<   2006年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

池袋駅再考。

池袋という街はJRと私鉄の線路によって完全に東西に分断されている。

学生時代はサンシャインや東急ハンズのある東口を利用していた。今は会社のある西口がメインとなっている。会社帰りに東口まで行くのは正直言って億劫だ。

しかし商業施設が集まるのは東口。西口の書店というと東武百貨店のテナントしかないが、専門書を探すとなると東口まで足を延ばさなければならない。
d0061857_2005198.jpg

写真はYahoo!のマップからぱくってきたもの。

池袋駅は東武百貨店と西武百貨店・パルコに挟まれている。両百貨店の地下通路で結ばれ、その距離は100m、走れば僅か10秒。

しかし、西武百貨店に行こうとしても、地下通路は西武・JR・東武の利用者に地下鉄の乗降客も加わり、結構な人混み。自分の歩幅で歩きたい性分なだけに、歩いているだけで疲れてしまう。
ちょっとしたものを探すために東武百貨店を見て、次は西武百貨店というのもシンドイ。

そこで、もっと使いやすくするための提案。
と言っても大したものではなく、西武鉄道・JR・東武鉄道の上空をショッピングセンターにしてしまうというもの。品川や大宮のエキナカを拡大版。

各鉄道のホームからその上空部分への出入りは自由にし、他社の領域にも入場券100円程度で入れるようにしてしまう。おまけに西武百貨店・東武百貨店へも接続してしまう。
地下通路も空くし、両百貨店を見て回るのも楽々。

西武と東武のライバル意識が強いのはわかるけど、入場料収入も入るし、どうでしょうか、この案?

池袋駅、最高!

(千葉 康広)
[PR]
by tukasa-rea | 2006-09-27 20:05 | 千葉 康広(税理士) | Comments(8)

お役所格付けに当たって

唐突だが、仕事で訪問した役所の格付けを
個人的に不定期にこのブログで載せる事にした。

それはなぜか。

不動産の仕事をしていると、
その不動産について調査のため、役所に赴く。
今月の場合、行き先を書き記したカレンダーを見ると、
港区、新宿区、中野区、葛飾区、日野市、武蔵野市、市原市、町田市・・・・・
とにかく様々な地域の役所に赴く。
だが、役所はコンビニやファーストフードと違って、
フランチャイズではない。
もちろん、応対もサービスも一律ではない。
この違いをデータベース化したら、
面白いかなと思ったのである。

格付けするポイントは、
食堂、応対、総合的なイメージの態度の3点。

ただ、わたしの独断と偏見と個人的な志向でコメントするつもりなので、
過度に頼らないこと、信用しないこと、話半分に聞くこと。


早速の今日は、昨日訪問した江東区役所。

食堂:B-
   庁舎の8階、眺めはいい。
   ただし、どのテーブルにもなにかをこぼした跡がある。
   あまり綺麗とは言えず。
   日替わり定食が、和・洋あり、価格は500円、社職相場では平均的か。
   丼もの、麺類ほか、約20種類あり、メニューは充実。
   
   わたしが食べたのは、「特製味噌ラーメン」400円。
   ところがこの味噌ラーメン、「特製」は「特異」だった。
   なにが「特異」かって、スープが赤い。真っ赤だ。
   唐辛子の赤が多い。
   役所の食堂でこんなバイタリティーあるラーメンに出会うとは。
   味はまあまあ。
   ただし、水がお替りできず(給水器ややかんがない)。

応対:A-
   どの部署の職員も適切な応対の仕方。
   気の短いわたしもいらだつことがなかった。
   優ではないけど、良だ。
   また、各種オリジナルの資料を作成しており、
   それらを配布していることが嬉しい。
   職員のほとんどがみなネームプレートをしていることも評価。

総合:A-
   東陽町駅より徒歩10分以内。立地に問題なし。
   庁舎は、やや古いが、基本的にはすべての部署がひとつの建物もまとまっている。
   各階のエレベーター前に冷水機があるのがよい。
   マイナス点は、エレベーターがなかなか来ないことと、
   地上1階には実質駐車場しかなく、入り口を混同してしまうことだろうか。


以上、江東区役所の格付け、おしまい。


どうっすか、こんな格付け。


しのはら こういち

   
   
     
    
