タロット


こんにちは。
金沢です。
今年は、梅雨前の大雨のせいか梅雨に入ってから雨が少ない気がします。

先日、初めて本格的な占いをしてもらいました。
本格的と言うと、どれだけスゴイ占いなのか?と思わせますが、
要はお金を払って占ってもらったということ。
日常でも、テレビや雑誌で今日(今月)の運勢やら血液型占いやらと
無意識に目にすることは多いですよね。
ネット上でも無料の占いコーナーがたくさんあります。
もちろん私も、人の運勢を12種類や4種類で分けられるわけない!と思っているし、
こういった占いは全く信じません。
でも、1対1で占ってもらうなら、多少は信じられるんじゃないでしょうか。
(占う人の腕にもよりますが・・。)

「占い」というと、どうしても胡散臭いイメージがありますよね。
特に男性なんかは理解しがたいものかもしれません。
ただ、私が思うには、当たる当たらないはそれほど重要なことではなく、
何か行動を起こすきっかけを作ったり、迷いに対して客観的な後押しをもらったり、
この先に希望を見出したり、気づいてない自分の性格を知ったり、
そういう材料を他力本願的に求めてるのではないでしょうか。
だって、占いがはずれたからって裁判を起こそうとは思わないですよね。
私の目的は、興味80%(残りの20%は・・・キギョウヒミツ)。

ところで、本題の「タロット占い」です。
タロットは占って貰いたいことを念じながらカードを引いて占うのですが、
そのカードを引くのは偶然ではなく必然なんですって。
ただ、その時の自分が引くカードなので、また数ヶ月したら変わってくるそうです。
(私が言うと、余計胡散臭いですか?笑)
表の性格と、見えていない裏の性格もカードで分かります。
これは生年月日から分かる一生変わらないカードです。
↓私のカードです。シールをもらいました。
d0061857_1785868.jpg



友人数人でそれぞれ占ってもらい、あとで言われたことについて話しました。
ある人は、今年中に良い出会いがあると。
ある人は、転職したら今より良くなると。
ある人は、金運がいいので宝くじを買ってはどうかと。
そして私はというと・・・・
「自分では気づいてないかもしれないけど、疲れていて何も考えたくない状態」とな。
嗚呼、なんてこと!
エネルギー補給して、半年後にリベンジだ~!!

金沢 貴恵
[PR]
by tukasa-rea | 2006-06-25 16:26 | 金沢 貴恵(宅建主任者) | Comments(6)

0泊2日弾丸ツアー

ドイツW杯真っ只中の今。
こんなツアーでドイツまで足を運ぶニッポンサポーターも数多くいることでしょう。
(不眠不休でも2日でドイツは無理でしょうが・・・)

ところで、わたしの「0泊2日弾丸ツアー」は、
国外はおろか、東京からすぐそこの静岡。
仕事です。
何故0泊か、といえば、多くは語りません、語れませんが、
仕事上の都合ということです。

実は、静岡出身のわたしとしては
お忍び帰郷でもありまして、
そんな静岡での仕事の合間に
見て、食べて、感じたことを少々。

d0061857_2023389.jpg


駿河湾といえば、サクラエビということで、
サクラエビのかき揚げ入りのそば。
地元では数十店舗ある「スマル亭」のおそば。
そばは別にこれといって・・・。
サクサクのかき揚げが非常にうまい。
サクラエビのサクサクと衣のサクサク感が同じ。
この店のかき揚げは、サクラエビの他にも
シラスのかき揚げがあり、それも美味しい。
価格は300円と安いので、
そばには期待せず、かき揚げ目当てで入ってみたらいかがでしょう。

わたしの腕が悪いのか、デジカメの調子のせいか、
それともかき揚げにされたサクラエビの怨念か、
写真からはちっともそのサクサクは伝わりませんが。



わたしの実家に程なく近い富士川の光景。

d0061857_20335620.jpg



「第2東名」って、知ってます?
東名高速道路の混雑を解消するために建設されている高速道路。
用地買収されていない計画地もあり、
予定は未定ということで全線開通は未定。
でも工事は着々と進んでいるんです、静岡県内だけは。
それで、こんな立派な橋が。

ただ、この立派な橋、
初めて車が通るのは何年後、いや何十年後のことでしょう。

後で知ったこと、
この橋は談合事件の舞台にもなっているらしい・・・。
やはり、金がらみなんですな、この工事は手際の良さは。




こんな寂しさの漂う旅行記ってどうなの、
って思ったのはわたしだけですかね?



