昼休みにお花見してきました。
おかげさまで最近出張つづきでして、みんなが中々勢揃いしません。
昨日まで僕と肥田部長は大阪でした。
久々に顔を合わせたこともあり、急遽公園で昼休み。

d0061857_16543689.jpg
↑少し風が強かったけれど、8分咲きの桜の下でしばしノンビリ。
(左から肥田、佐藤、千葉)


d0061857_1717418.jpg
↑ちなみに篠原君は大阪から京都へと北上し、まだ帰ってきていません。。。。
(左から千葉、金沢、佐藤)


d0061857_17103869.jpg
↑やはり日本人。年に一度しか見れない花に心を奪われます。
年中さくらが見える居酒屋さんなんてのもありますが、限られた期間だからこそ稀少価値があるんですよね。


d0061857_16462817.jpg
↑近所の子供が野球をしていたので、混ぜてもらいました。
元・岩倉高校野球部の肥田部長がマウンドに。


d0061857_16481113.jpg
↑現役当時と比較して体が硬くなったか?
食後間もないこともあり、コントロールが。。。
小学生からも野次の飛ぶ始末。。。負けるな肥田部長!(笑)


d0061857_16494097.jpg
↑地元小学生がナカナカうまいのです。小学5年生でピッチャー4番。
日大三中へ推薦で行くらしい。。「つかさバッテリー」が翻弄されます。


d0061857_171593.jpg
↑バットエンドで昼下がりの野球大会は終焉を迎えます。。。
肥田部長の熱い投球に僕が場外ホームランで応えてしまう。。。
小学生のボールを紛失してしまいます。。。
「ごめんね。ボール代を弁償するよ」という僕に、小学5年生が「ボールなんていくらでもあるよ。また遊んでね。」と慰めのお言葉。
大物の器を小学5年生に垣間見て「サインを今のうちに貰っておいたほうがよい」と金沢さん。
名前も聞いてないけど、またいつか遊ぼうね。


佐藤麗司朗
[PR]
by tukasa-rea | 2006-03-29 17:20 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(3)


いよいよ、プロ野球のペナントレースがもうすぐ始まります。
そこに欠かせないのが、野球選手名鑑。

データ好きのわたしにとっては時刻表同様に暇なとき、
これで1時間はつぶせます(まったく生産性のない読書ですけど・・・)。
野球にあまり詳しくない人でも
観戦するときに照らし合わせると非常に便利だと思います。

ところがこの選手名鑑も年々変わってきているのです。
それはどこか、
・家族構成の欄がなくなった
・乗っている車の欄がなくなった
と言う点です。

つまりは個人情報保護による影響なのでしょうか。

これまで、既婚者の場合、奥さんや子供達の名前、年齢が載っていました。
それに乗っている車。
退屈な時に97年度版選手名鑑から全選手の乗っている車種を調べたことがあり、
実に全体の75%がベンツでした(だからどうしたというわけではありませんが)。

それが06年度版には載っていないのです。
ちなみに、家族欄のところには、「未婚」か「既婚」の記載だけ。
なんだか○か×の違いのようで30過ぎの選手が「未婚」と記載されていると
少し同情を覚えます。

それにしても個人情報が様々な形で流用されようとは
10年、20年前に想像できたでしょうか。
まあ、乗っている車や家族構成で
選手を好きになるなんてことはない訳で、
今までこんなことを公表してたこと自体が変だったのかもしれませんけどね。


しのはらこういち
[PR]
by tukasa-rea | 2006-03-20 16:25 | 篠原 興一(行政書士) | Comments(0)

めぐりあい

めぐり‐あ・う〔‐あふ〕【巡り会う・巡り合う】
[動ワ五(ハ四)]めぐりめぐって出あう。別れ別れになっていた相手や、長く求めていたものに出あう。「生き別れた親子が―・う」「幸運に―・う」
--------------------------------------------------------------------------------
[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

