台風と火災保険

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ

こんにちは、今日も一日曇りではっきりしない空模様でした。
本日、社長は災害復興まちづくり支援機構の運営委員会に出席しています。
東京都の災害といえば、伊豆大島の台風被害が大変なことになっていますね。今週にも台風がやってくるとか、こないとか。
台風も近づいて来ているということで、今日のテーマは「台風と火災保険」です。
台風26号は各地で人的・建物被害が出ました。
ここ数年、災害が相次ぎ、「自然災害によって所有物件に被害があった場合、保険は適用されるのか?」
と、賃貸住宅オーナーの不安の声もあるようです。
今回の台風の場合、火災保険が適用できます。
火災保険は火災の他、風災、水災、水漏れなどに適用されます。
台風は風災ですからね。竜巻被害も同様です。
被害の状況と保険の内容により、一部もしくは全額の補償が受けられることになります。
注意しなければならないのは、「真価実損払い」と「時価払い」です。
時価払い」は、築年数などの理由で、建物の資産価値が下がっていると判断された場合、保険額全額は支払われません。
真価実損払い」は評価額が下がってしまった住宅でも、新築に必要うな費用が補償されます。
その分、保険料の支払いは高くなりますが、最近の災害頻度を考えると「真価実損払い」の方が安心なように思えます。

また、アパートで多い給水設備等の事故による水漏れも対象になるものもあります。
他にも、「家賃特約」を付けた火災保険もあります。
これは、火災で所有物件を失ってしまうと、建替えるまで家賃収入がなくなってしまうので、既定の範囲で得られたはずの家賃相当額が支払われるという特約です。

多くの場合、管理会社が保険代理店業務も行っている為アドバイスしてくれますが、自主管理のオーナーだと、保険プランの確認、変更等の検討をする場合、保険について研究することが必要だと思われます。

台風といえば、私の実家は台風銀座と言われるほど頻繁に台風が直撃する島です。
しかし、何にもない平たい島の上、大半の建物がコンクリート造なので、外に出なければ無事に過ごせましたが、山も川もあるところは土砂崩れや水害などで、家の中も安全ではないということに恐怖を感じます。


長嶺

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2013-10-22 19:06 | 複数スタッフによるブログ | Comments(0)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea
プロフィールを見る
画像一覧