しのはらこういち
[PR]
by tukasa-rea | 2006-06-21 20:51 | 篠原 興一(行政書士) | Comments(2)

6月特大号

こんばんは!
連日の蒸し暑さと、深夜のサッカー中継で早くも夏バテっぽいです(^^;
気が付いたらまたもや特大サイズに。。。。

先日、「ダムに沈む」という温泉に行ってきました♪
群馬県の川原湯温泉「高田屋」さんです。
http://www.takadayaryokan.com/index.htm

全景の写真を撮り忘れたので旅館のHPより拝借。。。
d0061857_1836597.jpg
ここの売りはなんといっても「砂風呂」。
生まれて初めて体験しました。
なんでもこちらが元祖なんだそうです。
女性スタッフの方が、ノシノシと砂をのせてくれました。
丁寧に足の甲までのせてくれるんです。
15分程度なのに、なんともいえない汗。

(↓口では説明できない雰囲気を漫画でどうぞ!クリックで拡大できます)

d0061857_18403359.jpg

でもこの温泉、「ダム」に沈んじゃうんですよ。。。
世帯数340戸、面積316ha、川原湯温泉は全て水没する予定なんです。
JR吾妻線「川原湯温泉」駅、国道145号線、国指定天然記念物等もひっくるめて
ダムに沈みます。


<八ツ場ダム建設の目的>
  by国土交通省関東地方整備局八ツ場ダム工事事務所

①洪水の調節
 ~利根川水系工事実施基本計画に基づき、下流部の洪水被害の軽減。
②流水の正常な機能の維持
 ~ダム下流に位置する名勝吾妻峡の景観保全と吾妻川の水量の増加。
③都市用水の補給
 ~群馬県・埼玉県・東京都・千葉県等の水道用水、工業用水として。

八ツ場ダム建設に関する調査は、昭和27年から始まりました。
昭和42年には、実施することを前提に調査出張所が設けられました。
僕がまだ産声すら上げていない頃から、コンコンと話が詰められていたんですね。
源頼朝公に由来するこの素晴らしい温泉郷は、長年にわたっていつ完了するかわからない計画に振り回されて、不安定な状態での営業を余儀なくされてきました。
過疎問題と相俟って地域全体が甚大なダメージを受けたようです。
本当に無くなってしまうのかぁ。
ダムの必要性もわかるけれど、やるせない気持ちになります。
僕らの世代しか行くことができないでしょうから、機会があったら行ってみてくださいね。
ちなみに、不動産鑑定士はこのような補償問題にも関与します。
立ち退き等による損失を算定するためです。



d0061857_19153612.jpg← 温泉内で卵が売っていて、自分で温泉卵が作れます。待っている間のこれまたやるせない僕です。
待つこと20分。単なる卵のはずなのに、先を競うほど美味しい。温泉卵を作れる場所は、誰でも入ってこれるところにあるので、ご近所の方からツーリングに来たライダーまでいらっしゃいます。夕方はひっきりなしで籠の奪い合いです。。。



d0061857_19145915.jpg
↑ 帰り道に、おもちゃと人形自動車博物館に行ってきました。
すごい組み合わせにびっくりです。



d0061857_19194719.jpg
↑ 館内には色んなものが所狭しと並べられていました。
大江戸温泉物語の縁日、池袋ナンジャタウン。最近は昭和ブームというか、レトロ志向が
強い施設が多いですよね。居酒屋さんでも昭和っぽい造作が流行っています。
確かにどこか懐かしい気分になれて素敵ですよね。



d0061857_19391914.jpg

↑ なぜかこの博物館。リスまでいます。
どうやら僕は、げっ歯類の動物に特に弱いらしい。
すごくリズミカルな動きが、ウサギとは違ってまたかわいい!(^▽^)
ほお袋にいっぱい詰め込んでるんですよ♪



d0061857_19424444.jpg

↑ そして極めつけ、「キューピーの色付け」です。
入場したときに肌色のキューピーが手渡されて、出口付近の特設コーナーで色付けが
できるんです。これが中々楽しい!
周りではファミリー、カップルがマジックを片手に時間を忘れてせっせと色付けをしてます。
いくらなんでも・・・この配色はないよねぇ(^^;)



d0061857_19261524.jpg

↑ さらに帰り道のロードサイドで、食いしん坊万歳。
焼きまんじゅうと焼きもろこし「だいこくや」さんです。



d0061857_1931042.jpg

↑ 最後のお客さんだったので、綿飴まで頂いちゃいました♪
このお店、昭和天皇に「元祖焼きまんじゅう」として食べて頂いたお店の流れを汲むらしくて、いろいろと丁寧に説明をして頂きました。
天皇家の方はどこの地方に行っても「元祖」をお召し上がりになるそうです。
お礼として「宮内庁ご用達」という称号と、菊の御紋の入ったタバコを頂けるとのこと。
大変、勉強になりました!



d0061857_19513736.jpg
↑ 先日、仕事で田端へ行ったときに隠れた名店を発見しました!
食いしん坊で路地歩きのスペシャリストは見逃しません(^^)
シチュー専門店「がらんす」です。店内はアンティークで素敵な雰囲気です。



d0061857_19512481.jpg

↑ 「ハンバーグシチュー」をオーダーしました♪
ガランス(garance)は、フランス語で「茜、あかね色、真っ赤な」という意味。
「味のルーツはスペインなのに変よね(笑)」っと店主。
僕の経験からして素敵なお店は、「今日はもしかして昼飯抜きか?」っという極限状態で新発見されることが多いです♪
あとで調べてみたら、モデルのはなさんも紹介されている穴場中の穴場のようです♪



d0061857_2004850.jpg

↑ またまた違う日に両国の江戸東京博物館へ行きました。
「ナポレオンとヴェルサイユ展」です。
キザったらしく?僕はちょこちょこ美術館へ足を運びます(ー。ー)v
郷土資料館は仕事でよく行きますが・・。



d0061857_20161817.jpg
↑ 僕はナポレオンをこよなく尊敬しております(*^▽^*)
勉強机の正面にはポスターが、会社のパソコンには壁紙として設定しています。。
かなりミーハーですよね(^^;
当時は統治手段としても芸術が利用されていましたから、おそらく現実とは異なって
凛々しく?描かれているのでしょう。
ナポレオンが発したといわれる演説でも、エピソードでもありえることですが、僕はこの
「統治手段」としてのナポレオンに憧れているのだろうか。。
織田信長といい、僕が尊敬する人物は悲惨な末路を歩んでいます。
でも「英雄=風ともに去るか、飛んでいなくなるか、壮絶な死」ってイメージが強くないですか?えっ?僕だけ??



d0061857_20172881.jpg

↑ そして本日、事務所の前で民間委託後初!駐車違反の取締り現場を目撃しました!
「前の車はこちらの車でしょうか?」っと、一応断りをいれてくれました。
なんて親切なんでしょう!
去年のちょうど今頃、路駐して捕まったときのお巡りさんとは大違いです。
手際といったら早いのなんの。
横断歩道からの距離を計測して、デジカメとって。。。5分くらいしかかからないんじゃない?



