「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今朝の通勤時の出来事。

朝夕がめっきり寒くなってきましたね。
そろそろ布団からも出にくい季節の到来です。

いつものように、有楽町線にのって会社へくる途中の出来事です。
(地下鉄赤塚という最寄駅で、会社は池袋です。)
10分程度しか電車に乗らないので、通勤時は座らないで新聞を読むか読書をしています。

目の前には優先席。座っているのはスーツに慣れてきた健康的な新社会人風です( 以下 「不遜な態度のフレッシュマン」 という)。
しかもかなり態度が大きい!3人は掛けられるというのに、2人分を使い切るスタイル。
そんな態度に少しイラついていましたが、かまわずに読書をしていると、小竹向原の駅について老夫婦が乗車してきました。

不遜な態度のフレッシュマンは、優先席の目の前にいる老夫婦を完全に無視しています。
さすがにここは、僕の出番かっ!!っと思っていると、鼻にピアスをしている若者が一言。
「おにいさん席を譲りなよ」(うぅ。かなりカッコイイ)
不遜な態度のフレッシュマンはさすがに起立。
老夫婦は感謝の言葉とともに着座し、不遜な態度のフレッシュマン次の駅で車両を移動していきました。

フリーター、ニートと蔑まれてきた若者が、目の前で勇気を見せました。
(見た目だけで判断してはいけません。)
僕は、当たり前のことだけどナカナカ出来ない行動に感動し、何もしていないことにやや恥ずかしくもあり、微笑ましくもあり。

定年制の前倒しと再雇用制度による労働力確保、介護保険制度施行、年金問題、医療費負担増と老人を取り巻く環境も刻一刻と変化しております。
高齢化社会の到来は、不動産と高齢者の関係をも大きく変化させました。
それは住環境という側面と、ビジネスとしての側面です。
環境という側面では、阪神淡路大震災以降「孤独死」が問題となり、コミュニティを重視したグループホームが着目され、ビジネスという側面では、有料老人ホームを投資対象とした私募ファンドも組成され、いまなお活発化しています。

先日、内閣府政府広報室より「高齢化社会対策に関する特別世論調査」というものが発表されました(調査対象は全国20歳以上の者3,000人)。
同調査によれば、高齢化進展による国民生活の将来イメージについては、「高齢化が進むため、今よりも経済的に豊かではなく、満足度は今よりも低い」と回答している人が55.2%おり、「高齢者も社会の支え手・担い手の側にまわるべき」と考えている人が88.5%。
つまり、「老人が増えて貧しくなるだろう。だから社会を支えろ」という理論です。
僕らが高齢者になったとき、果たしてこの国はどうなるのか?っと不安を抱きたくもなる結果ですよね。。。。

悲しくなりませんか?
働いて働いて、時代と政策に翻弄されながらも、平和な先進国を築いてくれた大先輩たちが、老いてもなお負担を強いられる。
税金の使い道をもう一度見直すことで、どうにかならないものでしょうか。
そんなことを考えているうちに池袋駅に着き、31歳になったばかりの僕は淡々と会社に向かいました。。。。

さぁ。フリーター、ニートと呼ばれている(または自覚している)諸君に告ぐ!
勇気を持って、日本経済を僕らと一緒に支えようじゃないか!(今できる範囲で)

佐藤 麗司朗
[PR]
by tukasa-rea | 2005-10-27 21:22 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士)