   
[PR]
by tukasa-rea | 2006-09-26 15:19 | 篠原 興一(行政書士) | Comments(9)

9月特大号 ~ 僕は今月で32歳(ノд-。)

こんばんは!ご無沙汰してます(^▽^)/
もう夏とは言えない。かといって秋とは言いがたい。
曖昧な季節に生まれた佐藤麗司朗です。
今月29日にとうとう?僕も32歳。
早い(;´▽`A
気持ちは10代のまま月日だけが経っていきます。
世の諸先輩方もやはりそうでしょうか。。

先日、和歌山にいってきました♪
d0061857_15384462.jpg
東京を出るときは雨でした。
早起きして傘をさしてトランクをガラガラ。
関西国際空港につくと初夏のような日差し。
やっぱり日頃の行いが良い(´ ▽`)
北に神戸、東に大阪、西に淡路島、人工の離れ小島から、和歌山へと上陸します。
写真は、関西国際空港島と「りんくうタウン」を結ぶスカイゲートブリッジです。
世界で一番長いトラス橋(橋長3,750m)なんです。
走っていて、昨年度訪れた伊勢湾岸自動車道(愛知と三重をつなぐ道路)と
雰囲気が似ているなぁと思いました(三重のほうは工業地帯が見えちゃいますが)。
大阪湾が朝日に照らし出されていて綺麗でした。
この高速。行きはよいよい帰りは怖いで、関空へ戻るときには1,500円取られます(-"-;)


和歌山といえば・・・徳川吉宗(暴れん坊将軍)っ!
d0061857_16122697.jpg
和歌山城。。市役所やら法務局やら真横を通過するも、
辿りつく余裕はありませんでした(ノд-。)
写真は市役所より拝借。
吉宗は満32歳、その歳33歳までこの和歌山城を居城とする藩主でした。
その後はご存知!江戸幕府の8代将軍になります。


和歌山といえば・・・お待たせしました。
和歌山らーめんっ!
d0061857_1615195.jpg
和歌山らーめんには二つの流派があるらしいです。
一つは、「井出系」で、井出商店の濁ったスープに代表されるもの。
もう一つは、和歌山らーめんの源流といわれる「車庫前系」。
戦後、路面電車の車庫前に屋台を連ねたことからこう呼ばれているそうです。
こちらはその源流「丸高」。
※ 井出商店にも行きたかったけれど、当日はお休みでした。。


d0061857_16215146.jpg
味はご想像にお任せします( '∇^*)


d0061857_16225633.jpg
餃子もしっかり。


d0061857_16231499.jpg
早寿司(さばの押寿司)もきっちり。
一つ100円。精算時に自己申告制です。
どうしてらーめんと一緒に食べるのかなぁ?


あれれっ?!ダイエットは?!って思ってらっしゃる方も多いかな。。
大丈夫。僕には「読むだけダイエット」が付いていますから!(o^∇^o)ノ
体重はすでに3kg減ってます。

さらにさらに。
前回ゲストブロガーのM氏の三次試験合格&渡豪を祝して、
鯛めしの有名店「銀平」へ。
d0061857_16341571.jpg
思いっきり順序が逆です。すでに満腹感で包まれていました。
フツーは締めにらーめんでしょ。。
この店に入る前、腹ごなしのためにしばし夜の和歌山をふらつきましたL(゚□゚)」

d0061857_1637579.jpg
お通しで秋刀魚のお寿司。


d0061857_16375373.jpg
紀州名産で作られた自家製梅酒。


d0061857_16385818.jpg
もうご満悦。


d0061857_16392271.jpg
オーダーしてから50分はかかるという名物鯛めし。


d0061857_16395737.jpg

もう何もいらない。日本人に生まれてよかった。゜゜(´□`。)°゜。


翌日も晴れでした。
仕事は思いのほか苦戦するも、なんとか空港にたどり着くことができました。
しかし、ANAもJALも全席満席!(;´д`)
連休前の関空はキャンセル待ちでごった返してました。
事務所に連絡してインターネット予約を試み、どうにか最終便での帰路を確保(´ ▽`)
しかし・・・3時間も空港で立ち往生。


そうなればやっぱり・・・。
d0061857_16452061.jpg
国内線ゲート内の町家小路で飲食開始っ!