(おまけ)
今日は、昼休みに肥田部長とサッカーをしました。
かなり本気でPK。
サッカーボールを買いにドンキホーテに行って、値段に後じさり(^^;
やっぱりWカップ期間中の値上げだろうか。。
やむなくバレーボール(@998円)を代わりにしました。
約30分でダクダクの汗まみれ。
やっぱり30代と自覚しましたとさ(T▽T)

佐藤麗司朗
[PR]
by tukasa-rea | 2006-06-17 21:28 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(5)

世界の車窓からin高円寺

「世界の車窓から」としておきながら、
高円寺とはいきなりスケールの小さいオハナシですが・・・。

私が毎日使う中央線。
「中央線の車窓」。
その中央線に乗ると、高円寺駅から必ず見える看板がある。
実はその看板にここ2年ほど悩まされている。
いや、悩む必要はないのだけれど、気になって仕方ない。
その看板というのがこれ。

d0061857_1053251.jpg


>「ペット探偵養成塾」
>「経験ゼロからプロのペット探偵まで徹底教育
>あなたは・・・今の仕事に満足していますか?」

ペット探偵とは何か。
入塾するのは、ペットのほう?それとも人間のほうなのか?
何の夢が創造できるのだろうか。
よくわからない。
アシスタント募集とあるが、
アシスタントは人間でいいのか。
すると、ペットのアシスタントが人間ということなのか。

そもそも、動物を探偵にして何ができるのだろう。

尾行をさせるのだろうか。
ノラ猫、ノラ犬扱いされて、捕まってしまうだろう。

浮気の現場を写真におさえるのだろうか。
シャッターが切れん。
しかもその場で猫や犬が発情して吠え出しても困る。

果たしてこの「ペット探偵」、気にはなる。


>あなたは・・・今の仕事に満足していますか?

今の仕事に満足していない人間がペットをこき使う。
自分で探偵やればいいじゃん、
というオハナシである。


※「ペット探偵」をネット検索してみたらそれはそれはヒットすること。
 どうやら、迷子のペットを探し出す仕事らしい。
 まさか、ペットが探偵の働きをするはずがないよなあ。



 しのはらこういち
[PR]
by tukasa-rea | 2006-06-11 11:20 | 篠原 興一(行政書士) | Comments(2)

6月2日(金)に事務所のみんなで横浜の開港祭に行ってきました。
篠原君は私用で欠席でしたが(^^;
d0061857_1842759.jpg
開港の由来は日米修好通商条約で、1859年陽暦の7月1日(現在の6月2日)にアメリカ、オランダ、ロシア、イギリス、フランスの5カ国すべてに対して開港されました。
最初は神奈川が候補地に選ばれていたそうですが、外国人とのトラブルが予想されたために、当時としては辺鄙(へんぴ)で取り締まりがしやすい横浜の地に決まったそうです。
山車や手踊りで街中をあげて開港を祝ったのが開港記念日の始まりで、本格的な祭りとしての開港際第一回目は1981年で「第1回横浜国際デー “プレ横浜どんたく」という名前でした。
前置きが長くなりましたが、早速4人で横浜へ!
d0061857_12112041.jpg
メインは20時25分から始まる花火とライトによる饗宴「ビーム スペクタクル in ハーバー」です。
現地に着いて場所を確保するやいなや「質より量ブラザーズ」はダッシュで出店へ買出し!
人気メニューの出店では大勢の人が長蛇の列を作っていたので、自分と社長は手分けして食料調達!(まさに「翼君!」「岬君!」のゴールデンコンビです)
後はビール片手に開始の時間を待つばかり♪
d0061857_1282975.jpg
ノリノリの音楽とレーザー光線で「ここはディズニーランド?」的な演出もあり、とても楽しめました。
d0061857_1292946.jpg
30分と短い時間でしたが、打ち上げられた花火は5000発!
d0061857_12124011.jpg
久しぶりに見た花火にしばしご満悦。
d0061857_1216357.jpg
帰りはというと、予想通りの大混雑(*。*)
これがなければ最高だったのに…。
今年の夏も事務所のみんなと花火大会に行けたらいいなぁ(^▽^)

肥田 匡志
[PR]
by tukasa-rea | 2006-06-04 19:58 | 肥田 匡志(宅建主任者) | Comments(3)