神田やぶそばの火災と思い出

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ

こんにちは
この二日ほど、この間の吹雪は何だったのかしら?と思うくらいの冬晴れですね。
空気は乾燥してますし、まだまだ寒いですし、そろそろ花粉シーズンにもなりますし・・・
皆様体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

今週の火曜日は日中は雪が凄かったですね。
しかしそんな日に悲しいニュースがありました。
老舗の神田・藪蕎麦(やぶそば)が火災にあったというニュースです。
「剣客商売」「真田太平記」の著者、故・池波正太郎さんの
食べ物エッセイ「散歩のとき何か食べたくなって」に書かれていたので、4~5年前に行ったことがあります。
なにぶんちょっと昔のことなので記憶もおぼろげですが
確かに美味しかったです。
最後に蕎麦湯を味わいつつまったりとお庭を眺めていました。
東京都選定歴史的建造物に選ばれており、趣のある風情が楽しめるお店でした。
産経ニュースで4代目店主が再建を決意されているので、
再建されたら是非とも行きたいです。

MSN産経ニュース記事
「池波正太郎も愛した老舗「かんだやぶそば」火災 参照
http://www.exblog.jp/myblog/entry/new/?eid=d0061857

ちなみに池波正太郎さんの食べ物エッセイを読むとお腹がすきます。
美味しいだけではなく、一級の心配りを味わえるお店と人情、
そして池波正太郎さんのかっこつけ具合と素朴な表現が素敵過ぎるので、
金欠のときに読んだら大変なことになります。
「剣客商売」秋山小兵衛先生(何故か先生付けじゃないと落ち着かないので)の息子、秋山大治郎が蜆汁を食べるシーンなどまさに池波正太郎さんならではの描写です。

台東区中央図書館に併設されている「池波正太郎記念文庫」に足を運んだら
喫茶「アンヂェラス」でダッチコーヒーとロールケーキを頼み、夕飯は「ヨシカミ」で食べてから
「神谷バー」へ行く。
私にとっての至福の一日です。
しかし新たにお店を開拓するのもいいものです。
おいしいもんじゃ焼き屋さんもあります。
最初は「六文銭」という名前に惹かれました。
えぇ真田太平記を思い浮かべました^^
最近行ってないので無性に行きたいです・・・。

「藪蕎麦屋」の火災は残念でなりませんが、営業再開の日が待ち遠しいです。

長嶺

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2013-02-22 18:50 | 複数スタッフによるブログ | Comments(0)