調査先での小ネタ

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ

こんにちは、今日は雲一つない晴天で絶好のお散歩日和です。

本日は成約が1件ありました。
留学生二人だったのですが、外国籍可の物件はまだまだ少ないというのが難点です。
やはり大家さん次第となりますね。
そして本郷の消防署で講習会に参加してきました。が、その話は明日のブログに載せようと思います。

さて、昨日は役所調査に行ってきました。今回で3回目ということで緊張しなくなったのですが、
まだまだ至らないことばかりです…。

久しぶりに板橋区役所に行くと南側が消えていました。
工事中とは聞いていたのですが解体工事も終わっているとは思いませんでした。
ちなみにこの建て替え計画、板橋区民には不評らしいです。
北館は変わっていませんでした。
d0061857_2061157.jpg


平和の像
板橋区役所1階に長崎の原爆資料が一部展示されています。
d0061857_20125581.jpg


南側の様子
重機には心惹かれるものがあります。パトレイバーとか
d0061857_2064538.jpg


そして時同じく、社長も調査で巣鴨に行っていました。
染井霊園に足を運ばれた様子。
d0061857_207424.jpg


芥川家の墓前にキュウリがお供えされているのは
芥川龍之介著作「河童」にちなんで命日である7月24日を河童忌と称されているからだそうです。
河童のようだと言われたり、作品「河童」で自殺をほのめかしていたり、死の直前に河童に関する作品を遺していたり、
なにかと河童に縁のある人だったようですね。
d0061857_2074779.jpg


司馬江漢の墓
司馬 江漢(しば こうかん、延享4年(1747年) - 文政元年10月21日(1818年11月19日))は、江戸時代の絵師、蘭学者。
浮世絵師の鈴木春重(すずき はるしげ)は同一人物。
本名は安藤峻。俗称は勝三郎、後に孫太夫。字は君嶽、君岡、司馬氏を称した。また、春波楼、桃言、無言道人、西洋道人と号す。Wikipediaより抜粋

江戸時代の蘭学者であり、浮世絵師であり、洋画家でもあったオールマイティな人だったようです。
俗名、雅号の使い分けが多すぎて不思議な人ですね。
d0061857_208772.jpg


斎藤鶴磯(さいとうかっき)
この写真、立て看板読めないよ!
どうやら江戸時代後期の儒学者、地誌研究家の方だったそうです。
深川にあった慈眼寺から寺院の移転によって改葬されたそうです。
死後の引っ越しに驚いたでしょうね。
d0061857_2082535.jpg


どうやら社長は慈眼寺墓所に寄ったようですね。

そして、とげぬき地蔵商店街の駅側入り口にある「すがも園」
ここの塩大福は絶品ですよ!
商店街を往復したら店内で休憩されることをお勧めします。
d0061857_2084076.jpg


とげぬき地蔵で有名な高岩寺の「洗い観音」です。
やさしく布で洗ってください。
d0061857_2085780.jpg


「すがもんのおしり」
何だこれは!?
どうやら商店街のゆるキャラ「すがもん」のおしりに触ると恋が実そうです。
d0061857_20144121.jpg


公式サイトより
d0061857_20145418.jpg


すがもん公式サイト
ご当地ゆるキャラから商店街のマスコットまでゆるキャラの時代ですか…
http://sugamon.jp/?page_id=14

巨大なこけし灯篭
なにこれ怖い…
d0061857_20151167.jpg


終わりに、社長がお土産にすがも園の塩大福を買ってきてくださいました!
甘すぎないあんこと小豆の食感が素晴らしい!!
塩気と甘みが絶妙です!
ごちそうさまでした。
d0061857_20113178.jpg


ではまた

長嶺





仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2013-11-20 20:15 | 複数スタッフによるブログ | Comments(0)