2017年のはじまり

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ

謹賀新年

d0061857_1852877.jpg

旧年中は格別のお引き立てを賜わり、厚く御礼申し上げます。
早いもので、当社も12年目の春を迎える事となりました。
これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
社員一同今後も慢心せず、誠心誠意業務に励む事によって、飛躍の年にしたいと思っております。
本年も変わらぬご厚誼とご指導のほど、宜しくお願い申し上げます。


昨年は、熊本地震が発災したことを受け、その支援活動に邁進してきました。
また、それに付随した各種講演を行うなど、本当に役割の多い一年となりました。
これまで受嘱した国土交通省地価公示・東京都地価調査の分科会幹事、
東京国税局主幹・副統括鑑定評価員、東京都不動産鑑定士協会に関わる
各種委員会活動など、休む間もなく走り続けました。
この間にも、東京地方裁判所鑑定委員を新たに受嘱致しました。
2017年で後厄も終わり、ようやく「役」回りも落ち着いてくれることを祈り・・・
いや、落ち着かせたいと思っています。

この年末年始に5日間のお休みを頂き、自分自身と向かい合って内なる声に耳を傾けました。
その結果、今年は次の4つを抱負としたいと考えています。


1.自制する心を持つ
他者からの言動や周囲からの期待に振り回されることなく、冷静に物事を進める。
このことは、若さと体力、気合と根性、先陣を切って突撃するスタンスからの卒業を意味します。
私のことをご存知の方は、よくわかっておられる?と思いますが、
私は一度物事に取り組みはじめると、完璧主義であるために手を抜くことができません・・・。
物事を行うにあたり、たとえ自分自身で行うことが一番上手にできるとしても、
他の者に「任せてみる勇気」を持とうと思います。

特に、東京都不動産鑑定士協会の会務に関しては、後進を育てることに注力し、
自分自身が突撃しないように致します。
有事(大規模災害)の際など、自分ひとりでは何もできません。
圧倒的に人手と時間が不足するのです。
多くの分母で本当に必要な会務を担えるように、担い手を増やす必要があります。
真の意味で備えるためには
「仕組みを創り上げて自ら突撃する」
このスタンスから卒業しないと、後進が経験を積むことができないのです。

※「自制する」というと、後述する「5.」の「自由に生きる」ということと矛盾するかと
思われるかもしれませんが、対象となる事柄が異なっています。


2.時間管理を徹底する。
社会人として当たり前のことではあるのですが、役割が増えてくるとなかなか上手に
時間を管理できずにいます。
一日はたったの24時間。
その中で仕事とプライベート、更に細分化した事柄と上手に向き合いたいと思っています。


3.確認を怠らない。
これも社会人として当たり前のことではあるのですが、部下や取引先、関係者に対して
確認を徹底します。
基本的な事こそを大切にすることで、前述の「2.」後述の「4.」「5.」を実現できると思います。
昨年末に親しい方が議長を務める会議にゲストとして参加する機会がありました。
その際、会議の出席者に対して確認を徹底することで、適度の緊張感と双方に良好な注意喚起が
行われると再認識しました。
私が議長を担当する会議や社内での連絡調整、その他の場面でも早速活用したいと思っています。


4.健康に留意する。
独立した頃に比べると格段に体力が衰えてきたことを自覚しています・・・。
もはや徹夜で仕事するなんて、とてもできません。
体力維持・向上のための運動を日々の生活の中に取り入れます。
居酒屋での夕食、深夜の牛丼、ラーメンにライス大盛といった食生活から卒業致します!


5.自分の人生を自分でコントロールする。
当たり前のことを書いていますが、これは本当に難しいのです。
独立して12年目の春を迎えるにあたり、
「自分は何をしたいのか?」を問い続けて、
もっと自由に生きてみたいと思います。
これまでを思い返すと、会社の経営基盤を創り上げるため、
或いは、誰も見向きしなくても「誰かがやらねばならない」と気付いたことに
全力で取り組んできました。
その結果、自分自身のことは後回しにしてきました。
今年からは!!自分の幸福や希望について蔑ろにせず、優先順位を上げてみます。
これまでの生き方を見つめ直して、自分の人生を自分自身でコントロールしたいと思います。


とかなんとか言いつつ、また突っ走ってしまいそう????(*´д`)笑



今年の年賀状デザインも、画家の磨知香菜子さんに描いて頂きました。
「軍鶏」です。
尊敬する司馬遼太郎さんの小説「竜馬がゆく」では、坂本龍馬が軍鶏鍋を注文するシーンが描かれています。
近江屋事件の当日であり、結局食べられずに暗殺されてしまうのです。
私が坂本龍馬を尊敬しているので、そこまで意図して描いてくれたのでしょうかね??
今度聞いてみたいと思います。
2014年の「赤兎馬」以来の力強い作品で気に入っていて、原画を事務所で展示しています。
今年は酉年。
飛躍するためにこそ、自分自身の内なるエネルギーを蓄えて、
「選択と集中」で物事に望みます。
本年も御指導・御鞭撻のほど宜しくお願い致します。


ちなみに、過去のデザインはこちらです↓
http://tukasarea.exblog.jp/22733833/



有限会社つかさ不動産鑑定事務所
代表取締役 不動産鑑定士
佐藤麗司朗


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2017-01-04 19:39 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)