方言でしらべる沖縄の魚図鑑

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ

こんばんは。
今日はひな祭りですね。
2月の大安の日に母から「お雛様飾ったよ~」という電話がありました。
いくつになっても親から気にかけてもらえると嬉しいですね。
ちなみに、今日は3の字が耳の形に似ていることと、「み(3)み(3)」の語呂合わせで「耳の日」でもあるそうです。
ヘレン・ケラーにアン・サリバン女史が指導を始めた日であり、電話の発明者グラハム・ベルの誕生日でもあるとのこと。
そんな「耳の日」は、一般の人々が耳に関心を持ち、耳の病気のことだけではなく、健康な耳を持っていることへの感謝、耳を大切にするために良い音楽を聴かせて耳を楽しませてあげるために、
あるいは、耳の不自由な人々に対する社会的な関心を盛り上げるために1955年日本聴覚医学会が創立し1956年に社団法人日本耳鼻咽喉科学会が制定したそうです。

調べている最中、思わず耳を揉みました。
今日は耳に優しい音楽を聞こうかと思います。

さて前置きが長くなりましたが、本日は小ネタを少々。
古本屋でたまたま見つけた「方言でしらべる沖縄の魚図鑑」
d0061857_2028435.jpg
この図鑑では、7つの地域の方言名が載っているのですが、そのうち宮古島の狩俣、久松、伊良部島の佐良浜、そして池間島の4つの地域が宮古諸島なのです!
同じ魚でも地域によって全く呼び方が違ったりするので面白いです。
方言の表記の一部に見慣れない片仮名があるので、図鑑の使い方のページに発音記号が明記されています。
d0061857_20294082.jpg
「イ"」「シ゜」「ム゜」など、より強調するというニュアンスで良いのか悩むところです。

方言名は知っていても和名がわからん!という場合やその逆の場合でも写真付きなのでわかりやすいです。
さらに!生息地はもちろん食べられるか否か、料理方法、漁獲方法、毒の有無までざっくりですが書かれているのが嬉しいです。

私はタカサゴ=グルクンと思っていたのですが、糸満では「カブックヮヤー」国頭村字浜では「カーブカー」久米島仲里村では「カブクヮーグルクン」狩俣では「はーグルクン」と呼んでいるようです。
フエダイ科はグルクン呼びが多いです。ちょっと混乱しましたが最終的に大体グルクン!という事で解決しました。

この本は、私個人の沖縄愛(一部地域)と魚類への愛が深まる一冊かもしれません。
完全に私的な内容ですが、佐藤先生と事務所スタッフに方言の表記について話している際に、「ア行にマルのような…」から「アにマル」「アニマル」の流れが面白いからブログ化しても良いよ。とOK頂きました。

絶版になっているそうですが、いろんな人にオススメしたい一冊です。

長嶺


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2017-03-03 19:23 | 複数スタッフによるブログ | Comments(0)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea