいもん探し隊


うまいもん探し隊!つかさ的会員No.3の金沢です。
(NO,1・2は言わずもがな、社長と篠原さんであります)

今までの記事をご覧いただけるとよくお分かりになると思いますが、
食べ物ネタが多いこのブログ。
今年もジャンルを問わず美味しい店を探して新規開拓に励んでいきます!

といっても、近場には限りがあるので、今回は区をまたいでみました。
 Copain コパン(東京都文京区小石川4-5-6)
カジュアルなイタリアンという感じでしょうか。
値段・ボリューム・味ともにバランスがよく、デザートが美味しいので、
個人的にぜひおススメの店です。
店内は2つに分かれていて、「カフェ・コパン」という店名でカフェも併設されています。

残念ながら、店の写真は撮っていないのですが、
食べ物の写真はバッチリ撮ってきました♪
(メニュー名はうろ覚えですのであしからず・・・)

まずは前菜盛り合わせです。前菜メニューから自分で選べます。
左)砂肝とセロリのマリネ 中央)白レバーペースト 右)豆と穴子のトマト煮
白レバーペーストがいちおし。
d0061857_16303345.jpg

こちらはライスコロッケです。
d0061857_16305532.jpg

そして、ジェノバソースのピザです。
d0061857_16311068.jpg

最後にデザート盛り合わせです♪
左)クリームチーズプリン 中央)ティラミス 右)思い出せませんが…チョコ系のケーキ
チーズプリンがカフェの看板商品だそうです。
d0061857_16354027.jpg


実は昨年末に1度ランチに行ったのですが、その時食べたケーキが絶品でした。
「イチゴとホワイトチョコのズコット」という聞き慣れない名前でしたが。
これは期間限定だったのかもしれません。
d0061857_16312764.jpg


社長の真面目な文章のあとにこんなブログ…
どうも失礼致しました。
金沢 貴恵
[PR]
by tukasa-rea | 2007-01-25 16:12 | 金沢 貴恵(宅建主任者) | Comments(4)

ふと思い出したこと(ちょっと長文)

こんにちは。
今日は何だか物凄く寒いですねぇ。
みなさんも風邪などひかないように注意して下さいね。

ふと思い出したことを書いてみようと思います。
僕が新入社員の頃のことです。
某一部上場企業へと入社した僕は、夢と希望に溢れていました。
東京の大きな支店へ配属され、そこで総務・経理をすることになりました。

ただすべてが順風満帆というわけではなく、
一人、どうしてもソリの合わない上司がおりました。
いつもいつも監視されているように感じる上司。
しかも、その支店でもっとも偉い支店長!
目付きも鋭く、年季の入ったダミ声も特徴的な人でした。

どこかへ出かけるときなどには車を運転するようによく命令されました。
当時、支店長送迎用の車は黒塗りのグロリアだったと思います。
まだペーパードライバーだった僕は、いつも「ブレーキが急だ!」とか、
「ほれほれ!ぶつかるぞ!」っと言われていた気がします。

一番嫌だったのは朝のお茶入れ。
誰よりも早く出社して、支店長のためにお茶をいれなければならない。
しかも注文が細かい。
少しでも気になることがあるものなら、その日一日機嫌が悪くなるような。。

僕が入社するまで、女性の先輩が美味しいお茶を入れてくれましたが、
どういうわけか僕が指名されて、毎朝僕が入れることになりました。
人様に出すお茶なんて、どうやって入れたらいいのかわからない。
急須だってまともに扱ったことはない。
当然に「佐藤君!ぬるい!」「佐藤君!濃すぎる!」と言われました。

「どうやったら美味くお茶を入れられるか。」
当時、母は入院しており、毎朝お茶入れをさせられているなんて、
恥ずかしくて病床で相談することもできず、かといって先輩に聞くのも癪に障る。
真剣に考えて、本屋さんで立ち読みしたりしました。
「なるほど。先に湯呑みを暖めるのか」
運転については兄貴の車を借りて深夜にドライブしたり、密かに練習しました。

そんなある日のこと。
その支店長のお家の引越しがありました。
やはりここでもお呼びがかかり、お手伝いをするはめに。
「冗談じゃない。なんで休日を返上してまで!」
絶対に潰れない超安定企業 = 一部上場。
若きホープとしてバリバリ仕事をこなす!っと意気込んでいた僕が。。
いつもそんな風に不満を感じていたかもしれません。

タオルを頭に巻きつけて、汗など気にせずに引越しを手伝いました。
「まったく、ここの家族は、引越しは部下にやらせるからって何もしていないんだな」
そんな風に思えるほど汚れていたと思います。
荷造りと大掃除が同時進行するような状況です。

蛍光灯の傘を取り外してみると、傘にはテンコ盛りの埃。
それはもぅ篠原君の家の換気扇もびっくりですょ。そんな感じでした。
いつもどちらかというとオドオドしていた僕が、支店長のご家族に向かって
「雑巾はありませんかっ!」と、半ばキレ気味で言いました。

すると、支店長自らが雑巾を持ってやってきて、蛍光灯の傘を僕から取り上げ、
「佐藤君。何事も基本が大事なんだ。仕事というのは、大きいものも小さいものもない。」
「小事を疎かにする者は、決して大事を成し遂げることなどできないんだ。」
「小さな事に捉われすぎても良くないが、小さいからといって見て見ぬフリをしていると、
足元をすくわれる。」
そういって雑巾で一緒に掃除をはじめました。
その時は「この人は急に何を言っているんだ?」っと思いましたが、
いつも踏ん反り返っている支店長が雑巾。ちょっとビックリしました。

その後、支店長との信頼関係も築かれて、小言をあまり言われなくなりました。
人事異動のシーズンに、支店長が栄転するらしいとの噂が広まり、
「あぁ~!やっと開放される!!」と安堵していたら、
ある日、支店長室に来いと内線が鳴りました。
初めて応接ソファーに腰を下ろし、正面から見据える支店長。
威圧感が半端ではなかった。

「佐藤君、見てごらん。」
突然、机の上に資格の証明書を並べ始めた。
小さな資格から国家資格まで、10くらい並べたのではないか。
「サラリーマンは入社後に競争なんだよ。これからは何ができるかが社内でも問われる。」
「君も資格を取りなさい。」
曖昧な返答をしてその場はやり過ごしたような気がします。
後日正式に人事が発令され、支店長は出世しました。本社で常務に就いたのです。

その後、僕は自己啓発に目覚め、宅地建物取引主任者を取りました。
それが今、不動産鑑定士となっているキッカケです。

今になってようやく色々なことを振り返り、
当時支店長から言われた言葉を噛み締めるようになりました。
小事を疎かにせず、一つ一つ目の前のことをこなしていく。
まだ独立して2年足らずの社長では、支店長のような偉大な経営哲学もなく、
日々心細くなりながらも、スタッフに励まされて頑張っています。

母も他界し、母子家庭で育った僕には、心から指導してくれる人も少なくなりました。
基本を忠実に。
日々そう思いながら掃除をしているのですが。。。。

d0061857_1735592.jpg
↑今朝のモップです。
昨日モップ掛けをしたのは誰だろう??(ノд-。)
次の日にモップを掛ける人のことは、まったく考えていない有様。

d0061857_17362683.jpg
↑まずは範を示すことからはじめようと思います。


今日も頑張っています(*゚▽゚)ノ

佐藤 麗司朗
[PR]
by tukasa-rea | 2007-01-20 18:06 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(26)

ドラマ撮影

こんにちは(^^)
いま、事務所の隣りでドラマ撮影がされています。。。
ものすごい人だかりです。。

d0061857_14151625.jpg

フジテレビ系列局にて4夜連続で放送するらしい。
主演は香里奈さん。

d0061857_14183438.jpg

仕事帰りの主人公がペットショップに立ち寄り、
お気に入りのペットを見つけ通うらしいです。

うぅ~む。
すごく忙しいのに、仕事に集中できません(ノд-。)
(ミーハーな僕)

佐藤 麗司朗
[PR]
by tukasa-rea | 2007-01-18 14:21 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(20)

一年が過ぎるのは早い

d0061857_181425100.jpg
 平成19年もスタートしました。
 昨年を振り返ると新メンバーの入社、事務所移転等、動の年だったと思います。多くは語りませんがプライベートでも動の年でした。
 
 そして昨年も飲みました。注がれるままに飲みました。
 この写真は昨年、池袋西地区の忘年会での1枚です。目と口元が危険に見えますがまだ意識はあります。大先輩にビールを注がれているところを他のつかさメンバーに撮られました。みんなはその間に美味しい料理を食べていました。ビールも好きですが料理もデザートももっと食べたかった。。。ではなく、いろいろな話が聞けてとても勉強になりました。

 昨年は笑ったり、怒ったり、泣いたりしましたが良い年でした。
 今年も昨年以上に良い年にしようと思います。


肥田 匡志
[PR]
by tukasa-rea | 2007-01-09 19:18 | 肥田 匡志(宅建主任者) | Comments(2)

役食格付け~多摩市~

新年が明けて1週間、世間も動き出したところ。
お正月気分ももうおしまい。
おせちに飽きたらカレー、
ということで、今年もやっぱり役食格付け。

さて今回は、多摩ニュータウン擁する多摩市。
案外、影の薄い都市で、都民でもなじみの無いことが多い。
多摩センター、聖蹟桜ヶ丘と言った方がわかるだろうか。
ただし、多摩動物公園は多摩市には無い。

ちなみに私が2年間住んでいた街でもある。

さて、前置きすべきは、
外食チェーン「ニュートーキョー」が運営していること。
高評価が期待される。


d0061857_13384942.jpg


カレーライス 450円

価格:B-
    サラダ付ではあるが・・・。
    これまでの最高値を更新。
    「ニュートーキョー」プレミアムについては考慮しなかった。
    庶民レベルからやや脱しそうである。
        
ボリューム:A-
    本来は標準的。
    しかし、この日中途半端な時間に駅ソバを食べたため、
    中途半端な腹の空き具合に対しては満足だった。
    (結局、カレーの量に関係のない評価だけれども。)

味:A
    カレーは甘くも辛くも無く、普通。
    ところが具に特筆すべきものがある!
    それは、にんじんと肉が後乗せなのである。
    どういうことかというと、
    カレールーが皿に注がれた後に
    カレーとは違う鍋で温められたにんじんと肉が
    出てくるのである。
    煮崩れしないにんじんと肉の存在感が際立っている。
    これを見過ごすわけにはいかない。
       
総合:A-
     やはり、独自の製法に高いポイントがつく。
    それから、わかりづらい部分ではあるが、
    厨房内のおばちゃんの接客が大きな声で非常に良かった。
    ということで、今回は他の役食ではあまり付かないポイントで稼いだ。
     

今年もこんな感じで役食格付けはだらだら続いていく。



しのはら こういち
[PR]
by tukasa-rea | 2007-01-08 14:07 | 篠原 興一(行政書士) | Comments(2)

初笑い

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

この週末は、連休にもかかわらず雨や風が強く、寒さが身にしみる日が続いております。それに比べ、年末年始は穏やかな天候に恵まれ、ご来光を拝まれた方も多かったのではないでしょうか。

自分はと言いますと、12月31日から1月1日という、まさに「年末年始」を大船渡で過ごしてきました。ご存知かと思いますが、大船渡は太平洋に面し、魚介類に恵まれた土地柄です。そこで自分も、この先マグロが食べられなくなるかもしれないということで、安くて新鮮なところをたっぷりと体内に蓄えて帰ってきました。

さてさて話は変わりますが、弊社の地元・池袋には池袋演芸場がございます。
以前、東京駅近辺で働いていた頃は、帰り道に上野の鈴本演芸場に寄ったりもしていました。池袋で仕事をすることになって「たっぷり」話を聴けると思っていたのですが、なぜかトンとご無沙汰です。時間は作るものと言いますが、なかなか難しい話です。
d0061857_16554284.jpg

新春ですので池袋演芸場も元日から開いていまして、3時間で3,000円ぽっきりという安さです。演目はホームページ(http://www.ike-en.com/)でご確認いただけます。
d0061857_16564366.jpg

「笑う門には福来る」と申します。初笑いがまだという方は(そんな人はいない?)ぜひ足を運んでみて下さい。身の回りに漂っていた妖気も陽気に変わること、間違いなしです。

どうも、お後がよろしいようで。
失礼致しました。

(千葉 康広)
[PR]
by tukasa-rea | 2007-01-07 17:09 | 千葉 康広(税理士) | Comments(4)

謹賀新年にちなんで...


おめでとうございます。
年末年始いかがお過ごしでしたか。

私は家で年(&歳)を越し、元日は珍しく正月らしい過ごし方をしました。

まず、カウントダウンで初詣に行きました。
平安朝末より鎮座している地元の産土鎮守神という歴史のある神社。
20年以上も住んでいて最近まで知らなかったもので、初めての参拝でした。
そんなことを知らなかったら、ばちが当たりますね。。。
ハイ、今年からは毎年行くことにします。
ついでに、おみくじを引いたら「大吉」でした。何年ぶりだろうぉ~♪♪

昼間は深川七福神めぐりをしました。これもお初です。
色紙を買って神社それぞれで朱印を押してもらいました。
こちらが証拠の品↓
d0061857_15304147.jpgd0061857_15305487.jpgd0061857_15311132.jpg
d0061857_15312239.jpgd0061857_15313631.jpgd0061857_15315268.jpg
d0061857_1532558.jpg


             全体像はこんな感じ↓
d0061857_15383980.jpg


家~一つ目の神社約30分 → 七福神めぐり約2時間 → 7つ目の神社~家約40分
歩き続けて約3時間。最初はお散歩のつもりが、最後はもうクタクタでした…
達成感はありましたけれど、七福神を巡る2時間がウォーキングには最適な時間ですね。
現地までは交通機関を利用することをぜひおススメします(当然ですか)。
ご開帳は元旦から1月15日の間で、その間に限り色紙・笹・鈴の授与があるそうですヨ。

皆さんにとっても良い一年になりますように。
今年も宜しくお願いします。

金沢 貴恵
[PR]
by tukasa-rea | 2007-01-05 17:17 | 金沢 貴恵(宅建主任者) | Comments(8)

あけましておめでとうございます。

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

d0061857_1981656.jpg

d0061857_1993247.jpg
                               (2007年新作)

旧年中は格別のお引き立てを賜わり、御礼申し上げます。
本年は弊社も三年目の春を迎えました。
地歩を固めつつ、社業の充実・拡張を図る所存です。
今後とも、より一層のご支援を賜わりますよう、お願い申し上げます。

平成十九年 一月


有限会社つかさ不動産鑑定事務所
代表取締役 不動産鑑定士

佐藤 麗司朗
[PR]
by tukasa-rea | 2007-01-04 15:52 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(28)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea
プロフィールを見る
画像一覧