走りながら考える日々。自分にできること。

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ


こんにちは。今日も元気に?休日出勤しています。
最近、色んなことを考えながら走るような日々を送っています。。。


今日は先日行ってきた東京武道館の避難所について書きたいと思います。
d0061857_14293935.jpg



東京武道館の受け入れ状況は3月30日時点で125世帯、288人でした。
d0061857_14324034.jpg
やはり福島県の原発からの避難者の方が多かったです。東京ビッグサイト同様に4月中旬までしか受け入れていません。
東京都は赤坂プリンスホテルでの受け入れを公表しましたが、解体工事が始まる前の3ヶ月間(4月1日から6月30日まで)を利用期限としています。
約700室最大で1,600人ほど収容が可能とのこと。
いつ帰宅できるかわからない被災者の方を国策として安定的に受け入れる必要があります。
解体日を延期する等の措置を考えても良いのではないでしょうか。


掲示板は、東京ビッグサイト以上に支援がある様子を伺わせます。
d0061857_1440059.jpg
東京ビッグサイトは後発して開発された臨海エリアですので、オフィスビル、大規模商業施設はあるものの、近隣に住民は少ないです。
一方、東京武道館は周囲に住宅地、近隣商業地が併存する環境なので、地元住民と商店街による支援が手厚いです。
ママさんたちは一緒に遊ぼうとお誘いしてくれてます。カット無料でサービスを提供する美容室、食事会を企画する町内会もありました。


物資の配給ブースです。
d0061857_14433474.jpg
避難されている方が東京ビッグサイトに比べて多いので、衣服等についてやや不足している印象を受けました。
まず第一に食事、避難生活が長期的になるにつれ衣類、住まいといった総合的な支援が必要になります。


僕が訪問した当日、天皇皇后両陛下による行幸啓が行われました。
d0061857_14455889.jpg
入口でのセキュリティが慎重であったことに納得致しました。
この後、豊島区の現庁舎移転跡地を中心とした「まちづくりを考える会発足式」に出席しなければならず、お会いすることはできませんでした。


よろず相談の受付です。
d0061857_14484735.jpg

ボランティアで協力してくれている学生さんが子供たちと仲睦まじくしています。
いきなり「なんでも相談をうけます」とやったところでなかなか相談しにきづらいもの。
平常時と違ってこのような非常時では、被災者の方々も知りたいと思うことが今日、明日といった生活に直結することが中心です。
避難当初は個別具体的な相談というよりも、被災者の方々とコミュニケーションしながら悩んでいることを少しずつ聞き出すという段階を経ます。
情報が整理されてくると現実的な相談も少しずつ増えてきます。


当日担当をなさっていた弁護士の先生方と
d0061857_1455519.jpg
向かって一番左の先生が北千住パブリック法律事務所の竹内先生。
1月に開催された足立区の地域合同相談会でご一緒いたしました。
ここ東京武道館では北千住パブリック法律事務所の所属弁護士を中心に、弁護士会を通じて多くの弁護士が積極的に関与なさっています。
一番右の上柳先生は、東京大学大学院法学政治学研究科で客員教授をなさっています。


豊島区役所での会議を終えた後、参加した災害復興まちづくり支援機構の運営委員会の様子です。
d0061857_1459202.jpg
災害復興まちづくり支援機構は、首都直下型地震を想定して東京都と協定を結んだ14士業19団体に学識経験者を加えた日本最大の専門家集団です。
この未曾有の大災害に対して支援機構として何ができるか、何をしなければならないかを各士会と話し合いました。
この日は、東京都の10士業よろず相談会の本年度実行委員長である税理士の小高先生を交え、災害復興街づくり支援機構と10士業よろず相談会、東京都との共催による一大相談会についても了承されました。
現段階ではあくまで支援機構の最高議決会議で承認されたにすぎません。
次は支援機構のメンバーとともに、10士業よろず相談会に乗り込み、10士業よろずサイドでも同様の手順を踏んで、実のある活動として具体化していかなければなりません。
道程はまだまだ遠いですが、大きな一歩です。


d0061857_1575544.jpg
100年に1度、1,000年に1度といわれる未曾有の大災害を前に、過去の教訓を学び研究してきた団体と相談事業のエキスパートが手を結びます。
被災者のために、一日でも早い日本の復興のために、すべての有識者が手を携えて総合的な支援を行うべきです。
現実に起きていること、被災者の本当に必要なことを政策提言できる、有名無実でない素晴らしい活動ができるよう、所属している会を通じて自分にできることを毎日一生懸命頑張りたいと思います。


運営委員会にはテレビ朝日のスーパーJチャンネルの方が撮影しにきていたようです。
撮影されていることも忘れて、避難所の様子、熱苦しすぎる僕の思いを訴え続けていました。。。
放送されなければ全て僕のせいです。。
関係者各位に頭が上がりません。。
でもその後、中野事務局長、菊池代表とお話して肩をポーンと叩かれた時、
「わかってくれている!想いは伝わってくれてる!」と感じました。
とても嬉しかったです。



不動産鑑定士 佐藤麗司朗



仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-04-02 15:13 | 佐藤 麗司朗(不動産鑑定士) | Comments(0)

業務関係だけでなく気になる事、思った事なども社員皆で書いていきます。


by tukasa-rea