味の素スタジアムにおける相談会

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


先日、味の素スタジアム(東京都指定避難所)の無料相談会に行ってきました。
d0061857_1936100.jpg
この日(4月5日時点)の受け入れ状況は54世帯、130名。
都営住宅等の抽選もはじまっており、200名ほどいた避難者の方も少しずつ減っているようでした。


掲示板の情報も、東京武道館同様に充実しています。
d0061857_112878.jpg
施設内にトレーニングスペース、リラクゼーションスペースが設けられ、ヨガ教室の受講や健康体操、マッサージが受けられます。


配給ブースはこんな感じです。
d0061857_1174244.jpg
当初から受け入れを表明したこともあって、避難されている方たちも施設に慣れており、リラックスできている印象を受けました。


相談ブースです。
d0061857_1184399.jpg
配給ブースと大画面テレビの近くに設置され、気軽に利用できる配慮がなされています。


会場を切り盛りされている多摩パブリック法律事務所の上條先生と。
d0061857_1214577.jpg
豊島区の無料相談会等でもご一緒させて頂いており、当日は担当日でないにも関わらず、施設内をご案内頂きました。
インターネット、電話を駆使して、相談者に対してきめ細やかな対応をなさっていました。
親しみやすい口調で敷居の高さも感じさせません。
相談に長けた素晴らしい対応でした。


相談ブースを設けても、避難者の方たちは遠慮がちです。
むしろ喫煙所でタバコを吸っている時などに、腕章等をみて相談をされるケースもあります。
僕が喫煙所で相談を乗った方は「あと10分出るのが遅れていたら、津波に飲み込まれていたかもしれない」と当時の様子を教えてくれました。
お話を伺っている時に、都営住宅の抽選が当たった知らせが届いて、一緒になって喜びました。


相談会終了後、南相馬市からこちらに避難されている弁護士と一緒に帰りました。
その週末には30km圏内に戻り、通常どおり執務すると言っていました。
ちなみに彼の実家は東京都練馬区。自ら司法過疎地に乗り込み、地域のために尽力しているという。
そんな彼の奥様は現在妊娠中。7月に出産予定とのこと。
「必ずまた逢いましょう。僕も出来ることを頑張ります!」
お別れする時、思わず握手してしまいました。
この震災の復興が一段落したら、是非お会いしたいです。


まだまだ余震も続き、放射能の問題も解決には時間がかかりそうです。
避難が長期化するにつれ、生活環境はもちろん、雇用や賃金等の労働問題も刻一刻と深刻になります。
ニュースによれば、30km圏付近の賃借重要が増えているようです。
職場への通勤を考えて、危険を承知でやむなく借りているとのこと。
原子力発電所の鎮静化はもとより、人類がかつて経験したことのない市街地における放射能との戦い。
「東京電力が悪い!」
「震災だから東京電力も被害者なのだ!」
「菅総理が悪い!」
「民主党が悪い!」
そんな議論はどーでも良ろしい!


嘆くだけ、弱音を吐くだけ、愚痴を吐く段階はおしまいです。
抱いてしまった不安を払拭する抜本的な問題の解決を、復興の道筋を、
日本として、政府として示さなければなりませんね。


不動産鑑定士 佐藤麗司朗



仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-04-14 01:58 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)