宅建業について

最近、朝晩めっきり肌寒くなり、体調を崩す方もいらっしゃると思います。
実は私もその一人です。

さて宅建業も始まり約1ヶ月半が経ちました。
賃貸ではアパート・マンション・店舗・事務所と幅広くお客様にご来店いただいております。

 その中で先日、ご契約をしたお客様についてお話したいと思います。
お客様はお仕事で海外に赴任されていた方で、来月より日本に帰国なさるとの事でお部屋探しでご来店いただきました。
海外生活が長かったので畳の部屋がご希望でした。
ようやくご希望通りの部屋をみつけ、内見していただくとかなり気に入ってくれました。
しかし、その日に海外に戻らなければならないとのことで、ご契約は見送りとなってしまいました。(ご契約は申し込みをいただいても、入居審査が数日かかるのでその日のご契約とはなりません。)
それから数日後、一通のメールが送られてきました。
そのお客様からで「今度は1週間ほど日本に帰国するので、またその時はお願いします。」との内容でした。数日前に先日の物件は畳からフローリングにリフォームすると管理会社様から電話をいただいていましたが、なんとか踏みとどまってもらうようにお願いしました。
その後、お客様も予定通りご来店されお部屋も空室のままだったので、ようやくご契約となりました。
 契約を終えた後、もう一度二人でお部屋に行ったのですが、お客様もようやくホッとしていた様子でした。部屋の中を何度も何度も見回して、ほんとに希望通りの部屋だったんだな~と感じました。
 なかなか、お客様の全ての希望にお応えできる物件をご紹介することは難しいのですが、今回はお客様の顔を見るかぎり、希望に近い物件をご案内できたんじゃないかと思います。
賃貸の場合、お客様とは初回ご来店から契約までに数回しかお会いしませんが、その数回でお客様の求めているものを理解し、そして信頼していただければなりません。
今回のようにはうまくいかない事も多々ありますが、For The Clientを胸にこれからも仕事に取り組んでいきたいと思います。

                                              肥田より
[PR]
by tukasa-rea | 2005-10-13 14:00 | 肥田 匡志(宅建主任者)

趣味の世界です。

早いものでもう10月。今年もあと3ヶ月です。
9月末が決算期の当つかさ不動産鑑定事務所もひとつの区切りを迎えました。

最近急に秋らしくなりましたね。
少し前まで半袖だったのに、長袖1枚を飛び越え上着まで羽織る始末。キンモクセイの香りも秋を感じさせます。
しかし...花より団子の私としては、やはり秋というと「食欲の秋」を連想してしまいます。
そろそろ鍋とかおでんとかラーメンとかあったかい食べ物が恋しくなってきました。
そして、パン作りの時期もやってきました。
というのも、夏はパンの生地をこねるのが一苦労なので汗だくになるし、冬は冬で寒いので生地を発酵させるのに手間がかかり、あまりやる気にならないので、春や秋が一番楽しくラクに作られるからです。

以前社員プロフィールで趣味と謳ってしまったので、お恥ずかしながら今回はパン作りについて書かせていただきます。
始めるきっかけは些細なことだったんですが、某教室に通うことになり、生地をこねる楽しさと焼き上がりの感動と食べる喜びにはまってしまい、1年半が経ちました。
そのうち自宅でも作ってみたくなり、パンをこねる台や器具を揃え始めました。
自宅では最初失敗して、膨らまなかったり発酵させすぎて表面がぶよぶよになったり・・なんてこともありましたが、正直なところ、出来上がりは二の次で(笑)、作る過程がとにかく楽しい自己満足の世界です。
おそらく、陶芸と同じような感覚じゃないでしょうか(やったことはないですが)。

パンはバターの分量でだいぶ違う仕上がりになります。クロワッサンなどのパイ生地は見ての通りバターたっぷり、逆にシンプルなパンはパターが少ないです。あとは小麦粉にライ麦など他の粉を足したり、水分を牛乳やワインにしたり、具材を入れたりして色々な種類のパンが出来上がるのだと思います。
手前味噌で大変恐縮ですが、証拠として作ったパンを紹介させていただきます。
チーズ&アーモンド入り胚芽食パンです。
d0061857_12102739.jpg
            一番最近教室で作ったクリームパンです。
            (見た目は悪いけどクリームも自家製ですよ)
d0061857_1213827.jpg

興味のない人には全くつまならい話だったでしょうか。
そのうちクロワッサンを作ることになるので(もう2度と作りたくないくらい大変だそうです)、そのときはまたご報告します。
それでは、失礼しました。 金沢貴恵
[PR]
by tukasa-rea | 2005-10-06 13:01 | 金沢 貴恵(宅建主任者)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea
プロフィールを見る
画像一覧