d0061857_16505886.jpg
仕事終わりの一杯が美味いっ!M氏も気が緩みます。
町家小路の店々で、寿司、パスタ、たこ焼き・・・片っ端から食べた気がします(;゚□゚)


羽田につくなり、湿気と人の多さに東京だなぁと実感。
そんな旅情にうつつを抜かしている間もなく、終電に駆け込むため
M氏を置いてけぼりm(._.)m
d0061857_16552272.jpg
機内持ち込み禁止のワインオープナーの受け取りを待つM氏。
ワイン通でいつもMy Openerを持ち歩く。
世田谷区経堂で知らぬ人はいない名家の御曹司!!
ちなみに彼女募集中です。


これだけ食べて、本当に痩せるのか(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||
でも!会社までの往復をチャリで通勤しているから・・・。
d0061857_17341948.jpg
深夜にチャリを漕いでいると突如として現れる難関。
しかしよく道路を掘り返すものだ。
年末に集中しないよう配慮はされてるみたいだけど、
工事の絶対量は減っていない気がします。
無駄な税金は使ってほしくないものです。
う~ん。
ちょっと気を引き締めよう。
確かに最近、食べ過ぎてる気がする(^▽^;)


ささやかながら社員孝行。
d0061857_17164554.jpg
9月は都内を中心に社員が出たり入ったり。
全員揃っての御馳走に、みんなも大はしゃぎヽ(´▽`)/
M氏も居たらもっと楽しかったのに(ノд-。)


d0061857_17182328.jpg
ワイワイガヤガヤ。「この前の実査ではこんなことあったんだよ。」


d0061857_17193265.jpg
「 ふんふんそうなの?で、その後どうしたの?」


d0061857_1721359.jpg
全国の千葉さんファンの皆様。こんな日もあります。
お許し下さい(; ̄▽ ̄)ノ


d0061857_17243177.jpg
どんどん崩れていく面々。酒は飲んでも飲まれるなっ!


d0061857_17221925.jpg
お開きは近い。みんなまっ赤!(笑)


d0061857_17245771.jpg
池袋ウエストゲートパークにて一枚。
クリック拡大してみてください♪
みんなの顔が自信に満ちていて何とも心強い(一番左は疲れてる?)!
ちょっと戦隊ものっぽい?(*^-^)
千葉さんは「扇をやるの?」っとステージで提案してくれましたが。。


つかさも9月で2回目の決算を迎えます。
決算回数でいうと2歳。
僕と30歳違いのこの会社はどこまで育ってくれるかな。
理想までの道程はまだまだ遠い。
千里の道も一歩から。


今回も写真多くてごめんなさい。
最後まで目を通して下さり、ありがとうございます!m(;∇;)m

佐藤 麗司朗
[PR]
by tukasa-rea | 2006-09-23 18:09 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(48)

社員じゃないけど言いたい放題ブログ

はじめまして。
不動産鑑定士のMと申します。
d0061857_2092439.jpg
社長の麗司朗さんとは鑑定士二次受験時代からの友人で、
今回はヘルプとして仕事をお手伝いさせてもらいました。
前の事務所では地方の案件は殆どやった事がなかったもので、
とてもいい勉強になりました。
社員ではないのですが、『言いたい放題』言わせていただきます!


―――つかさ不動産鑑定事務所の印象について

前の狭い事務所と比べ、格段にキレイ&働きやすくなってますね。
社員が全員仲良しなので雰囲気もよく、お客様も立ち寄りやすいと思います。
店頭の黒板、オリジナルのぼり、キッズコーナーは一見の価値ありです。


―――各キャラクターについてズバリ言うわよ!!

社長(麗司朗さん)
旧知の仲、講座にまだ友達がいなかった頃、勇気を出して話しかけた相手。
一緒にボロを着て?東池袋の公園のアスレチックで念仏(鑑定評価基準)を唱えた。
しかも唐揚弁当片手に( ̄ロ ̄;)
6年前のまだ何者でもなかった頃を考えると、こうして一緒に仕事できるのは
幸せな事だと思う。
あの頃の髪型とファッションセンスは正直どうかな?と思う( ̄ロ ̄;)
アツい男。突っ走る男。出来る男。夜はとっても○○な男。
『朗』の字が一緒で打ち解けた男。」


