最高裁と更新料

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


今日は過ごしやすいと言うより

いきなり秋になったような肌寒い日でございました。


さて、


更新料は有効が無効か巡って争われてきた裁判の最高裁判決でましたね。

更新料は原則的に有効であると判断したようです。

『更新料条項は更新料の額が賃料の額、賃貸借契約が更新される期間等に照らし高額に過ぎるなどの特段の事情がない限り、消費者契約法10条にいう「民法に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するもの」にはあたらないと解するのが相当である。』

だそうです。

この辺は以前、敷引き特約で書いたようなことと同じです。

そのときの記事は  こちら

今回争われていた3件の内、

1年更新で2ヶ月の更新料については高裁では無効としていましたが、

今回の判決文の中では、

「更新料の額を賃料の2ヶ月分とし、本件賃貸借契約が更新される期間を1年間とするものであって、上記特段の事情が存するとはいえず、これを消費者契約法10条により無効とすることはできない。」

とばっさり切り捨てられています。

個人的な感想としては高いんじゃないかと思いますが。。

家賃は3万8,000円。相場わかりませんが、これが相当安いのでしょうか?


かといって、

東京で1年に2ヶ月分も更新料取る物件があっても、

まず決まることはないでしょうね。


つじ


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-07-22 03:28 | 辻 樹(鑑定士勉強中) | Comments(0)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea