平成26年路線価について

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ

7月1日に国税局から相続税や贈与税の算定基準となる平成26年分の路線価が公表されました。
弊社代表も鑑定評価員、土地評価精通者として東京国税局より選任されています。

路線価とは、主な道路に面した1㎡あたりの土地の評価価格です。
標準宅地の平均変動率は、全国的に下げ幅は縮小しており、東京・大阪・愛知の三大都市圏を含む8都府県で上昇となりました。

東京都内全48税務署管内の最高路線価は青梅を除く47地点で上昇。
下落は6年ぶりにゼロとなりました。

29年連続で路線価日本一の地点は銀座「鳩居堂」前。23,600,000/㎡。変動率は9.7%
29年連続とはすごいですね!

ちなみに。豊島区の最高路線価地点は以前もチラッと記事にしましたが、
池袋駅東口のグリーン大通り前。都内の順位は9位。6,900,000/㎡です。

東京オリンピック効果か、複数の競技会場、選手村が設けられる予定である湾岸エリアの人気が高まっているようです。

平成26年分都道府県庁所在都市の最高路線価一覧
http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2014/rosenka/01.htm

その他、宮城県は昨年から引き続き上昇となり、福島県も上昇しています。
東日本大震災の被災地では住宅需要が高まり、仮設住宅に住む被災者の転居にも影響があるようです。

また、来年1月から相続税が基礎控除が引き下げられることによって、相続対策を考える方も増えているようです。
路線価上昇は景気が回復してきたように思えますが、相続税に泣く人も増えるのではないでしょうか?


長嶺


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2014-07-08 20:05 | 複数スタッフによるブログ | Comments(0)