金沢さん
さわやかなBeauty Lady。
つかさ不動産鑑定事務所の一輪の花。
つかさに行ったときは是非とも、金沢さんの笑顔に迎えられたい。
社長と金沢さんの論戦は、聞く者の耳を覆わしめるとの評判?
粋な女性(ヒト)。


千葉さん
Coolで知的なオトナのオトコ。
写真撮影のときの笑顔がぎこちないのはご愛嬌?
仕事上のわからないところを色々と教えていただきました。
税務と鑑定の両刀を使いこなす、とてもインテリジェントな殿方。


肥田さん
心やさしく、親しみやすいNice Guy。
写真撮影のとき笑いすぎなのが玉に傷。
不動産業者とのやりとりの中でビシバシぶつかっていく姿勢に心打たれました。
今回は、その掟破りの食欲に触れる事が出来なかったのが残念。


篠原さん
笑顔が可愛く?温かみのあるWonder Boy。
僕が事務所で仕事をしているときは大抵外出(実地調査)中でした。。
今回はじめてお会いしました。
荻窪&荻窪のラーメン屋事情通。
地図を開かずして、ターミナル駅等を言い当てる特殊能力をお持ちのようです。

     
―――つかさのみなさまへ
今回はいろいろとお世話になりました。
特に慣れない面でご迷惑をおかけしたかもしれません。
10月より渡豪いたしますが、帰ってきたらまた遊びに行きます!
艶男(アデオス)!!

d0061857_19525778.jpg
↑和歌山のコンビニで撮りました。
ここでしたヒト?がいるのでしょうか?( ̄ロ ̄;)
激しく謎です。

不動産鑑定士 M
[PR]
by tukasa-rea | 2006-09-22 20:13 | Comments(7)

あしたはうしの日

明日はうしの日。
丑の日ではなく、牛の日。
なかにはお待ちかねの人もいるはず、
吉野家の牛丼復活の日なのだ。

アメリカのずさんな牛肉の管理、
日米の外交問題にまで発展し、
気がつけば吉野家が牛丼を休止してから
もう2年以上も経っていた。
その間、頑なにアメリカ産牛肉にこだわり、
カレー丼やマーボー丼など、
とてもじゃないが、魅力を感じないラインナップで耐えていた。
ガラス張りの吉野家には私が見るといつもひとり、ふたり程度の客しかいなかった。

ようやく、灰色の決着ながら、牛肉の輸入が再開したのが最近のことである。
ここぞとばかり、吉野家は牛丼再開を大体的に告知。
加工センターをプレスに公開し、
店頭では復活の18日までをカウントダウンしている。
しかしなぜここまで牛丼にこだわるのか。
いや吉野家が、ではなく、
マスコミや一般消費者が、である。

そこには、日本の伝統的食文化に対するこだわりという
深い事情を感じる。
確か、文明開化のころの「牛すき」が始まりだろうと思うが、
そういった薀蓄はウィキペギアに任せるとして、
立ち食いそば同様牛丼は特にサラリーマン社会には欠くことの出来ないもので、
ましてや老舗の牛丼となれば、より一層のことなのだろう。
たとえば、
ハンバーガーのないマクドナルド、
コーヒーのないドトール、
ナボナのない亀屋万年堂
といったところだろうか。

そういう意味では、やっと牛丼のある吉野家が復活する。
未だアメリカ産牛肉に対する不信感は根強いものの、
関係ないだろう。
数時間で売り切れるにちがいない。

くしくも明日は日本列島台風縦断。
しっかり自宅の雨戸を閉め、カッパに長靴で行列に参加された方がよいのでは。

えっ僕ですか、僕は行きません。


しのはら こういち
[PR]
by tukasa-rea | 2006-09-17 18:12 | 篠原 興一(行政書士) | Comments(6)

9月16日、晴れ。

まとわりつくような湿度の高い空気も、もはやない。
早足に歩こうとも汗がでないことに秋の到来を感じる。

雑貨屋の店先には、早くもカボチャが並んでいる。
あんなに並べたら、ハロウィンに子供たちが押し寄せるだろう。
d0061857_724537.jpg

朝から太鼓が鳴り響く。
暗くなった頃、通りを神輿が過ぎてゆく。
盛夏の風物詩も、その後姿が夏の終わりを伝えていた。

ひとり机に向かえば、虫たちの心地よい音色に包まれる。
今夜は一献かたむけたい気分です。

(千葉 康広)

