空き家の固定資産税にご用心

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


街を歩いていると、時々、ボロボロで放置されて明らかに誰も住んでないであろう空き家を目にすることがあるかと思います。

また、そこまでいかないにしても、全国での空き家の総数は820万戸(平成25年総務省住宅・土地統計調査)にも上るそうです。

そんな空き家対策に関する法律が先ごろ施行されました。

その名も、
「空き家等対策の推進に関する特別措置法」
平成27年2月26日一部を除き施行され、5月26日に完全施行されます。
また、同法施行に伴い、総務省及び国土交通省は「空き家等に関する施策を総合的かつ計画的に実施するための基本的な指針」を告示しています。
基本指針では、空き家等の施策の実施に関する基本的な考え方等がまとめられております。

この法律の目的としては、適切な管理が行われていない空き家が防災、衛生、景観等で地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしている現状があるため、住民の安全や生活環境の保全を図りつつ、空き家の有効活用を促進させましょうと言うものです。

空き家の所有者に対しては、周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、空き家の適切な管理が求められ、
市町村に対しては、空き家対策計画の作成と実施及び必要な措置を適切に講ずるよう努めることとされています。

さらに、同法の中で「特定空き家等」と言う定義があります。
「特定空き家等」とは、
①倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
②著しく衛生上有害となるおそれのある状態
③適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
④周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態
以上のような状態にある空き家を指します。

「特定空き家等」に対しては市町村が除却、修繕、立木竹の伐採等の措置の助言又は指導、勧告、命令を行うことが可能になっています。

そもそも、老朽化して人が住めない状態にも関わらず、そのままになっている空き家が多いかというと、固定資産税の軽減措置があることが一番の要因かと思われます。
現在は小規模住宅用地であれば、固定資産税の課税標準額は評価額の価格に1/6に減額されているわけですが、更地にしてしまうと単純計算で6倍になってしまいます。
お金をかけて解体して、さらに固定資産税が上がってしまうのでは、そのままにしておこうかとなるのは当然といえば当然ですね。

しかし、そんな状況を打開するために、平成27年度税制改正の大綱において、今回の空き家対策法に基づく必要な措置の勧告対象となった特定空き家等に係る土地については、住宅用地に係る固定資産税及び都市計画税の課税標準の特例措置の対象から除外されることが決定しています。

これまで、かろうじて家が建っていることで、軽減が受けられていた土地は、今後、固定資産税が跳ね上がる可能性があります。

空き家の所有者としては、つらいところではありますが、老朽化著しい建物が近隣にある方にとっては、今回の政策は歓迎されると思います。
また、長く放置されている遊休不動産の活性化に繋がるのではないかと思われます。

つじ


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2015-03-05 19:44 | 辻 樹(鑑定士勉強中) | Comments(0)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea