遅ればせながら、平成23年地価公示

仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ



先週、平成23年の地価公示価格が国土交通省より発表されております。

毎年、ニュースや新聞で取り上げられますが、今年は地震でそれどころではないので、
あまり目立たない発表になってますね。


地価公示は、土地鑑定委員会が毎年1回標準地の正常な価格を公示し、一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに、公共事業用地の取得価格算定の規準とされ、また、国土利用計画法に基づく土地取引の規制における土地価格算定の規準とされる等により、適正な地価の形成に寄与することを目的とするものです。


ご存知の通り、公示価格はその年の1月1日時点の価格です。

地価公示法に基づき、国土交通省の土地鑑定委員会が標準地を選定します。

その地点数は全国で26,000地点。


土地鑑定委員会から委嘱を受けた不動産鑑定士がそれぞれの地点の評価を行います。

この際、1つの標準地につき2名の不動産鑑定士が別々に評価したものを、

土地鑑定委員会により検討されたのち、各標準地の価格が決定し、公表されます。


そして、弊社社長も鑑定評価員の一人。

なので毎年年末年始は、この地価公示作業に追われてます。


さて、今年の地価公示を見てみると

2008年のリーマンショック以降、依然として全国的に下落基調が続いていますが、

その下落率は大部分で縮小が見られます。都心部などの一部地点では上昇地点も見られました。

今年も最高価格地点は、

・「中央5-22(銀座4丁目)」 27,600,000円/㎡ 変動率△2.8%

次いで、

・「千代田5-42(丸の内2丁目)」 27,500,000円/㎡ 変動率△1.8%

・「中央5-41(銀座5丁目)」 24,300,000円/㎡ 変動率△2.8% 

と続いております。


1位の銀座4丁目山野楽器付近
d0061857_18594771.jpg


3位の銀座5丁目ソニービル付近
d0061857_19054.jpg


ちなみに、撮ったのはつい先日の三連休真ん中の日曜日の夕方。

歩行者天国が中止されており、節電対策で百貨店、ブランド店舗の照明も暗く、

銀座でも地震の影響が伺えました。



つじ


仕事も遊びも一生懸命。
池袋で今日も頑張る不動産鑑定士に清き1票をお願い致します( ^ー゚)
↓ ポチっと押して応援してください♪

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
[PR]
by tukasa-rea | 2011-03-23 19:00 | 辻 樹(鑑定士勉強中) | Comments(0)