P.S.
酔って目が覚めたら月曜日になっていた。
[PR]
by tukasa-rea | 2006-09-16 22:00 | 千葉 康広(税理士) | Comments(2)

梨について

 前回、梨について少し話しましたが、いい機会だったので詳しく調べてみました。
 梨は、バラ科ナシ属の植物、果実で原産は日本、中国、フランスが有名です。花期は4月頃で、果実は秋になり、「梨」は秋の季語とされています。 梨は「洋ナシ」と「和なし」があり、「洋ナシ」は明治時代に日本に導入され、東北地方などの寒冷地で多く栽培されています。「ラ・フランス」などが有名です。「和なし」は日本で食べられ始めたのは弥生時代頃とされ、当時の遺跡などから多数食用にされたとされる根拠の種子などが見つかっています。「幸水」、「豊水」、「二十世紀」などが代表的です。


 先日、送られてきた鳥取県産の「二十世紀」です。
 鳥取県が全国の半数以上の収穫量となっていますが、長野県、福島県、新潟県、群馬県でも栽培されています。歴史を調べて見ると意外にも鳥取県ではなく、千葉県から始まったそうです。
d0061857_2045287.jpg 


d0061857_20454077.jpg 

 千葉県松戸市において明治21年、松戸覚之助という13歳の少年が、ゴミ捨て場に生えていた梨の木を見つけたことが始まりだそうです。それを父親の経営する梨園に移植したところ、甘味が強く多汁の梨ができたそうです。
 「二十世紀」と名づけられたのは、明治31年で渡瀬寅次郎という人が名づけました。来たる新世紀(二十世紀)における、代表的品種になるであろうとの観測と願望が込められ、命名されたそうです。 鳥取県に導入されたのは明治37年で、その後特産品となり、全国的に有名な「二十世紀」梨となりました。


 鳥取県には「鳥取二十世紀梨記念館」というとても立派な建物があります。梨の歴史や化石、その他、梨をテーマとした工芸体験をすることができます。
d0061857_1147151.jpg 



 皆さんも鳥取県に行った際には、是非行って見てください。
 
 なぜか最後は鳥取県についての話になってしまったような…

 
 肥田 匡志
[PR]
by tukasa-rea | 2006-09-13 20:47 | 肥田 匡志(宅建主任者) | Comments(6)

ひとめぼれ


皆さん今日もおつかれさまです。
今回は、うちの会社の癒し系アイドル「がじゅまる」(通称ガジィ)をご紹介します。

新事務所に移転した時に、社長がひとめぼれで購入してやってきました。
「ひとめぼれ」といってもお米の銘柄ではないんです。
大地を踏みしめて歩いているような幹がかっこいいということで・・笑。

d0061857_2083925.jpg



原産地はインド、東南アジア、沖縄。  
・・・暑そうですね。

「妖精の住む樹」とも呼ぶ地域もある、神秘的でロマンチックな植物だとか。
・・・うちの会社にも妖精が来てくれるのかなぁぁ。

自生地では樹高20mにもなる高木で、多数の気根を出し、
・・・気根は出してます!
垂れ下がった気根は地面に着くと支持根となり、たがいにからみ合って、
・・・垂れ下がるほどではないけど
巨大な幹に見えるようになるそうです。
・・・ガジィ氏がそこまで大きくなることはないでしょうね。

こちらは、やってきた当初のガジィ氏。

d0061857_2082951.jpg


この写真じゃ分かりづらいんですが、
当時と比べるとだいぶ新しいはっぱや芽が出てきてるんですよ。

お恥ずかしい話ですが、
今まで私は植物をうまく育てたことがありません。
というかだめにしちゃうといいますか。
だいたい、水をあげすぎて根ぐされさせてしまうようです。
今回ばかりは、水をあげたくても2日は様子を見るとか、ちょっと意気込んでます。
楽で上手な育て方をご存知でしたら、教えていただきたいくらいです(千葉さん風)。

でも、種も仕掛けもあって、
ハイドロカルチャーという、土の代わりに粒の煉瓦のようなハイドロボールを使って、
観葉植物を栽培する方法なので、普通の植木鉢よりも育てやすいのです。
その上、特殊な容器なので水の量も自然に調節してくれて、
私がやることは水が容器になくなったら入れるという作業だけ!!
スミマセン。ズルしました。

