出張中の社長~茨城県編~

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ

こんばんは。
今日1月20日は二十日正月と云われ、お正月の最後の日として納めの行事を行う日だそうです。
年明けからあっと言う間に1月が終わろうとしている事に愕然とします。

さて本日、社長は茨城県の現地調査に出撃しています。
連日の納品、会議のラッシュでお疲れのはずですが、どこにいっても楽しんでおられる御様子です。
※対象不動産の価格形成メカニズムを究明するためには、その地域のことを知る必要があります。

茨城県不動産鑑定士協会は水戸市にあります。
水戸市と言えばこの方!
ある時はちりめん問屋の隠居、呼び名も様々、先の副将軍・水戸黄門・水戸光圀・水戸のご老公。

その正体は水戸藩二代目藩主徳川光圀公!!
d0061857_19335318.jpg
西山荘は水戸黄門ファンの聖地です。
でもこの方、関東から出たことないんですよね。
その変わり配下の者を使って諸国情勢を集めていたそうです。

社長が黄門様に!
d0061857_19341383.jpg
助さん格さんがいないのが残念ですが、東野英治郎さん並に良いお顔です。

「千波湖八景」
d0061857_19343584.jpg
看板には、「千波湖八景は、水戸藩第二代目藩主徳川光圀公(水戸黄門で有名)が千波湖周辺の佳景として選定したもので、船上より見たものも多くあります。当時の地形に最も近いと思われる地図に現在の千波湖を重ねた表しています。」と、書かれています。
①緑岡暮雪(ミドリオカノボセツ)
②七面山秋月(シチメンサンノシュウゲツ)
③神崎時晩鐘(カンザキジノバンショウ)
④下谷帰帆(シモヤノキハン)
⑤梅戸夕照(ウメトノユウショウ)
⑥柳堤夜雨(リュウテイのヤウ)
⑦葑田落雁(ヤブタノラクガン)
⑧藤柄晴嵐(フジガラノセイラン)

名称から察するに見頃の季節、時間帯がありそうですね。
埋立て前の湖は現在の倍の広さだったようです。

湖のほとりには、茨城県近代美術館と茨城県立県民文化センターがあり、周辺とあわせて千波公園となってるそうです。
千波公園と隣接する偕楽園を合わせた総面積は、都市公園としてニューヨークのセントラルパークに次いで世界第2位の広さとのこと。
世界2位?!これは凄い!調べてみて驚きました。

社長は看板のある側から撮影したのでしょうか?
d0061857_19345864.jpg
開放感のある景色です。

こののぼりの烈公とは徳川幕府最後の将軍徳川慶喜の父であり、水戸藩斉九代目藩主の徳川斉昭公で合ってますか?
d0061857_19352384.jpg
何か公演があるのでしょうか?

水戸市を後にした社長は調査の為、筑西市へ向かい、なんとか一日目の調査は終わったとのこと。
ホテルは常総市、対象は坂東市という移動距離のえげつなさ…。
お帰りは明日の御予定ですが、気を付けて帰って来て下さい。

長嶺

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2015-01-20 19:51 | 複数スタッフによるブログ | Comments(0)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea
プロフィールを見る
画像一覧