最近になって、鈍い僕でもようやく感じることがあります。
皆さんは既に感じてらっしゃる方もいるのかもしれませんが。

ある出逢い。
それは、学生時代の同級生(学生時代はあまり知らなかった)だったり。
会社の元先輩だったり。
事務所の隣り近所だったり。
不動産鑑定士の試験に合格した年度で割り振られた「同期」だったり。
たまたま買い物に行った先だったり。

日々色々な出逢いがあるけれど、何気ない出逢いが、廻り廻って自分にやって来るんですよ。
それは仕事としても有り得るし、プライベートとしても有り得る。
振り返ってみると、そのとき取った行動が引き起こさせているのかと言うとそうでもない。
偶然としか言いようのないことの方が多い。
社長という堅苦しくもヤリガイのある職種?に就いて約1年(営業開始は5月だけれど)。
今までめぐりあった数多くの方に支えられてきました。
本当に感謝してます。本当にありがとうございますm(_ _)m

独立するときに1階店舗にこだわって良かったと思うことは、黙っていても人がやってきてくれること。確かに狭いけどさぁ。。。
出逢いが数多く生まれるのです。
お客さんがお客さんを連れてきてくれることもある。
お部屋を案内したけれど、成約まで至らなかった方が、職場の同僚をご紹介してくれたり。
隣りの司法書士さんが弁護士さんを紹介してくれたり。
区議会議員さんが遊びに来てくれたり。

一昨日は、一見ヤバイ若者が、うちの事務所にやってきました。
サングラスをかけて、着慣れないスーツに操られるように。
最初はヤクザの方かと思い、追い返すべく牽制しましたが、
どうやらそうでもない。
目が悪くてサングラスをかけていたのです。
話を聞いてみるとこれが面白い。
ニッチに食い込むビジネスを企てているのです。
ふと振り返る。
僕は、果たして27歳でこんなトリッキーな発想があったかな。
資格業という枠に囚われて、脱サラしたときの勢いがなくなってきたのかもしれない。
そんなこんなで、その27歳と25歳の若者に知恵を投資した。
金無し、コネなしの31歳に「できることをしてあげよう」と思わせる、熱いハートの持ち主でした。
今後に大きく期待したい。

昨日は、親友の新居を探すお手伝いをさせて頂いた。
勉強ではライバル、仕事ではお客様。
遊びでも非常識な深夜訪問?と、公私ともども仲良くさせて頂いている大親友である。
素敵で知的な婚約者の方に照れてしまって、本来のトークが爆発できなかったけれど(^^;
結婚して新たな門出を迎えるお二人の第一歩を手伝えるなんて。
これほど嬉しいことはない(T▽T)
少しだけ?気兼ねして、遊びに行き辛くなるけれど。。。
「24時間耐久桃太郎電鉄」とか。それはさすがに失礼なので。。。
お互い忙しくて、ほとんど遊べないけれど、今まで以上に今後も仲良くしたい。

そして、夜は奇声がコダマする環境で飲んでみた(^^;
忙しさが殺人的にも係わらず、千葉取締役と肥田部長も巻き添えにしてみた。。。
それなりに?楽しんでもらえたかなぁ。
同い年で異なる士業をめざす青年。
新聞配達をしながら上を狙う青年。
脱サラして子育てしながら企業する青年。
年下ですでに成功を収めている社長。
孤独であるものの自由を満喫しているウェブデザイナー。
これも立派な出逢いでしょう。

今日は、外でタバコを吸っていたら(事務所内禁煙なのよ)、
鑑定士39期生の同期が事務所の前を通った。
晴れて三次試験に合格し、超大手へ転職なさるとのこと!!
(おめでとう!新しい人生の一歩に幸あれ!!!)
お互いが共通で知る鑑定士の同期ネタで盛り上がる。
誰が結婚する。誰が独立する。誰が転職する。
こうして話せるのも、めぐりあいなんだよね。

一緒に働いて、一緒に歯を食いしばってる皆も、めぐり逢うべくしてめぐりあったんだよね。

神様、仏様、ご先祖様。
宗教なんて信じない、何でもありの僕ですが、
人と人との「めぐりあい」は信じてみようと思います。


佐藤麗司朗
[PR]
by tukasa-rea | 2006-03-06 21:15 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(3)