他にもいただいた植物があるので、彼らには細心の注意を払うことに致します。
また、成長記をご報告します。

金沢 貴恵
[PR]
by tukasa-rea | 2006-09-11 20:06 | 金沢 貴恵(宅建主任者) | Comments(7)

お薦め観光地

 こんにちは。つかさ不動産鑑定事務所が開業してから、1年4ヶ月。
仕事柄、全国飛び回るので、プライベートではなかなか訪れないような場所にもよく行きます。その中で今回は鳥取県をご紹介したいと思います。
なぜ鳥取県なのかは話すと長くなるので、またの機会にします。

 初めて訪れたのは昨年の12月24日、クリスマスイブでした。
(詳しくは年末特大号のブログにて)
 その後、いろいろと縁がありお盆休みにも行って来ました。
 d0061857_12361344.jpg 
 鳥取県といえば、まず思い浮かぶのは砂丘ではないでしょうか。東西16km、南北2kmに広がる砂丘は、天然記念物に指定されており、自然が作り出す芸術に圧倒されます。真夏にも関わらず、大勢の観光客がいました。




d0061857_132965.jpg

 砂丘同様に有名なのが大山です。呼び名は「おおやま」ではなく「だいせん」と読みます。中国地方最高峰で標高1,709mです。
 西側から見る景色は「伯耆富士」と呼ばれており、名前のように富士山に負けず劣らずの素晴らしく雄々しい姿を見せてくれます。

d0061857_13212198.jpg
 相変わらずの食べ物になってしまいますが、鳥取県といえば20世紀梨です。私も名前は知っていましたが、鳥取産というのは最近知りました。旬は8月下旬から9月下旬で、ちょうど今頃が食べ盛りとなっています。


 他にも海が綺麗だったり、温泉もあったり、冬にはスキーもできて、日々都会で働いている自分にとって、とても安らぐ場所です。なかなか頻繁には行けませんが、休みが取れたらまた行きたいな。
 肥田部長お薦め観光地でした。
(実際に訪れたのですが、写真は取れなかったのでHPより拝借しています)


 肥田 匡志
[PR]
by tukasa-rea | 2006-09-08 15:42 | 肥田 匡志(宅建主任者) | Comments(10)

援軍の到着

こんにちは!
今日も昨日に続いて、降ったり止んだりの曖昧な天気でしたね。
鑑定評価書の納品も一段落し、幾分リラックスしていましたが、
湿度と累積された疲れに憂鬱な午後を過ごしておりました。
そんな僕に、「最強の援軍」?が到着しました!!

なんとも心強い!
本当だとしたら一騎当千に値しますょ(´ ▽`).。o♪♪
うれしくって御紹介しちゃいます。

d0061857_1863089.jpg
心理学の先生が教える「読む」だけダイエット
サブタイトルは「やせるのがこんなに簡単だったなんて!」です。
著者は、市村操一氏(東京成徳大学臨床心理学科教授)・小澤まや女史


素晴らしい。素晴らしすぎます。゜゜(´□`。)°゜。
先日のダイエットのブログ「今からここから!」を書いた際に、
トラックバック&コメントさせて頂いた青木実(あおきまこと)氏が、
援軍を派遣してくれました!
本当に、たまたま「ダイエット」って検索してめぐり合えたのです。
6行のコメントを書いただけなのに、旧知の親友を得た気分でおります(^▽^)/

青木氏は世田谷区の深沢で「space5watts」というギャラリーを経営されています。
1周年を迎えられたそうで、誠におめでとうございます!
まだお会いしたこともないのに、ブログでこんなことを言ってるのがちょっと不思議です。
改めてインターネットって凄いなぁと感心しています。

チャリ通勤&水泳で孤軍奮闘している僕にとって、
「最強の援軍」が到着した想いです( '∇^*)
↓ご丁寧にお手紙まで頂きまして、あんまりにも
イラストが可愛いのでアップしますね!!
d0061857_18122485.jpg

まだ本文を読んでおりませんが、効果のほどはブログにて
ご報告させて頂きたいと思います(o^∇^o)ノ



読者代表に選ばれるくらい痩せてみせます
佐藤 麗司朗
[PR]
by tukasa-rea | 2006-09-07 18:41 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(34)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea
プロフィールを見る
画像一覧